Oxford

RNN

英検

Follow me

« AndroidでiCloudのカレンダが使えるアプリ | トップページ | 英検の申し込みは明日まで! »

2014年9月16日 (火)

iPhone6, iPhone6 plusを見て感じたこと。

先日、AppleからiPhone6, iPhone6 plusの発表がありました。

そこで、今日は、このiPhone6, iPhone6 plusを見て感じたことをお話してみたいと思います。

52136b33

まず、第一印象は、Androidのように大きくなったことですね。

当然のことなら、価格は比較的高価です。

iPhone6 16GBで67,000円(税別)

iPhone6 plus 16GBで79,800円(税別)

いずれもSIMフリーの価格です。

iPhone 6 Plus 16GB ゴールド SIMフリー - Apple Store (Japan)

しかしながら、通信できるLTEの周波数(バンド)が他のスマートフォンとは比較できないくらいの対応バンド数が豊富です。

日本で販売されるモデルは、

iPhone6では、モデルA1586

iPhone6 plusでは、モデルA1524

となるようです。

対応バンドは、

 ・FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26、28、29)

 ・TD-LTE(バンド38、39、40、41)

です。

Android機では、これほどのバンド数を網羅している機種はありません。

<まとめ>

1.特にiPhone6v plusが5.5インチとなり、Galaxy Note3とほぼ同じ大きさになった。

  →少し大きな画面でみるiOSがどのように見えるか見てみたい

2.LTEのバンド数が他のスマートフォンと比べて断トツ。

  →国内外で使える印象

ということで、少し大きな画面でLTEのバンド数がかなり多いので、物欲が増してきています。

買うとしたら、iPhone6 plus 16GBです。

トレージにはデータを置かず、クラウドサービスを使用するので、ストレージは一番小さい16GBで十分だと考えています。

« AndroidでiCloudのカレンダが使えるアプリ | トップページ | 英検の申し込みは明日まで! »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone6, iPhone6 plusを見て感じたこと。:

« AndroidでiCloudのカレンダが使えるアプリ | トップページ | 英検の申し込みは明日まで! »