Oxford

RNN

英検

Follow me

« 英検まであと2週間 | トップページ | 現在、運用している情報発信手段を考えてみた »

2014年5月26日 (月)

英検と通訳案内士試験の日程について考えてみた

来月は英検がありますが、前回の英検から約4ヶ月経ちました。

そこで、今日は、英検と通訳案内士試験の日程について考えてみたいと思います。

<英検>

年に3回開催され、開催月は6月、10月および翌年の1月です。

通訳案内士試験の年に1回に比べれば、受験回数は3倍と多いです。

1月の英検から6月の英検までは、4ヶ月とちょっと

6月の英検から10月の英検までは、4ヶ月

10月の英検から1月の英検までは、3ヶ月

1月の英検から6月の英検までの期間が一番長く、じっくり対策に取り組める時ですが、「光陰矢のごとし」であっという間に過ぎていく感じがしております。

また、各回の前には、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みがあり、学習の調子が狂いやすいので注意が必要です。

<通訳案内士試験>

年に1回で、毎年8月の最終日曜日に開催されます。

オリンピックのように4年に1回でないだけでもよいかもしれません。

試験から合格発表までの期間が2ヶ月と長く、落ち着きません。

1次試験に不合格になったら、また来年の試験まで、再び準備をして再度挑むことになります。

この時のショックは大きい。

最後に、英検準1級以上、通訳案内士試験などの難関資格は、合格率は非常に低いので、合格の秘訣は、「合格するまで受験し続ける」ことだと確信しています。

« 英検まであと2週間 | トップページ | 現在、運用している情報発信手段を考えてみた »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英検と通訳案内士試験の日程について考えてみた:

« 英検まであと2週間 | トップページ | 現在、運用している情報発信手段を考えてみた »