Oxford

RNN

英検

Follow me

2020東京オリンピック

2013年11月17日 (日)

Japan Connected-free Wi-Fi アプリの紹介

以前、2020年東京オリンピックへ向け、観光立国を目指すのなら通信インフラの整備が必要という記事を書いたことがあります。

詳細は、こちらです。

2020年東京オリンピックへ向け、観光立国を目指すのなら通信インフラの整備が必要

その中で、

1.外国人にも手に入りやすいPrepaid SIMカードを用意

2.無料の無線LANの充実

が必要と訴えていました。

まだまだ発展途上である無線LANの接続を簡単にするAndroidアプリが、最近配信開始となりました。

そのアプリは、Japan Connected-free Wi-Fiというアプリです。

001

Japan Connected-free Wi-Fi - Google Play の Android アプリ

詳細説明はこちらです。

Androidアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」の提供開始について

iOS用アプリは、現在開発中とのことです。

このアプリは、外国人のみならず誰でも使えます。

さて、実際に、このアプリを使ってみました。

E-mailと名前を入力するだけで登録できましたが、この際になんらかの通信手段が必要です。

最後に使ってから90日間経つと、登録解除となるようです。

20131117_125451

このアプリで接続できる無料の無線LANは、以下の無線LANです。

Japan_connectedfree_wifi_2

まだまだ少なく、首都圏と大都市部に集中していますね。

今後は、もっと多くの無料の無線LANサービスが増えることを期待したいです。

2013年9月24日 (火)

「通訳案内士(通訳ガイド)&英検 相談室」に【東京オリンピックに関わろう】を作ってみた。

今日、「通訳案内士(通訳ガイド)&英検 相談室」に【東京オリンピックに関わろう】を作ってみました。

中身は、まだ空っぽですが、徐々に充実していきたいと考えています。

Topbanner1



2013年9月12日 (木)

2020年東京オリンピックへ向け、観光立国を目指すのなら通信インフラの整備が必要

2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光に力を入れていくというニュースを聞きました。

その具体的な内容として、地下鉄などの鉄道やバスなどの交通インフラが主なような気がしました。

整備してほしいインフラがあります。それは通信インフラです。

日本に在住の日本人と外国人は、3GやLTEなどの高速な無線通信インフラを享受できますが、観光などで来日される外国人観光客は、このサービスを享受するのが難しい状況です。

つまり、現時点では、日本でPreaid SIMカードを外国人観光客が手に入れるのは方法が複雑でかなり厄介です。

外国人観光客用SIM Cardについては、ホームページを参照願います。

その課題を克服するために、提案として、

1.外国人にも手に入りやすいPrepaid SIMカードを用意

  国内の国際空港や街中のインフォメーション、それに通信会社のショップで手軽に買えるようにして欲しい。

2.無料の無線LANの充実

  Prepaid SIMカードの提供が実現できないのなら、事前登録制ではない無料の無線LANを張り巡らして、いつでも使える環境が欲しい。

  現時点では無料の無線LANはあるが、事前登録制となっており、登録する際になんらかの通信手段が必要なので使い勝手が悪い。

  事前が登録が必須の場合は、国内国際空港や街中のインフォメーションで登録できる仕組みがあればよい。

を考えています。

最後に参考として、昨日の日経新聞の「各省庁が検討する主な東京五輪対策」を掲載します。

20130911_063352

主でない対策の中に、この通信インフラの整備が入っていてほしい。

担当省庁は、法務省あたりなのかな?

2013年9月 8日 (日)

2020年の東京オリンピックとどう関わるかについて考えてみた。

今日、朝起きてから、テレビをつけたらいきなり祝賀ムードのような雰囲気を感じました。

2020年のオリンピックは、東京に決まったということでした。

ということで、今日は、7年後に開催される東京オリンピックとどう関わるかについて考えてみました。

候補としては、この3つです。

1.英語を使うことで関わる

2.通訳ガイドとして関わる

3.その他

おそらく、7年後は、今よりも英語が使える人が増えると思うので、英語を使うことで関わるのは競争率は高いでしょう。

また、通訳ガイドとしては、すでに通訳ガイドとして活躍されている方やボランティアで活動されている方のほうが、関わるのは有利だと考えるとなかなか難しい。

世の中はそんなに甘くはない。

その他として、英語だけでは、なかなか難しいであろうから、7年後を目標として、スペイン語をものにしようと、すなわち、スペイン語の通訳ガイドの資格を取ろうかなと。

やはり、スペイン語は、中国語に続き、世界で2番目に話す人が多いので、英語よりも役に立つのではないかと考えています。

英語の通訳ガイドに合格するまで11年もかかったので、スペイン語はその半分の時間で合格できるかは未知数です。

ただし、スペイン語の1次試験の合格率は、英語よりも低いので、可能性はゼロではない。

うーん、どうだろう?

その計画を実行するためにも、今年中には、英検1級を取得したいところです。