Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

1月25日に行われた英検の問題がダウンロード可能になりました。

1月25日に行われた英検のすべての級の問題とリスニングの音源がダウンロード可能になりました。

1.英検1級

  1級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

2.英検準1級

  準1級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

3.英検2級

  2級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

4.英検準2級

  準2級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

5.英検3級

  3級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

6.英検4級

  4級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

7.英検5級

  5級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

リスニングの音源は、Part毎に分かれているだけなので、練習する際には、音源から各問題に分けたもので練習するとよいでしょう。

音源の分け方は、こちらが参考になればと思います。

 英検1級1次試験 リスニングテストの音声ファイルを問題毎に編集しました。: きんちゃんの英語学習日記

2015年1月28日 (水)

英検1級のエッセイ対策にこれはどうだろう?

今日、インターネット上である広告を見ました。

それは、「英検1級準1級英作文対策」に関してで、日本英検ライティングセンターという所が行っている英検1級と準1級の英作文を添削してもらえるというものです。

英検1級、準1級英作文対策専門 日本英検ライティングセンター

Index

1回で430円という価格ですが、どうだろう?

無料のトライアルもあるので、このトライアルをやってみるのもよいかなと思います。

英検1級のエッセイ対策は、やはり、日頃から書く練習するのが1番だと思いますので、この英作文添削も考慮に入れて、今後の対策を考えていきたいと思います。

CELの英検1級1次対策模擬試験コースがなくなったので、なんらかの方法でエッセイを書く練習をしたいなとも思っているところです。

2015年1月27日 (火)

クアラルンプールのスマートフォン事情

今日は、先日、クアラルンプールへ行った時に感じたクアラルンプールのスマートフォン事情についてお話をしてみたいと思います。

1年半前にも、クアラルンプールへ行きましたが、その時とはスマートフォン事情が変わっていました。

それは、Lenovoのスマートフォンがかなり普及しているということです。

日本では、Lenovoと言うとパソコンをイメージしますが、少なくともクアラルンプールでは、スマートフォンのイメージでしょう。

Index

では、クアラルンプールの街角で感じたスマートフォンのシェアを順番に並べてみたいと思います。

1.Samsung

2.Lenovo

3.Sony

4.ASUS

5.Apple, その他

Samsungは、スマートフォンでの業績が悪化していると言われていますが、かなりの人がSamsungのスマートフォンを持っていました。

日本ではかなり人気のAppleのiPhoneですが、使っている人は少なく感じました。

やはり、高級機種だからでしょうか。

スマートフォン全般的には、Dual SIMの機種が売られていました。

2015年1月26日 (月)

Kindle for PC日本語版が公開

先日、AmazonからKindle for PC日本語版が公開されました。

Images

Amazon.co.jp: Kindle for PC

対応OSは、Windows 8.1, 8 ,7です。

ちなみに、Mac版は、去年の4月にApp Storeで公開されていました。

Mac App Store - Kindle

これでパソコンでもKIndle版の書籍を読むことが出来るようになりました。

2015年1月25日 (日)

英検受験、お疲れ様でした。

今日は、英検の日でした。

受験された方は、お疲れ様でした。

今回の受験は見送りましたが、現在、CEL英語ソリューションズのツイートが繰り広げられていますので、受験された方もそうでない方も、ご覧になってはいかがでしょうか?

