Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

英検1級1次試験の詳細結果

10月12日に受験した英検1級1次試験の詳細結果がわかりました。

<自己採点に関して>

  自己採点に間違いはありませんでした。

  自己採点の結果はこちらです。

  → 英検1級1次試験の自己採点をしてみました。: きんちゃんの英語学習日記

<エッセイ>

  今回は18点でした。

2014年10月27日 (月)

今後の英検1級エッセイ対策をどうするか?

先日、CELの英検1級1次模擬試験コースがなくなるというお話をしました。

現在のところ、CELの英検1級1次対策コースを受講する予定がありません。

そこで、今日は、今後のエッセイ対策をどうするかを考えてみたいと思います。

<英検1級のエッセイ対策コース>

 具体的には、調査していないので、どうでしょうか?

<自習によるエッセイの練習>

 CELの英検1級1次模擬試験コースでは、毎週、エッセイを書いて練習していました。

 毎週、練習することで、英検1級では、20点くらいは取れるようになっていました。

 しかし、今後、CELの英検1級1次模擬試験コースがないと考えると、自習でなんとか練習するしかないのかなと考えています。

 語彙、長文読解、リスニングは、自習でもなんとかなりそうな感じがしていますが、エッセイだけは、自習でなんとかなりそうにもありません。

 しばらくは、少し悩んでみます。

2014年10月24日 (金)

英検1級1次試験の結果

今日は、10月12日に行われました英検の1次試験の結果発表の日でした。

そこで、私も帰宅途中に英検1級1次試験の結果を確認しました。

<英検1級1次試験の結果>

 合計点:67点

<エッセイの得点>

  自己採点が正しいとすると、エッセイは18点とうことになります。

  (エッセイを抜いた自己採点での合計は49点)

  英検1級1次試験の自己採点をしてみました。: きんちゃんの英語学習日記

2014年10月23日 (木)

今後の英検1級対策はどうするか?

英検の1次試験の発表は明日ですが、今回も英検1級1次試験には合格できないので、今後の英検1級対策についてお話をしてみたいと思います。

本ブログでも取扱いしましたが、今秋からCELの英検1級対策コースがリニューアルされました。

  CELの英検1級1次模擬試験コースが消えた!: きんちゃんの英語学習日記

今までの「英検1級1次模擬試験コース」から「英検1級1次試験対策コース」になりました。

今秋から「英検1級1次試験対策コース」で英検1級対策をするかどうか悩んでいます。

悩んでいる理由は、

1.「英検1級1次模擬試験コース」での実践的な練習の量がかなり減る

2.できれば、弱点であるリスニングの強化をしたい

です。

今、考えている英検1級対策は、

1.「英検1級1次試験対策コース」の最後の2回は模擬試験なので、最後の2回のみ参加する(これが認められるかどうかは不明ですが)

2.今までのCELの「英検1級1次模擬試験コース」の教材を再度やり、実践力を養う

という方法です。

今の段階では、2の方法が有力かなと考えていますが、自習なので、継続できるかがあ問題です。

どっかの図書館に閉じこもってやるということも考えています。

2014年10月22日 (水)

iPhone6 Plusの到着に備えてmicro SIMからnano SIMに変えた。

先日、iPhone6 Plusの到着に備えて、Docomo Shopでmicro SIMをnano SIMに変えました。

今日は、その際のやり取りについてお話をしてみたいと思います。

<micro SIM→nano SIMで必要なもの>

 結果的にSIMの電話番号のみでOK

<micro SIM→nano SIMへの変更の際のやり取り>

1.SIMの電話番号と契約者名

  ボードに書くように言われました

2.nano SIMを使う機種

  「今日、届く予定だが、SIMフリーのiPhoneで使います。」と答え、実機は見せなくてもよかった

3.使うプロバイダーを聞かれた

  SPモードだのグチュグチュ説明しだしたので、「moperaU」と答え、現在も「moperaU」で使っていると答えた

4.ライターでnano SIMに情報を書いて終わりでした

ということで、入手したnano SIMはこちらです。

20141013_211106_2

2014年10月21日 (火)

