Oxford

RNN

英検

Follow me

地震

2013年4月13日 (土)

地震

今日の早朝に、淡路島で地震があったようです。

この地震を知ったのは、朝、起きてからTwitterを眺めていると、なんか地震があったようだと気づきました。

場所は、関西の方で淡路島らしいと。

幸いにもあまり大きな被害はなく、よかったです。

こういうときは、TwitterなどのSNSの力は偉大です。

阪神淡路大震災は、まだ記憶に新しく、それから18年経ち、再び地震が起こるとは、驚いています。

日本は地震大国ていうのを感じた今日、この頃です。

2013年3月11日 (月)

あの大地震から2年

あの大地震から、今日で2年が経ちました。

まだまだ復興が進んでおらず、原子力発電所の処理も進まないまま時間だけが過ぎていっているような気がします。

私の身の上で、この2年で変わったことは、「職場が変わった」くらいでしょうか。

先月にもちょっと大きい地震がありました。

その前には12月にもありました。

まだまだ油断ができない状態です。

東日本では、地殻変動が起きており、地盤が数mから数十cmほど動いてたり、隆起しているようです。

2012年12月 7日 (金)

大きな揺れの地震を感じました。

今日の夕方、久々に大きな揺れの地震を感じました。

地震が起こった時は、電車のホームにいました。

降りる人が多かったので、一旦、ホームに出て、さあ、電車に乗ろうとしたときに、ホームの上からぶら下げている駅の表示板が目に入り、なんか揺れているな〜と感じました。

揺れはすぐには収まらず、しばらく揺れていたようでした。

これでは、電車は動かないだろうなと思っていましたが、すぐに電車が動いたので、いつものように自宅の最寄り駅まで帰ることができました。

使っていた電車はJRですが、電車も地震に強くなったなあと感心しました。

普通であれば、電車再開はなかったと思います。

震源は、再び三陸沖だったので、心配です。

小さかったですが、津波も発生したようです。

この数日間は用心した方がよいかもしれません。

3月11日の地震の2日前にも、今回と同じような地震があったので。

まだまだ油断できません。

2012年3月11日 (日)

あの大地震から1年が経ちました。

今日、3月11日です。そう、あの大地震から1年が経ちました。

正確には、うるう日があったので、あの大地震から366日が経ちました。

1年前のことを思うと、涙がでてきますので、あまり思い出したくはありません。

しかし、ちょっとだけ思い出します。

1年前の地震があった日の夜に書いたブログはこちらです。

http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2011/03/post-98f9.html

なんと、タイトルは、「おー、大きく揺れたなー!?!」でした。

地震の直後から首都圏は混乱して、その翌週から2週間くらいは平常ではなかった記憶があります。

・電車のダイア乱れ

・電力供給不足

会社での仕事も1~2週間は仕事にならなかった記憶があります。

ところで、この地震の影響で生活が変わったことがあります。

<インターネットライフ>

・Facebookを始めた

 地震直後から、原発事故で日本が危ないとデマが世界中に広がったので、それじゃいけないと、国内外の外国人に本当の日本の状況をわかってもらおうと、英語で発信し始めました。

 Facebookを始める前に、英語でのブログを開始しようと考えてたがブログの読者から、Facebookを利用してみたらと助言をいただいたので、Facebookを始めるようになりました。

 現在では、一時休眠状態です。ネタも少しあるので、再開をしようと思案中です。

 2つめのブログ「通訳案内士(通訳ガイド)試験&英検 相談室」でも同様に英語での発信に切り替えた。政府が英語で発信するまでの2週間、毎日更新し続けました。

・本ブログを毎日更新するようになった

 理由ははっきりしないが、この地震をきっかけに、本ブログを毎日更新するようになりました。

 これからもずーっと続けていきます。

・Twitterを始めた

 大地震が直接のきっかけではありませんが、Twitterを4月から始めました。

 今では、主な情報源となっています。

<生活>

・買う豆腐が変わった:それまでの豆腐が店頭から消えました

・買う味噌汁が変わった:それまでの味噌汁が売り切れだったので変えました

・やはり、じーっとしていると時々揺れている感じがします

 最後に、『東日本大震災』により被災されたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

2011年9月11日 (日)