CEL英検コース(@CEL_Eiken)さん | Twitter

2015年1月24日 (土)

明日は英検の日

明日は英検の日です。

明日、受験される方へは、「ご健闘をお祈りします。」

私は次回の6月の英検に向けて準備していきたいと考えています。

2015年1月23日 (金)

今後の英検対策

今週末は英検ですが、今回の英検は見送ります。

ということで、次回の6月の英検1級に向けて、今後、どうやって準備していくかについてお話をしてみたいと思います。

1.全般的

  今までのCELの英検1級1次模擬試験コースの教材を再度解いてみる。

  まずは、2014年夏期で未解答の問題があるので、それからやってみる。

2.語彙

  CELの英検1級1次模擬試験コースで出題された単語と、出る順の単語で対策。

3.読解問題

  CELの教材と日頃のKindleを使って、The Mainichを購読する。

4.リスニング

  CELの教材と長文リスニングでなんとか24点が取れるくらいを目指す。

5.エッセイ

  CELの教材でエッセイ力を維持する。

こんな感じでやっていこうと考えています。

特に、リスニングを攻略しないと合格はありません。

仕上げとして、CELの直前模擬試験に参加して手応えを感じたい。

2015年1月22日 (木)

今週末は英検の日

今週末の1月25日(日)は英検の日です。

残念ながら、私は、今回の英検は準備不足のため見送りますが、今日は、英検1級1次試験の解答順とその時間配分の確認をしておきたいと思います。

1.Part4 エッセイ

  ここは20分〜25分で終了したい。

2.Part3 内容一致問題

  500語の2問は、各々10分、最後の800語は20分で合計40分。

3.Part1 語彙問題

  知っているか知らないかの問題なので、スルッと通過したいところで、15分程度。

4.Part2 空所補充問題

  問題の割には配点が少ないので、さらりと15分程度で通過したい。

5.残り

  これで残り時間が少なくても5分あるので、エッセイの見直しと、できればリスニングの問題を見ておきたい。

  リスニングではPart3の状況を把握していればちょっと有利になりそうだと思います。

ということで、参考になればと思います。

2015年1月21日 (水)

Ascend Mate7にはEmobile SIM用のAPNが用意されていた

12月に発売とほぼ同時に購入したAscend Mate7にEmobie SIMを入れてみました。

すると、Ascend Mate7には予め、Emobile SIM用のAPNが用意されていました。

そこで、そのAPNを選択するだけで、データ通信ができました。

Emobile SIMのAPN設定は非常に複雑なので、APNの選択だけでできるのは非常に便利ですね。

20150117_002135

今では、EmobileからY!mobileに変わりましたが、APNはEMobile SIM用となっております。

APNは、"plius.acs.jp"です。

表示される通信会社は、SoftBankとNexus5と同様でした。

2015年1月20日 (火)

英検1級リスニング対策はこれで

そろそろ、次の英検1級でのリスニング対策はこれで攻めてみます。

半年ちょっと前に購入した教材を使ってリスニング対策をしていきます。

その教材は、これです。

20150120_201511

この教材一冊をみっちりして英検1級のリスニング対策したいと考えています。

NHK CD BOOK 攻略!英語リスニング ヴィジュアライズで上達!長文リスニング (NHK CDブック) NHK CD BOOK 攻略!英語リスニング ヴィジュアライズで上達!長文リスニング (NHK CDブック)
柴原 智幸 ビル・ベンフィールド

NHK出版  2012-03-10
売り上げランキング : 30792

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015年1月19日 (月)

クアラルンプールでの収穫物

先日は、クアラルンプールでMaxisのプリペイドSIMを購入し、4G LTEサービスを利用したという記事を書きました。

今日は、プリペイドSIM以外での収穫物をご紹介してみたいと思います。

1.USB ACアダプタ

20150117_202922

20150117_202941

  BFタイプのUSB ACアダプタです。

  Plaza Low YatでRM20で購入しました。

  このACアダプタがあれば、BFタイプのコンセントでスマートフォンなどを簡単に充電できます。

2.myrapid カード

20150117_202801

  LRT KLCC駅の窓口で購入しました。

  RM15で、内RM5はデポジットで、初回購入時に、実際に使えるのはRM10です。

  残高が少なくなれば、改札機で教えてくれるので、その次回に自動券売機で金額を追加できます。

  このカードがあれば、LRT、モノレールそれにバスがトークンを買わずに乗ることが出来、非常に便利です。

2015年1月18日 (日)

近況報告 その3

7月下旬から始まった長期出張ですが、先週でなんとか一段落した感じです。

しかし、今後は断続的に出張でしょう。

今週は、自宅から会社へ通えそうで、普通の日常生活を取り戻したいと考えています。

英語の学習も再開しなければなりません。

1月の英検は見送りましたが、6月の英検に向けて再出発します。

長期出張の間は、KindleでThe Mainichを読んで読解力だけは衰えさせないようにしていましたが、どうでしょう?

