Oxford

RNN

英検

Follow me

新聞記事

2010年3月20日 (土)

徳川モデル

ほぼ1ヶ月前の2月22日付けの日経新聞に興味深い記事がなりましたので、ご紹介します。

タイトルにもありますように、徳川モデルです。

20100222_3

(2010年2月22日 日経新聞)

まず、徳川モデルとは、

1.鎖国だから、日本語以外の言葉は真剣に学ばない、学ばせないという暗黙の了解がある。

2.鎖国だから、日本社会だけに通ずることを大事にする。そのため、日本を離れた途端に、日本で学んだことは役に立たなくなる。

具体的に説明すると、

1.徳川時代(江戸時代)、漢文は別として外国語などは担当の係に任せきりであった。

2.今の日本では、医学部を卒業したからといって外国で医院を開業はできない。工学部を出ても、すぐに外国でエンジニアとして通用する人は多くはない。

ということであるとされています。

これでは、グローバル化が深化している中、日本人の多くはいまだに「徳川モデル」で生きていることになる。

特に、英語教育でその最たるものであり、日本政府官僚をはじめ組織の上層部は、いまだに通訳を使い、外国と会議をしており、徳川モデルが顕在。

そこで、徳川モデルの長所と短所を考えてみたいと思います。

<長所>

1.外国との交渉は通訳に任せられるので、政府官僚や組織の上層部は本業に専念できる

2.通訳は必ず必要なので、通訳者は職を失う可能性は低く、続けられる

<短所>

1.通訳を介すので外国の代表者から見ると、会議や交渉の時間がかかり、いらいらする。

2.英語をはじめ、外国語を習得しようとしない。

3.通訳者を雇うので、費用がかかる。

さて、この徳川モデルをバンクーバーオリンピックで観察してみたいと思います。

フィギュアースケートのキム・ヨナ選手(韓国)と浅田真央選手(日本)で考えてみましょう。

キム・ヨナ選手は、インタビューには韓国語と英語で答えていたようですが、浅田真央選手は、日本語のみで通訳を介してインタビューに答えていたようです。

まさに、徳川モデルです。

これから、グローバル化の熾烈な競争の中で、この徳川モデルはどうなっていくでしょうか?

2009年8月15日 (土)

老いると時間が短くなる

今日の新聞の別紙(日経Plus1)に興味深い記事がありました。

見出しは、「老いると時間が短くなる」。

20090815

(2009年8月15日 日経新聞[日経Plus1])

そういえば、いつも思っていましたが、それには訳があったんですね。

特に40を過ぎたあたりから1年が半年くらいに感じるようになりましたからね。

「ジュネの法則」

 心理的な時間の長さは、年齢に反比例する

 つまり、年が2倍になると感じる時間の長さは半分になるということです。

 たとえば20歳のときより40歳の時のほうが半分の時間感覚になる。

じゃ、それはなぜか?

若いころは何かと初めて体験することが多く、刺激にあふれている。だが、年をとるにつれて人は経験や知識を蓄えて環境や生活に慣れてくる。すると刺激や新鮮さが薄まり、記憶の中身も単調になってしまう。こうして時間の速度が、次第に速く感じるようになるというメカニズムが起こるかららしい。

このまま感じる時間の速度が加速してしまうのかと?(悲しいー)

でも、これを食い止める方法もある。

たとえば、「ワクワクするような旅行に出かける」とか。

また、ある人は、「自分を取り巻く世界に新しい世界の風を吹き込んで、自分を若返らせる」と言っている。

要するに、マンネリを打破し、いかに刺激のある生活を送るか―これが「老い」を食い止めるカギとなるようだとある。

そういえば、20年前の会社で新入社員の頃は、刺激のある生活を送っていたが、最近は、マンネリして、仕事も刺激なく、毎日が同じ繰り返し、それが原因だったのか。

なるほどー。

適度な転勤や転職も加速する時間を減速させる方法のひとつだろうな。