Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2014年度第1回 英検1次試験の合格点が発表されました。 | トップページ | 英検1級1次試験 語彙問題対策のまとめ »

2014年6月18日 (水)

英検1級1次試験の聞きづらいリスニング対策 まとめ

英検1級1次試験後の自己採点してから、英検1級1次試験の聞きづらいリスニング対策に関して、いろいろなコメントをいただきました。

そこで、今日は、そのまとめをしてみたいと思います。

コメントはこちらです。

英検1級1次試験のひとり反省会を開催しました。: きんちゃんの英語学習日記

英検1級1次試験の聞きづらいリスニング対策としてのまとめです。

特に、今回の英検1級1次試験のリスニングは聞きづらかったです。

<リスニング強化法>

1.トムとベティの発音教室:無料

 トムとベティの発音教室 日本人にとって聞き取りが難しい単語集

2.ナマ英語.com:無料

 ナマ英語.com 映画・海外テレビドラマ カジュアルな省エネ発音を聞き取る

3.モゴモゴバスター:5800円

 映画・海外ドラマ・カジュアルな日常会話のリスニングの鍵 英語の省エネ発音

<手順>

1.まずは、トムとベティの発音教室で、英語の音を区別できるようにする。

  例えば、LとRの音の違いを識別できるように

2.次にナマ英語.comで映画などで、出てくるゴニョゴニョした感じの英語を聞き取れるようにする。

ここまでは、無料でできるのがうれしい。

3.さらに、モゴモゴバスターで、そのゴニョゴニョやモゴモゴした感じのリスニング力強化する。

ここで、ちょっと費用が発生するが、5800円なので、比較的安価である。

これらの練習で、英検1級1次試験のリスニング音質に対応できるようにしたいと考えています。

« 2014年度第1回 英検1次試験の合格点が発表されました。 | トップページ | 英検1級1次試験 語彙問題対策のまとめ »

英検」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
あと試験当日は早めに会場入りして再生機に近い席に陣取るのも効果的ですね。TOEICだとBoseのスピーカーを使ってたりして音声がクリアなんですが、英検だとこれってスピーカーどこにあるのっていうような代物ですからね。
さらにはメモの技術を身につけるのも有効かもしれません。特にPart2の問題は内容がやや複雑なだけで論理展開は至ってシンプル。ほとんどが正反合で成り立っています。つまり、一般的にはこう思われていた(る)が実はこうだ(こういう説もある)。そこで…というパターンが実に多い。なので要点の整理が必要になります。
技術なんて大仰に言っても僕がやってたのは日本語で論点をささっとメモして↑↓?などの記号をつける程度。シャドーイングで培った追っかけの技術を使って(僕の場合)左脳で問題文を追尾しながら右脳で簡単に(日本語で)まとめてました。過去問を聴きながら自分なりの型を作るといいですね。もちろんこの方法は他のパート、特に3、4でも生きてきます。ぜひ一度試してみてください。

リスニングに関しては次のようなサイトもあります。
http://www.uda30.com/
教材を買わなくても無料の分だけで十二分に勉強になります。
また、世の中にはどうも教えたい人が山ほどいるとみえてTouTubeで探せば無料の動画が呆れるくらい見つかりますよ。

LとRの聞き分けならこのサイトが良いですよ。
http://www.youcanspeak.net/alpha/trial
コツは五感すべてを使って辛抱強く聞くこと。絶対に諦めてはだめですよ。一度違いが腑に落ちれば二度と混同することはないのだから。
ところで国連特A一次の合格発表があったようですね。合格点はなんと72/100点。僕が合格したときの合格点は58点だったのでまったく驚きの高水準となりました。きんちゃんさんも受けてみてはどうですか。過去には特A一次に受かって英検一次に落ちたなんてシーズンもありましたからそんなにレベルの違いはないと思いますよ。

のりくん、こんばんは。

TOEICは、BOSEのスピーカーを使っているのですか?
英検1級も、決して安くはない受験料を払っているのだから、BOSEのスピーカーくらい用意して欲しいですね。
CELでは、BOSEのスピーカーですよ。
もしくは、試験会場に備え付けの(BOSEの)スピーカーを使ってくれないかな〜と思っていた時期もあります。
試験会場の大学の教室には、すばらしい設備が整っている所もあるので、使わない手はないのにと。
しかしながら、これらの設備を使うと会場毎で条件が異なるので、決して、そのようなことはないでしょう。

リスニングの教材は、至る所にあるんですね。
まずは、LとRの聞き分けからスタートしてみたいと思います。

国連英検はC級を持っています。
特A級は、現在のところ考えていません。
英検1級が目標です。

年に一度TOEICの会場となる或る女子高校ではごく普通の40人教室に巨大なスピーカーを用意してくれます。それはもう音の襞々まではっきり聞こえて自然と全問正解になってしまいますよ(笑)。ところがこの高校が英検の会場になったとき(例の雷事件のとき)にはやはりしょぼしょぼの再生機。おそらく協会のほうで決まりがあるんでしょうね。日頃から音を小さめにして聞くとか音源からすこし離れて聞くとかの対策が必要かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/59837836

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級1次試験の聞きづらいリスニング対策 まとめ:

« 2014年度第1回 英検1次試験の合格点が発表されました。 | トップページ | 英検1級1次試験 語彙問題対策のまとめ »