リスニングはさっぱりです。

2015年1月17日 (土)

クアラルンプールでMaxisの4G LTEサービスを使った

今回のクアラルンプールへの旅で、MAXISのプリペイドSIMで4G LTEサービスを利用しました。

今日は、MAXISのプリペイドSIMで4G LTEサービスについてお話をしてみたいと思います。

マレーシアのMAXISでプリペイドSIMでの4G LTEサービスを開始し、今回、実際に使って見ました。

事前にShimajoroさんのブログでMAXISの4G LTEに関して調査していました。

マレーシア MaxisのプリペイドSIMでLTEサービスを使用!SIMカードの交換手続に注意/通信速度は下り35Mbps超えも | shimajiro@mobiler

<手順>

1.クアラルンプールKLIA2のMAXISのお店でプリペイドSIMを購入

  その際に、4G LTEを使いたいんだがと言うと、1ヶ月1GBで良いかと聞いてきたので、 OKと返事をし、4G LTEが使えるプリペイドSIMを購入しました。

  値段は、RM39でした。

20150117_202733_2

2.LTEに接続するか確認

  MAXISのお店で、LTEに接続するか確認をしようと思いましたが、時間がかかりそうなので、お店を後にしました。

 少なくとも、3Gには接続されていたので、SIMは機能していることだけはお店で確認しました。

 朝食を食べようと、KLIA2内をぶらついていたら、Nexusの画面にLTEの表示が出て、めでたく4G LTEに接続できました。

20150103_234125_3

 Shimajiroさんのブログでは、4G LTEに接続するにはSIMの交換が必要とありましたが、SIM交換なしでMAXISのプリペイドSIMで4G LTEサービスを利用することができました。

<通信速度>

 MAXISの4G LTEでの通信速度を測定してみました。

20150107_022518

 KLCCのツインタワー前でこのくらいのスピードでしたが、通信はかなり安定していたように感じました。

2015年1月15日 (木)

ISSインスティチュート 短期コース2015受付中

現在、ISSインスティチュートでは、短期コース2015の受付中です。

Iss_winter

 短期コース 2015ウィンター | 通訳者・翻訳者の養成学校/ISS

今すぐに申し込みできるクラスを以下に紹介します。

1.日本語デリバリースキル講座

2.はじめての通訳訓練 

3.[2回完結]ネイティブに学ぶビジネスプレゼンテーション

4.メディカル通訳 〜入門編〜 

5.6回集中特訓・和訳/英訳に役立つ英文解釈ゼミ シリーズ3

6.はじめての実務翻訳訓練 

7.はじめての特許明細書翻訳訓練

詳細は、こちらでご確認ください。

→ 短期コース 2015ウィンター | 通訳者・翻訳者の養成学校/ISS

2015年1月14日 (水)

クアラルンプールで宿泊したホテル

今日は、今回のクアラルンプールへの旅で宿泊したホテルを紹介したいと思います。

今回宿泊したホテルは、Le Apple Boutiue Hotel @KLCCです。

 Booking.com: クアラルンプールのホテル. 今すぐホテル予約!

