Oxford

RNN

英検

Follow me

« クアラルンプールで見た変なもの | トップページ | エアアジアの羽田・クアラルンプール便での機内食 »

2015年1月10日 (土)

Air Asia Xに搭乗した感想

今回のクアラルンプールへの旅行は、エアアジアで国際線としては初めてのLCCに搭乗しました。

今日は、その感想をいつも利用しているデルタ航空とちょっとだけ比較してお話をしてみたいと思います。

20150107_153208

<1,機内食>

 エアアジアの機内食は事前に申し込んでいたので、優先的に給仕されました。

 若干、デルタ航空の機内食よりも質素かなと感じるくらいで味は同等のように思えました。

 機内食の詳細については後日、紹介したいと考えています。

<2.毛布類>

 当然ながら、デルタ航空など大手キャリアだと事前に席に用意していますが、エアアジアではそうにはいきません。

 羽田→クアラルンプールでは、コンフォートキット(毛布)を事前に予約していたので、席に座ってまもなく、コンフォートキットが配られました。

 このコンフォートキットに関しても、後日、ブログでお話をしてみたいと思います。

<3.エンターテインメント>

 デルタ航空などの大手キャリアだと、座席に画面があり、そこに飛行状況などの情報をはじめ、映画などを見ることが出来ますが、エアアジアでは、まったくありません。

 事前予約などでエンターテインメントを予約しておいくと、映画などを見ることが出来ます。

 実際に搭乗して、周りを見渡すと、そういう方はほとんどいなくて、自分で用意している方が大半でした。

 私は、iOS版のKindleアプリで読書をしていました。

 LCCの国際線に乗ったら、日頃読めない本を読書するのもよいかなと感じました。

<4.機内アナウンス>

 エアアジアでの機内アナウンスは、英語、マレー語(機長の挨拶のみ)、英語と3カ国語に対して、デルタ航空は、英語と日本語で、大差ありませんでした。

 乗っていて聞いている感じだと、LCCでも大手キャリアでも大差ないあーと感じました。

<まとめ>

 以上をまとめると、機内食、毛布、エンターテインメントなどの機内でのサービスを除くと、デルタ航空などの大手キャリアとの差はほとんど感じませんでした。

 しかし、エンタテインメントに関しては、 10時間を越える飛行時間だとちょっと欲しくなるかもという感じがしました。

 最後に、クアラルンプールへ行くにはエアアジアが非常に便利だとも感じました。

 その理由の1つは、羽田発着であること、距離的に行きと帰りが非常に楽でした。

 その他の理由として、飛行時間帯がよい。行きが早朝着でその日から活動ができ、帰りは、羽田着が最終電車より若干早いくらいで、帰ってそのまま寝ることが出来るということで、特に、生き帰りでストレスを感じることがない。(今回は帰りが2時間遅延でストレスを感じましたが)

« クアラルンプールで見た変なもの | トップページ | エアアジアの羽田・クアラルンプール便での機内食 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Air Asia Xに搭乗した感想:

« クアラルンプールで見た変なもの | トップページ | エアアジアの羽田・クアラルンプール便での機内食 »