3/11と9/11

今日で、あの大震災から半年が経ち、さらに、アメリカで起こったテロ事件から10年が経ちました。

そこで、今日は、半年前の大震災から今日までを振り返り、さらに、大震災の起こった日にちとアメリカで起こったテロ事件の日にちの関連性について考えてみたいと思います。

2011年3月11日(金) 午後2:46に大きく揺れ、うそじゃないかと思うほど揺れた。
揺れは長く感じたが、あとになって2分間程度ということがわかった。

この日の関東地方の電車はストップ。(東京メトロは夜に再開したようだった)

その数時間後に会社から10Km以内は帰宅していいと指示があったので、歩いて帰った。

自宅に帰ってから、テレビを見ると東北地方は悲惨な状況だった。この日は、英語の勉強も手に付かず、テレビとブログの執筆で終わった。

翌日の土曜日は、CELの英検1級コースを受講する予定だったが、休講になった。

次の1週間は、計画停電で、電車もまともに動かず、会社の勤務時間も変則になった。

週末にスーパーに買い物にいっても、だんだん、棚から食料が消え始めていった。

元にもどったと感じたのは、約1ヶ月後だった。

このあたりから、普段の生活に戻ったという記憶がしている。

大震災以来、体が常に揺れているような感じがしており、いまでも若干感じる。

おそらくすぐには直らないだろう。

5月のゴールデンウイークは、初のシンガポールへ渡航し、「日本からだ」と言うと、「地震は大丈夫かい?」などと大震災のことを心配していたようだった。

そもそも、この初シンガポール渡航は、大震災の前の2月にすでに予定していた。

この初シンガポール渡航で再び来たいと思い、8月の夏休みに再渡航することにした。

こんな感じで、大震災から半年が経ちましたが、大震災によっていろいろな経験をしました。

一方、アメリカで起こったテロ事件から今日で、10年が経ちました。このテロ事件が起こったのは、2001年9月11日。

この事件も衝撃的でした。うそのようで、映画を見ているようでした。

大震災が起こったのは、2011年3月11日。

共通点は、同じ11日ということです。

神様の仕業かどうかわかりませんが、何か関連性があるように思えています。

今日、たまたま思えているのではなく。、大震災が起こってからこの不可思議な日にちが気になっています。

さて、アメリカのテロ事件以来、飛行機に乗る際のボディチェック、セキュリティチェックが厳しくなり、この前のシンガポールからの帰りに、余った缶ビールを持って帰ろうとカバンにつめていたところ、セキュリティチェックで、没収された。缶を開けていないのにもかかわらず、没収である。なにがなんでも、ひどいと感じました。

今後は、ビールなどの飲み物はお土産として、日本に持ち帰ることができなくなっています。

大震災から半年、今後は、1年、3年、5年そして10年と時を刻んで行こう。

今日は、なんとなく、とりとめのない記事となりました。

2011年4月18日 (月)

2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake

今日は、ある本を紹介します。

それは、"2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake"
(The quakebook community and Our Man in Abiko) 
とう本です。

この本は、3月11日に発生しました東日本大震災の被災者を含む、世界中の人々からのエッセイ、芸術品、写真を集めて出版されました。

ざーっと、目を通した感じは、とても読みやすい英語のようです。

この本の売り上げ金は、日本赤十字社へ義援金として寄付されます。

こういう形の義援金は気持ちがよいですね。


こちらも、ご参考に→http://www.quakebook.org/

この本は、Julieさんのブログで紹介されていました。

2011年3月31日 (木)

消費して、経済を回そう!