20150107_105041

場所は、LRTのKLCC駅に直結のショッピングモールの出口から徒歩10秒くらいの所にあります。

突然の雨(スコール)があっても、ショッピングモールの出口から走ってホテルに入れるのに非常に便利でした。

ツインタワーへは、ショッピングモールの出口からKLCC駅の改札前を通り、地下から入ることが出来ます。

しかし、このホテルには朝食がないのが残念でした。

部屋も広く、快適に過ごせました。

20150107_104406

洗面所とトイレ、それにシャワールームもなかなかのものでした。

20150107_104408

2015年1月13日 (火)

クアラルンプール国際空港ターミナル2(KLIA2)はすごかった

今回のクアラルンプール旅行で、KLIA2ができて初めて使用しました。

今日は、そのKLIA2についてお話をしてみたいと思います。

以前、クアラルンプールへ行ったときは、まだ、LCC-Tと言われており、ほぼエアアジア専用のターミナルで、掘っ立て小屋のようなターミナルでした。

しかし、今回は、初めてほぼエアアジア専用ターミナルのKLIA2(クアラルンプール国際空港ターミナル2)を使用しました。

初めてこのターミナルに降り立った感想は、これがLCC専用のターミナルと思えるくらい立派でした。

普通の国際空港という感じでした。

下の写真は到着ロビーの1部の写真です。

20150104_081413

次の写真は、出発ロビーの出国審査前の場所です。

20150107_132029

最後に、上の写真の右手方向に出国審査へ行く渡り廊下のようなところに、KLIA2を示すものがありました。

20150107_132231

ということで、LCC専用ターミナル用としてのKLIA2ですが、他の国際空港のターミナルと比較しても遜色ないほどの規模のターミナルになっていると感じました。

また、利用する飛行機は比較的安いが、その他に関しては同等に扱われているように思えました。

2015年1月12日 (月)

タクシー料金計算アプリの紹介

エアアジアのクアラルンプール→羽田の出発と到着が2時間遅れるということで、最悪の場合、羽田国際線から自宅へはタクシーで帰る必要が生じそうだったため、そのタクシー料金を調べようと、いろいろ調査した結果、以下のアプリがいいなーと感じました。

今日は、そのタクシー料金を調べるアプリをご紹介したいと思います。

Androidで、「タクシー料金計算」とうアプリです。

タクシー料金計算-TaxiCalc
nkp
価格:0  平均評価:3.6(127 件)

実際の画面はこんな感じです。

20150112_123623

出発地と到着地を入力して、検索するだけです。

検索した後は、「深夜料金」と「高速道路」を適用するかどうかも選択でき、タクシー料金の目安を事前に調べることが出来ます。

なお、このアプリのiOS版は見つかりませんでした。

iOS版をご存じの方がいらっしゃれば、ご連絡をお願いします。

2015年1月11日 (日)

エアアジアの羽田・クアラルンプール便での機内食

今日は、エアアジアの羽田・クアラルンプール便で食べた機内食についてお話をしてみたいと思います。

今回紹介する機内食は、航空券予約時に注文をしていました。

<羽田→クアラルンプール>

 まずは、行きの飛行機では、事前にマレーシア料理を予約していました。

 食べたマレーシア料理の写真です。

20150104_013259

 メインディッシュのマレーシア料理の他、チョコレートケーキ、リンゴジュース、それに水がついており、一通りの機内食はそろっているかなと感じでした。

 味は、大手の航空会社の機内食とは大差ないと感じました。

 しかし、食後のコーヒーは無料でないので、欲しい場合は、有料のコーヒーを買いましょう。

<クアラルンプール→羽田>

 帰りの羽田便では、オリエンタルフードを事前に予約していました。

20150107_182638

 帰りの便も、メインディッシュのオリエンタルフードの他に、チョコレートケーキ、リンゴジュース、それに水がついておりました。

 メインディッシュのオリエンタルフードは、チキンにご飯でした。

最後に、エアアジアでの機内食などの食べ物、飲み物はすべて有料となっています。

羽田・クアラルンプールは国際線であり、飛行時間も6時間〜7時間もあるので、有料とはいえ、機内食を食べて空腹を満たしたいところです。

2015年1月10日 (土)

