Oxford

RNN

英検

Follow me

« 翻訳の課題学習で気づいたこと | トップページ | ISSの英語翻訳者養成コースもあと一回 »

2017年7月23日 (日)

全線開通したクアラルンプールのMRTに乗ってみた

7月17日(月)に全線開通したクアラルンプールのMRT(Mass Rapid Transit)に乗ってみました。

このMRTはクアラルンプール初、マレーシア初のMRTです。

MYMRT | MRT Corp - Official webpage for the Klang Valley My Rapid Transit.

去年の12月に一部の地上部で部分開通していましたが、やっと全線で開通しました。

今回、開通したMRTは、Sungai Bloh-Kajang lineでクアラルンプールの南東に位置するKajangと北西に位置するSungai Blohの約50Kmを結んでいます。

その間には、Bukit Bintang, Pasar Seni, Muzium Negaraなどのクアラルンプール中心部を通ります。

まず、このMRTに乗るために、いつものようにKL Sentralからモノレールに乗り、Bukit Bintangに行き、そこからMRTに乗車しました。

20170722_142852

Bukit Bintangから南東方向のKajangへ向かい、Kajangまで行き、そこから折り返してSunga Bulohまで行き、さらに折り返して、出発地のBukit Bintangで降車しました。

この1往復で約3時間半かかりました。

MRTに乗ってみての感想ですが、

1.新幹線並に揺れがとても少ない

20170722_143714

2.駅内のエスカレーターがシンガポール並みに通常より速い

20170722_143223

3.地下部では2Gの電波がない

20170722_155910

の3点です。

また、Muzium Negaraでは、KL Sentralと連絡通路でつながっていますのでKL Sentralからの乗換も便利です。

所要時間は5分程度です。

今までは、KL SentralからBukit BintangやImbiに行くときには、モノレールを使っていましたが、MRTの方が本数が多く、所要時間も短くなるので、これからはMRTを使いたいと感じました。

この写真が、Muzium NegaraとKL Sentralを結ぶ連絡通路の一部です。

このように案内版がちゃんとあり、人の流れもあるので迷うことはほとんどないでしょう。

20170722_185256

Sungai Buloh–Kajang MRT line - Wikipedia

クアラルンプールに来られた時は、是非、MRTに乗ってみることをオススメいたします。

« 翻訳の課題学習で気づいたこと | トップページ | ISSの英語翻訳者養成コースもあと一回 »

マレーシア生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/65571948

この記事へのトラックバック一覧です: 全線開通したクアラルンプールのMRTに乗ってみた:

« 翻訳の課題学習で気づいたこと | トップページ | ISSの英語翻訳者養成コースもあと一回 »