Oxford

RNN

英検

Follow me

クアラルンプール情報

2015年11月 8日 (日)

クアラルンプールおよびその周辺の道路交通事情

最近は、クアラルンプール中心部へは車で行くようになりました。

やはり、クアラルンプールはマレーシアの首都なので、中心部へ、または、郊外への高速道路などは、渋滞が発生します。

そこで、今日は、クアラルンプールおよびその周辺の道路交通事情についてお話をしてみたいと思います。

1.渋滞はたいしたことない

  5分から10分もじーっと車は止まっているような東京の渋滞のようではなく、少しずつ車が動いているので、東京の渋滞よりは全然たいしたことはありません。

  しかし、クアラルンプール中心部では、東京ほどではないにしろかなりの渋滞の時もあります。

2.高速道路でも料金所を通らずに通行できる

  高速道路の起点や終点、および途中にある料金所を通らなければ無料で通行することができます。

  なので、料金所の手間の出口ではかなりの渋滞が発生することもあります。

  また、料金所のない区間で渋滞が発生しやすいです。

  料金は、安くてRM1.10、高くてRM2.50程度になります。

  日本の高速道路に比べたらかなりお安いのですが。

3.中央分離帯の道路がほとんど

  道路のほとんどに中央分離帯があります。

  なので、Uターンする車が多いですね。

  ある意味、一方通行ですから。

  すぐ右にあるお店に行くにしても、一旦Uターンする場面が多いです。

  ほとんどの道でUターンができますが、Uターン禁止のところもあります。

こんなところでしょうか。

2015年11月 2日 (月)

モノレールに新しい車両が導入されていた

昨日は、日曜日でしたが、クアラルンプールまで出かけました。

そこで、あれ?ということに遭遇しました。

それは、クアラルンプールのモノレールに新しい車両が導入されていました。

それに、気がついたのは、KLSentral駅からモノレールに乗った瞬間、あれ?なんか明るいなー、と気付き、再びホームに出て確認したところ、車両が新しくなっているじゃありませんか。

KL Sentral駅のホームで撮影した写真がこれです

20151101_140244

車両の中も、いままでのと比較にならないくらい明るくなっていました。

20151101_140335

さらに、1編成2両という構成になっていますが、1両の長さが従来の2倍くらいあり、実質上は、約2倍の乗客が乗れることになります。

昨日では、2編成しか確認出来ませんでしたが、今後は、新しい車両を順次導入されていくような感じでした。