Air Asia Xに搭乗した感想

今回のクアラルンプールへの旅行は、エアアジアで国際線としては初めてのLCCに搭乗しました。

今日は、その感想をいつも利用しているデルタ航空とちょっとだけ比較してお話をしてみたいと思います。

20150107_153208

<1,機内食>

 エアアジアの機内食は事前に申し込んでいたので、優先的に給仕されました。

 若干、デルタ航空の機内食よりも質素かなと感じるくらいで味は同等のように思えました。

 機内食の詳細については後日、紹介したいと考えています。

<2.毛布類>

 当然ながら、デルタ航空など大手キャリアだと事前に席に用意していますが、エアアジアではそうにはいきません。

 羽田→クアラルンプールでは、コンフォートキット(毛布)を事前に予約していたので、席に座ってまもなく、コンフォートキットが配られました。

 このコンフォートキットに関しても、後日、ブログでお話をしてみたいと思います。

<3.エンターテインメント>

 デルタ航空などの大手キャリアだと、座席に画面があり、そこに飛行状況などの情報をはじめ、映画などを見ることが出来ますが、エアアジアでは、まったくありません。

 事前予約などでエンターテインメントを予約しておいくと、映画などを見ることが出来ます。

 実際に搭乗して、周りを見渡すと、そういう方はほとんどいなくて、自分で用意している方が大半でした。

 私は、iOS版のKindleアプリで読書をしていました。

 LCCの国際線に乗ったら、日頃読めない本を読書するのもよいかなと感じました。

<4.機内アナウンス>

 エアアジアでの機内アナウンスは、英語、マレー語(機長の挨拶のみ)、英語と3カ国語に対して、デルタ航空は、英語と日本語で、大差ありませんでした。

 乗っていて聞いている感じだと、LCCでも大手キャリアでも大差ないあーと感じました。

<まとめ>

 以上をまとめると、機内食、毛布、エンターテインメントなどの機内でのサービスを除くと、デルタ航空などの大手キャリアとの差はほとんど感じませんでした。

 しかし、エンタテインメントに関しては、 10時間を越える飛行時間だとちょっと欲しくなるかもという感じがしました。

 最後に、クアラルンプールへ行くにはエアアジアが非常に便利だとも感じました。

 その理由の1つは、羽田発着であること、距離的に行きと帰りが非常に楽でした。

 その他の理由として、飛行時間帯がよい。行きが早朝着でその日から活動ができ、帰りは、羽田着が最終電車より若干早いくらいで、帰ってそのまま寝ることが出来るということで、特に、生き帰りでストレスを感じることがない。(今回は帰りが2時間遅延でストレスを感じましたが)

2015年1月 9日 (金)

クアラルンプールで見た変なもの

今日は、クアラルンプールで見た変なものを紹介したいと思います。

いきなり写真をお見せします。

20150106_164230

エアコンの室外機がこんなに所狭しと並んでいるのを見たのは初めてで、なんじゃこりゃ?と思い、写真を撮ってみました。

この室外機が並んでいたのは、SOGOから1本通りを隔てた通りで発見しました。

大変ですね。

2015年1月 8日 (木)

なんとか帰国しました

昨日の深夜(日付は今日)になんとかマレーシアから帰国しました。

今回の帰国はちょっとスリルがあったのでお話をしたいと思います。

まず、帰国前日に、AirAsiaからクアラルンプール→羽田便が約2時間遅延して出発するという内容のメールをもらいました。

20150106_121355

羽田到着時刻は、日付が変わって今日の0:20でした。

それを見た瞬間、到着する時刻には、公共交通機関はタクシー以外にないと思い、どうしようと思いました。

いろいろ調べた結果、羽田空港国際線ターミナルから1:00出発の品川行きの深夜バスに乗り蒲田駅で降りて、その後はタクシーしかないという結果になりました。

もしくは、少し早く到着すれば、京急で0:23発の京急蒲田行き最終電車に乗れると川崎まで行けるなとも考えました。

その翌日のクアラルンプール出発当日に、KLIA2で羽田行きの時刻を確認すると、やはり16:30となっており、昨日のメール通りだなと思い、しょうがないなーと思いました。

