Oxford

RNN

英検

Follow me

« 物欲総まとめ(10-11月期) | トップページ | 学習ツールQuizletの紹介 »

2020年2月 2日 (日)

デルタ航空のゴールデンメダリオンでSky Team加盟の航空会社を利用した

年末年始とChinese New Yearに日本に帰国した際に、デルタ航空のゴールデンメダリオンでSky Team加盟の航空会社を利用しました。

今日は、その感想をお話ししてみたいと思います。

<利用した区間と航空会社>

1.HND-CAN-KUL:中国南方航空

  年末に中国南方航空がSky Team離脱したニュースがありましたが、マイル加算はできました。

2.KUL-SGN-FUK:ベトナム航空

3.FUK-HAN-KUL:ベトナム航空

<加算マイル>

1.HND-CAN:449マイル

     CAN-KUL:799マイル

2.KUL-SGN:250マイル

    SGN-FUK:544マイル

3.FUK-HAN:867マイル

    HAN-KUL:633マイル

    KUL-SGNとSGN-FUKの加算マイルが少ないのが気になります。

 飛行距離に基づいて加算しているということですが、SGN-FUKよりも距離が短いFUK-HANのマイルの方が大きいのはなぜ?

 ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いします。

<利用できたラウンジ>

1.TIATラウンジ(羽田国際空港)

朝食を軽く頂きました

ラウンジからは飛行機も見れます

2.マレーシア航空のゴールデンラウンジ(クアラルンプール国際空港)

夕食を美味しくいただきました

3.ベトナム航空のラウンジ(ホーチミン国際空港)

 深夜でしたんので、ジュースなどを中心に頂きました

4.ラウンジ福岡(福岡国際空港)

朝食済みでしたので、軽く頂きました

5.ベトナム航空のラウンジ(ハノイ国際空港)

昼食を頂きました

<感想>

デルタ航空のゴールデンメダリオンでSky Teamの航空会社を利用することにより、マイル加算ができ、さらにラウンジを利用でき、ゴールデンメダリオンの力を感じました。

今後も、デルタ航空が使えない場合、Sky Teamの航空会社を使いたいと思います。

 

« 物欲総まとめ(10-11月期) | トップページ | 学習ツールQuizletの紹介 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物欲総まとめ(10-11月期) | トップページ | 学習ツールQuizletの紹介 »