英検の合格点が発表されました。

10月12日に行われました英検の合格点が各級毎に発表されました。

では、発表です。

Eiken20142

  一次試験の合格点 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

1級は、合格点が80点と、去年から前回までの78点と比較すると、合格点が上昇した感じです。

去年から前回までの合格点が低すぎたのかもしれません。

いずれにせよ、1級の合格点は70%の正答率が必要ですね。

2014年10月20日 (月)

英検 今後の日程

先週で、今回行われた英検1次試験の解答および問題は公表されました。

では、今週以降の日程を確認しておきましょう。

  試験結果・各種証明 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

1.10月21日(火) 合格点発表 → 明日

2.10月24日(金) 成績発表

3.11月9日(日)  2次試験

まずは、明日の合格点発表に続き、今週末の成績発表が気になります。

成績発表では、エッセイで何点取れたかを確認したいと思います。

2014年10月19日 (日)

CELの英検1級1次模擬試験コースが消えた!

この秋から、CELの英検1級模擬試験コースが消えました。

というのは、この秋からCELでは、コースのリニューアルが行われ、その結果として英検1級模擬試験コースが消えることになったと思われます。

事実として、CELのサイトから英検1級模擬試験コースの記載が消えたのです。

ということで、今日は、CELのコースリニューアルについてお話をしてみたいと思います。

今回、大きく変わったのは、「BuilduPコース」と「英検1級コース」です。

では、この2つのコースを取り上げてみます。

1.Buildupコース

  英字新聞・英文ニュースを題材に英語学習--CEL英語ソリューションズ Buildupコース

  Buildup_small2

  Buildup Head Startコース → Buildup Begginers コース

  Buildup Reading & Listening コース → Buildup Advanced コース

2.英検1級コース

  英検1級コース--CEL英語ソリューションズ--

  Eiken_small_2

  「英検1級1次模擬試験コース」と「英検1級1次問題演習コース」が統合し、「英検1級1次試験対策コース」にリニューアル

  残念ながら、予習のできない英検1級1次模擬試験コースが事実上消えることになったようです。

  原因はおそらく受講生の減少ではないかと推測しています。今年になってから英検1級1次模擬試験コースの受講生が減少傾向にありました。

2014年10月18日 (土)

先日行われた英検の問題がダウンロード可能になりました。

先日行われた英検のすべての級の問題とリスニングの音源がダウンロード可能になりました。

1.英検1級

  1級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

2.英検準1級

  準1級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

3.英検2級

  2級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

4.英検準2級

  準2級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

5.英検3級

  3級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

6.英検4級

  4級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

7.英検5級

  5級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

リスニングの音源は、Part毎に分かれているだけなので、練習する際には、音源から各問題に分けたもので練習するとよいでしょう。

音源の分け方は、こちらが参考になればと思います。

 英検1級1次試験 リスニングテストの音声ファイルを問題毎に編集しました。: きんちゃんの英語学習日記

2014年10月16日 (木)

