Oxford

RNN

英検

Follow me

« iPhone6 Plusの使用感 | トップページ | 近況報告 »

2014年11月13日 (木)

通訳案内士試験第一次試験の合格発表がありました。

今日、通訳案内士国家試験1次試験の合格発表がありました。

合格発表はこちらです。→ 通訳案内士試験概要|日本政府観光局(JNTO)

Logo

見事、合格された方へは、

「合格おめでとうございます。この調子で2次試験を乗り越えましょう。」

英語の合格者数は、1,737名と去年よりもさらに急増しているようです。

過去10年間では、最高の合格者数となっています。

過去の英語での合格者数は、

2013年度 1,199名

2012年度 404名

2011年度 503名

2010年度 593名

2009年度 893名

2008年度 1,372名

2007年度 1,850名

2006年度 1,078名

2005年度 552名

2004年度 391名

です。

去年に引き続き、合格者増加傾向にあることがわかります。

やはり、2020年東京オリンピックの影響でしょうか?

しかしながら、通訳案内士の数をむやみに増やしても、通訳案内士をうまく活用する必要があると思います。


« iPhone6 Plusの使用感 | トップページ | 近況報告 »

通訳案内士国家試験」カテゴリの記事

コメント

きんちゃん

お久しぶりです。お仕事大変そうですね。お体に気をつけてくださいね。さて、通訳案内士1次、僕は「一般常識」「日本地理」だけの受験で、他は受験免除だったのですが、何とか合格していました。2次については、9月初旬から準備をしているのですが、遅々として進まず、残り3週間でスパートを掛けるつもりです。英検1級同様に学校には通わず、独学で乗り切るつもりです。ただ、同時に受験したフランス語はあえなく不合格。会話、聴き取り、メールには困らないのですが、文法、語彙数が英検1級と比べると圧倒的に劣っていたことが、自分でも良く分かりました。やはり、中学、高校と学校で習っていた英語とは基礎力が違いますね。唐突に話は変わりますが、産休中の長女は英語の教師と障害児教諭を兼ねているのですが、次女と共に、リセが終わるまで、パリで仏語と英語のバイリンガル教育を受けていても、仏語はいつ聞いても理解出来ますが、英語は従言語だったため、リセ卒業後20年経つと聞き取れないとショックを受けていました。やはり、どの言語で基礎教育を受けたは重要ですね。
それでは、引き続き、英検1級受験の継続、そして合格をお祈りしております。

はぐれおす

はぐれおすさん、こんばんは。

通訳案内士試験第一次試験合格、おめでとうございます。
2次試験は英検準1級くらいの会話で十分ですが、日本事情に関する話題なので、そのあたりは準備を万端にしておく必要があります。
まあ、試験官と楽しく会話が出来れば合格です。

英語以外の言語もいいですね。

きんちゃん

アドバイス有難うございます。日本的事物・事象の語彙だけは
たっぷり頭にいれて2次に臨むつもりです。


はぐれおす

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通訳案内士試験第一次試験の合格発表がありました。:

« iPhone6 Plusの使用感 | トップページ | 近況報告 »