20150107_133912

その後、ほぼこの予定通りにクアラルンプールを出発しましましたが、羽田空港到着は予定時刻よりも早く到着しました。

羽田空港に着陸したのは、23:57頃で、飛行機からのボーディングブリッジを出た時には、0:12頃でした。

これは京急蒲田の最終電車に乗れると思い、少し走って入国審査→税関をを目指しました。

入国審査をスルリと通過し、機内預け入れ荷物もなかったので税関も軽快にスルリと通過したところ、0;23発の京急蒲田行きの電車に乗れて、無事、川崎まで帰ってくることができました。

20150108_002017

川崎からは、途中で調べたところ、0;49発の武蔵小杉行きの深夜バスがあることがわかり、それを目指そうとしました。

もう南武線は無いだろうなーと思いながら、途中で川崎駅で確認したところ、奇跡的に0;39発の武蔵中原行きが待っていました。

驚きながら、駅員の方に少し誘導してもらって、無事に武蔵中原行きに乗ることが出来ました。

この時は奇跡が起こっていると感じ、ドキドキしていましたが、電車のアナウンスで、京浜東北線が遅れていたため、接続をしたとのことでした。

無事に武蔵中原駅に到着した後、駅前のタクシー乗り場は、多くの方が待っていたので、少し歩きながらタクシーを捕まえることにしました。

しかし、なかなかタクシーが捕まらず、8分くらい歩いたところで、やっとタクシーに乗ることができ、1:30頃になんとか自宅に着くことができました。

今回の2時間遅延による影響をまとめると、

「最後まで諦めないことで、タクシー代を最小コストに抑えることができました」

となるでしょう。

 当初の予定だと、羽田空港、もしくは蒲田駅から自宅までのタクシー代が7000円前後(深夜料金込み)だった。

 実際には、飛行機到着が少し早まって、武蔵中原駅まで電車で帰ってくることができ、タクシー代(深夜割増を含んで2500円程度)を最小限に抑えることができました。

最後に、AirAsiaのようなLCCは遅延もしくはキャンセルなどが発生する可能性が高いと思うので、注意が必要です。

しかし、今回のように事前(1日前)に緊急メールで知らせてもらえるのは、事前にある程度の覚悟ができたので、ありがたいなと感じました。

LCCながらも、こういう配慮があるのはありがたい。

空港に行って初めて2時間遅延を知るよりも心の余裕ができる。

2015年1月 6日 (火)

クアラルンプールでの交差点の渡り方

クアラルンプールに来て3日目ですが、最初はなかなか交差点を渡ることが出来ませんでしたが、なんとか交差点を渡ることが出来はじめました。

そこで、今日は、クアラルンプールでの交差点の渡り方についてお話をしてみたいと思います。

1.まずは予備知識として、信号に従っていると渡ることができません。

  歩行者用信号が青になっているとき、どっちか一方の車線の信号も青のことがよくあります。

  なので、この信号に従っても、交差点を渡ることができません。

2.歩行者用信号は無視をして、車が通らない瞬間を狙って渡ります。

  もしくは、少しずつ車を避けながら渡ります。ちゃんと車の方に目を向けて注意しながら渡っていると、車は徐行してもらえます。

  しかし、左折車は左折専用レーンから信号に関係なく走ってきますので、注意する必要があります。

まあ、こんな感じで交差点を渡ることが出来ます。

写真は、そごう前の交差点から撮影しました。

20150106_171836

2015年1月 5日 (月)