英検1級1次試験 語彙問題レビュー

いつもなら、英検1級1次試験の自己採点の翌日に行いますが、やっと長期出張の合間をぬって英検1級の語彙問題をレビューをしてみたいと思います。

今回も、英検1級レベルの問題には、(1級)と、通訳ガイドレベルの問題には、(ガイド)の表示を各問題毎にします。

また、時間の関係で、正解の選択肢の単語のみを扱い、動詞は原形を、名詞は単数形を書いています。

(1) retaliation(ガイド): 報復、復讐

(2) moratorium(1級): 一時停止 → CELの過去の模擬試験で出題

(3) entrench(1級): 定着する、根付く → CELの過去の模擬試験で出題

  cf) entrench in 〜 : 〜に定着する、根付く

(4) destitute(ガイド): 貧困な、貧窮している

(5) dwindling(ガイド): 次第に減少する

(6) clinch(1級): (事件、議論など)に決着をつける

 cf) clinch the deal : 取り引きをまとめる

(7) flimsy(ガイド): 壊れやすい、もろい、弱い

(8) candid(ガイド): 率直な

(9) stupor(1級): 昏睡(状態)、麻痺

  他の選択肢から消去法で正解できる

(10) reprieve(1級): 一時的に免れる

(11) misgivings(ガイド): 心配、不安 → CELの過去の模擬試験で出題

(12) emulate(ガイド): 〜を真似る、見習う

(13) absolve(1級): be absolved of 〜 : 〜から放免される、責任を免除される

(14) fervent(1級): 熱心な

  他の選択肢から消去法で正解できる

(15) adept(ガイド): 器用な、巧妙な

  cf) be adept at 〜 : 〜が上手い

  cf) be good at 〜 : 〜が上手い

(16) pariah(1級): 社会ののけ者

  cf) outcast

(17) litany(1級): 単調で長ったらしい説明

  cf) a litany of 〜 : 多くの〜

(18) falter(ガイド): どもる、ためらう

(19) ebb(1級): 薄らぐ、減る、衰退する、弱まる

  【ebb : 潮が引く】から推測できる

(20) transpire(1級): 起こる、生じる

  cf) happen, occur

(21) acrimonious(ガイド): 辛辣な

(22) settle up(1級): 精算する、勘定を済ます

(23) be bought off (1級): 追い払われる

(24) be chewed out  (1級): 叱られる → CELの過去の模擬試験で出題

(25) barge in (1級): 口を出す、割り込む

以上をまとめると、

英検1級レベルの問題:15問

通訳ガイドレベルの問題:10問

で、英検1級レベルの問題の中でも、難易度が高い単語には、赤にしました。

2014年10月13日 (月)

英検1級1次試験の自己採点をしてみました。

昨日受験しました英検1級1次試験の自己採点をしてみました。

<リーディング>

1.Part1: 19点/25点満点

2.Part2: 3点/6点満点

3.Part3: 16点/20点満点

4.Part4: 筆記試験のため自己採点できず

<リスニング>

1.Part1: 4点/10点満点

2.Part2: 3点/10点満点

3.Part3: 4点/10点満点

4.Part4: 0点/4点

エッセイを除く合計は、49点でした。

詳細に自己採点を考察していきたいと思います。

<リーディング>

 51点満点中38点でリーディングに関しては合格圏内に達したと見ている。

 しかしながら、Part1と2で各々、あと1点ずつは欲しかった。

<リスニング>

 リスニングは、前回の点数とあまり変わらない結果となりました。

最後に、今回の自己採点の総括をすると、

「7月下旬からの長期出張で準備が不十分にもかかわらず、リーディングでは良結果を得たが、リスニングではまだまだ課題を残す結果となった。」

ということになるでしょうか。

次回の1月までリスニングを強化して合格を目指します。

2014年10月12日 (日)

なんとか英検1級を受験することができました。

依然として、長期出張中ですが、今日、なんとか英検1級を受験することができました。

20141012_210933

今回は、長期出張のため、ほとんど準備ができていなかったので、合格はできないと思います。

今日の英検1級は、制限時間の10分前に解答完了し、リスニングのPart3に目を通すことができました。

このような状況で受験しましたが、明日、自己採点してみようと思います。

2014年10月 8日 (水)

出張中でも皆既月食を見ることができた

依然として、長期出張中ですが、ちゃんと皆既月食を見ることができました。

みなさんは、皆既月食を見られましたでしょうか?

世界のかなりの地域で皆既月食が観測されたようです。

2014年10月 7日 (火)

やっと、英検1級の受験票を手にした。

依然として、長期出張中ですが、先週末に英検1級の受験票を手にすることができました。

気になる試験会場は、大学以外の試験会場で、大学以外の試験会場となるのは初めてです。

20141007_215730

ということで、試験会場は、「外語ビジネス専門学校」です。

長期出張からは、土曜日の夜に一時帰宅する予定で、なんとか試験を受験できそうです。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »