Oxford

RNN

英検

Follow me

« 前置詞のイメージ | トップページ | 英検の申し込みが始めっています。 »

2013年9月 1日 (日)

シンガポール・チャンギ空港でエアアジアへ乗り継ぐ場合の注意点

今回、シンガポール・マレーシアの旅では、

1.デルタ航空で成田空港からシンガポール・チャンギ空港へ。

2.チャンギ空港のAnbassador Trasit Hotelで1泊。

3.ホテルをチェックアウト後、朝食とターミナル1、3、2をブラブラし、再度ターミナル1へ戻り、エアアジアでクアラルンプールへ行くために、搭乗口前で待機。

シンガポールへは入国せずに、マレーシアへ行こうとしていました。

搭乗口が開き、入り口で次のような会話をしました。

エアアジアの係員:「出国審査を通って来たのか?」

私:「いいえ」

エアアジアの係員:(Boarding Passのある所に丸をしながら)「出国審査前のドキュメントチェック(*)をしなかったら、搭乗拒否するかもよ」

私:「え?」(声には出していない)

そこで、エアアジアの係員の方は、どこかへ電話で連絡を取り、「パスポート番号をひかえればいいよ」なことを会話されていました。

その後、「じゃ、いいよ」と言われ、「ほっと」として、飛行機の搭乗口の待ち合わせ室に入ることができました。

Boarding Passに丸をされたところは、ここで、よく読むと、エアアジアの係員が言っていたことを同じことが書かれていました。

Img_1482

今回は無事、シンガポール・チャンギ空港でトランジットしてクアラルンプールへ行くことができました。

シンガポール・チャンギ空港はトランジットとしての機能が大きい空港なので、トランジットラウンジ内にドキュメントチェックカウンターを設置するなどして、エアアジアへの乗り継ぎが簡単にできるようになればなあと思いました。

シンガポール・チャンギ空港でエアアジアへ乗り継ぐ場合は、一旦入国して再度出国されることをお勧めします。

(注意)(*) ドキュメントチェックとはパスポートチェックのこと

« 前置詞のイメージ | トップページ | 英検の申し込みが始めっています。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 前置詞のイメージ | トップページ | 英検の申し込みが始めっています。 »