Oxford

RNN

英検

Follow me

« 今後の英検1級英文読解対策 | トップページ | 今後の英語学習をどうするか? »

2014年7月19日 (土)

今期のCEL英検1級模擬試験コース

今期のCELでの英検1級模擬試験コースの様子が変わりました。

今日は、CELの英検1級模擬試験コースの変化についてお話をしてみたいと思います。

 英検1級1次模擬試験コース

Eiken_small

以前では、英検1級模擬試験コースは、3つのクラスがありました。

1.金曜日の午前中のコース

2.金曜日の夕方のコース

3.土曜日の午前中のコース

しかし、今期からは、受講者数の関係から、土曜日の午前中のコースのみになりました。

土曜日のコースのみになると、不便なことがあります。

それは、土曜日に都合が悪い場合、金曜日に振り替え受講ができないことです。

さて、受講者数の減少の原因を考えてみたいと思います。

1.過去1年間の英検1級1次試験の合格点が78点と低めだったので、ほとんどの受講生が合格した。

2.英検1級を受験する人が減少している。

3.英検1級受験者が他校に移った。

などが考えられます。

おそらく、主な原因は、1かなと思っています。

実際はどうでしょう?

« 今後の英検1級英文読解対策 | トップページ | 今後の英語学習をどうするか? »

CEL」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

受講者の減少の理由として、「2」も当てはまるのではと思います。
最近はTOEIC(R)偏重で、英検の受験者が減っていると聞きます。アルクもいつの間に英検の通信講座をなくしていますし、私が昔通っていた英語学校も英検対策講座が少なくなっていた覚えがあります。

そういえばTOEIC(R)の年間受験者数が英検の年間受験者数を上回ったと聞きました。受験回数が違うとはいえ、これは時代の変化でしょう。

Yukiさん、こんばんは。

お久しぶりです。
そういえば、アルクも昔は英検対策用の通信講座をだしていましたね。
世の中は、英検→TOEICに移っているのですか?
英検とTOEICでは、試験の性格が違います。英検は合否、TOEICは点数で結果が出てきます。

TOEICの受験者増加には、通訳案内士試験の免除対象になった影響もあるのでしょうか?

きんちゃんさん、こんばんは。

英語学習誌を見ているとTOEIC(R)向けのコーナーが多いですし、本屋さんへ行っても、TOEIC(R)対策本がかなりのスペースを占めています。

でも英検はTOEIC(R)と違って4技能全てが試されるので、英語力アップに繋がる良い試験だと思います。
世の中ももうちょっと英検を見直してもらえるといいのですが…。

Yukiさん、こんばんは。

そうですね。
英検の方が、4技能を試しているのでバランスがよいですね。
TOEICは、読むことと聞くことだけですね。

まあ、日本の企業がTOEIC依存症にかかっているので、TOEICの方が人気が高くなっているのもあるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今期のCEL英検1級模擬試験コース:

« 今後の英検1級英文読解対策 | トップページ | 今後の英語学習をどうするか? »