Oxford

RNN

英検

Follow me

« 英検1級1次試験の自己採点 | トップページ | 英検1級1次試験のひとり反省会 »

2014年1月28日 (火)

英検1級1次試験 語彙問題レビュー

今日は、すっかり恒例となりました英検1級の語彙問題をレビューをしてみたいと思います。

今回の語彙問題の感想ですが、最近にないくらい難易度が上がったと感じています。

今回も、英検1級レベルの問題には、(1級)と、通訳ガイドレベルの問題には、(ガイド)の表示を各問題毎にします。

また、時間の関係で、正解の選択肢の単語のみを扱い、動詞は原形を、名詞は単数形を書いています。

(1) mundane(ガイド): 日常の、平凡な、ありふれた

(2) allegedly(ガイド): 申し立てによると、伝えられるところによれば

(3) admonished(1級): 〜の理由で(人)を戒告処分する。

(4) gregarious(ガイド): 社交的な

(5) appraise(ガイド): 〜を評価する

(6) bane(1級): 悩みの種 →CELの過去の模擬試験で出題

  cf) the bane of 〜の形で現れることが多い

(7) typify(1級): 〜を代表する

  typicalから想像できると思います

(8) contrived(1級): わざとらしい、不自然な

  contriveからでは、この意味の発想が難しい

(9) gall(1級): 図々しさ、厚かましさ

(10) stagnate(ガイド): 行き詰まる

(11) connoisseur(ガイド): 鑑定家、目利き

  時事・ガイド用語で通訳案内士試験ではおなじみの単語です

(12) enmity(1級): 敵意、恨み

(13) unrelenting(1級): 厳しい、無慈悲な

(14) protocol(ガイド): 慣習、規定

 Kyoto Protocolなどで通訳案内士試験ではおなじみの単語です

(15) cinch(1級): 簡単な、たやすい →英検1級語彙問題500に掲載、CELの過去の模擬試験で出題

(16) crackdown(ガイド): 取り締まり

 cf) crack down on 〜で、〜を取り締まるの名詞形

(17) idly(ガイド): 何もしない、怠けて、ぼんやりと

 cf) idling :アイドリングから連想できます

(18) nudge(1級): 軽く突く、軽く刺激する →CELの過去の模擬試験で出題

(19) cavalier(1級): 無頓着な、平然とした、傲慢な

(20) fruition(1級): 成果、達成

 cf) come to fruitionで、達成される

(21) placate(ガイド): 〜を和らげる、なだめる

(22) boil down on 〜(1級): 〜に要約する

(23) root out 〜 (1級): 〜を根絶させる → CELの過去の模擬試験で出題

(24) squeak 〜(1級): やっとのことで〜に成功する

 問題は、受け身形で出題

(25) tamper with 〜(1級): 〜をいじくる、〜をこじ開ける → CELの過去の模擬試験で出題

以上をまとめると、

英検1級レベルの問題:15問

通訳ガイドレベルの問題:10問

英検1級レベルの問題の中でも、難易度が高い単語には、赤にしました。

« 英検1級1次試験の自己採点 | トップページ | 英検1級1次試験のひとり反省会 »

英検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/59027587

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級1次試験 語彙問題レビュー:

« 英検1級1次試験の自己採点 | トップページ | 英検1級1次試験のひとり反省会 »