東北関東大震災から明日で早くも3週間が経とうとしています。

その大震災の影響で、日本全体に自粛ムードがはびこっています。

被災された方たちを思えば、この状況も無理はないと思います。

4月は新しい年度が始まる月ですが、会社でもいろいろな行事や催し物が予定されていましたが、中止が相次いでいます。

これらも含め、日本全体にはびこっている自粛ムードには行き過ぎのような感じもします。

花見も中止、ボーリング大会も中止などなど。

公共の行事・催し物やどんちゃん騒ぎをするような催し物の自粛はやむを得ないと思います。

しかしながら、個人やグループなどで行う行事や催し物は、どんちゃん騒ぎしない程度で
行って良いと思います。

花見も、普段のようなどんちゃん騒ぎをやめて、この際、平安時代に貴族たちが行った高貴な花見をして、日本の伝統を再認識してみるのも良いと思います。

ところで、日本のGDP(国内総生産)の60%が個人消費です。

特に製造業がこの震災の被害を大きく受けています。

自動車メーカーや電機メーカは部品不足と計画停電の影響で生産ができない状態です。

となると、あとはサービス業などやび個人消費で補うしかありません。

計画停電の影響で、これらも十分に稼働できない状態ですが、なんとか各個人がサービス業などに消費をして、少しでもGDPが下がらないようにしたいものです。

これも、私たちができることの一つだと考えています。

個人たグループでの行事や催し物、あるいは、買い物をして個人消費を伸ばしましょう。

この際に日本の伝統文化(花見など)を再認識して、本来の慣習や行事をしましょう。

こうやって、少しでも日本の経済を回しましょう。

ただし、どんちゃん騒ぎや、不必要な買い占めや買いだめはやめましょう。

2011年3月24日 (木)

今日も、何回か揺れました。

なかなか地震ネタから英語ネタに移行できずにいますが、今日も仕事中に何回か揺れました。

久しぶりに多くの回数の揺れを感じました。

自分だけが揺れているのではなく、実際に揺れていました。

ということで、昨日探した、地震と災害情報のブログパーツだけでは物足りず、今日の朝に、「これは良い」と思ったブログパーツを追加しました。

それは、rescuenow@niftyブログパーツです。

ご覧のように、災害を初め、鉄道、飛行機などの乗り物の運行状況も確認できるのがよいです。

私のブログには、全国版を掲載していますが、お好みの地域に設定することもできます。



2011年3月23日 (水)

まだ、体が揺れている

3月11日の地震以来、関東地方でも余震が断続的に続いています。

そういう中で、まだ、体が時々揺れているように感じます。

「地震酔い」の一種か?

今日の日経新聞にこの「地震酔い」についての記事がありましたが、酔いというところまで行きませんが、体が時々揺れているのです。

この地震酔いは、飛行機や電車に長時間乗っていると感じるものと同種のようです。

それらの乗り物から降りた時でも、体が揺れているような感じがしますが、それと同じような感じです。

なので、天井に取り付けている蛍光灯から下がっているくさりを見て、揺れていないことを確認しています。

実際、余震で揺れている時は、そのくさりが揺れ、ミシミシと音がします。

ということなので、今日、地震と災害情報のブログパーツを追加してみました。

最後に、今日、New Scientistのサイトで3月11日の地震後の余震を記録したマップがありましたので、紹介します。

New Scientist's website : http://www.newscientist.com/embedded/japan-quake

2011年3月21日 (月)

今日のスーパー事情(3/21)

雨が降る中、今日も、いつものスーパーに行ってきました。

感動しました。

そう、PASCOの「超熟」をはじめとした食パンが棚からあふれ出そうになるくらい山積みしてありました。

おまけに、昨日までの「お一人様1個」の表示もなくなっていました。

納豆も、棚に並んでいましたが、みんな小粒とか豆が小さかったので買いませんでした。

納豆は、やはり、大粒です。

その他の商品では、米は多少あり、トイレットペーパは安いものがなしの状態でした。

当然、米、トイレットペーパーは、「お一人様1個」の表示がありましたが。

まあ、今週末になれば、ほぼ戻りそうな様相でありました。