クアラルンプールで感じていること

今日は、今回の目的である所要の用事をしました。

そこで、クアラルンプールで始めてタクシーに乗りました。

行きと帰りで2回乗りましたが、タクシーのメータは壊れているようで、乗る前に価格交渉して乗りました。

クアラルンプールの朝の渋滞など見ることが出来ましたので楽しかったです。

さて、クアラルンプールは今回が2回目ですが、クアラルンプールで感じていることがあります。

それは、街に繰り出している人の数が東京よりも断然に少なく、住みやすそうだなと感じました。

例えば、スターバックスで日本ではずらーっと並ぶほどの行列ができており、座る椅子が確保しずらいですが、こちらでは、多少並んだとしても座る椅子が余裕で確保できます。

また、レストランなどでは、ほとんど並ばすにスルッと入り、美味しい物を食べることができます。

そこで、統計上のデータで東京都市圏とクアラルンプール都市圏を比較してみました。

<東京都市圏>

 ・人口:3755万人

 ・人口密度:4400人/km2

<クアラルンプール都市圏>

 ・人口:663万人

 ・人口密度:3400人/km2

(参考) 世界各国の大都市人口順位ランキング+夜景写真(人口密度他) : なんでも

人口密度はクアラルンプール都市圏の方が多いですが、人口そのものは東京の1/6ですね。

最後に、夕刻のツインタワーが綺麗でした。

20150105_193135

2015年1月 4日 (日)

クアラルンプールに来ています

昨日のブログで、「南の国へ旅に出ます」という記事を書きましたが、その行き先は、クアラルンプールです。

今日の早朝にクアラルンプール空港(KILA2)に着きました。

真冬の日本からいきなり熱帯のクアラルンプールへ来たのですが、暑いですね。

日本の冬がウソみたいです。

でも、2013年8月に来たときよりは少しは涼しいかなと感じています。

今回初めて新しくなったKLIA2を通ったのですが、昔(2013年8月)のLCC-Tとはまるっきり違って、空港ターミナルとしては立派になっていました。

昔のLCC-Tは掘っ立て小屋のような作りでいかにも、LCC専用ターミナルでしたが、KLIA2はLCC専用ターミナルとは思えないほど立派でした。

20150104_081413

ところで、今日の夕方にスコールがあり、熱帯地方に来た実感がしております。

2015年1月 3日 (土)

これから南の国へ旅に出ます。

これから、南の国へ旅に出ます。

今回はちょっとした目的のもとに出かけます。

この旅の様子はTwitterでリアルタイムに流したいと考えています。

帰国は1月7日の夜になります。

2015年1月 2日 (金)

「アジアで働く」を読んで

年末に、「アジアで働く」という本を読んでいると書きました。

その後、比較的すらすらと読み、読了しました。

そこで、今日は、この本を読んだ感想をお話したいと思います。

まず、第一印象は、これからアジアのみならず海外で働こうと考えている方には、かなり役に立つ内容だと感じました。

特に、30代〜40代の方へオススメだと感じました。

また、海外へ行かないとしても、日本人として知っておいてもよいなーとも感じました。

この本を読んで、アジアで働いてみたいなーと強く思いました。

現在は、もう一回内容を確認するために再度読み始めました。

アジアで働く――自分を活かす・キャリアが広がる
アジアで働く――自分を活かす・キャリアが広がる 九門崇

英治出版  2012-08-10
売り上げランキング : 17402


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015年1月 1日 (木)

2015年の抱負

新年、あけましておめでとうございます。

2015

今日は、今年の抱負についてお話をしてみます。

1.英検1級

 今年中に英検1級で1次試験を通過したい。

2.通訳ガイド活動

 2020年の東京オリンピックに向けて、具体的に何かを考えたい。

3.翻訳活動

 ・英検1級を早く合格して、翻訳の学習を始めたい。

 ・JTF翻訳祭等参加。

4.仕事

 ・海外進出のきっかけをつかみたい。

今年も、本ブログをよろしくお願いします。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »