Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2020年東京オリンピックへ向け、観光立国を目指すのなら通信インフラの整備が必要 | トップページ | 次の英検1級受験に向けての決意 »

2013年9月13日 (金)

HanaCellのデータ通信専用SIMカードが使える国が増えました。

今日、HanaCellからメールが届き、データ通信専用SIMカードが使える国は増えたという連絡を貰いました。

Img_sim_and_tablet

今までは、日本、アメリカ、カナダの3か国のみでしたが、今後は、それに加えて、韓国、中国、ヨーロッパの34か国で使えるようになるそうです。

ほどほどの使用なら韓国の短期の旅行で使えそうです。

また、初めてヨーロッパに行く際には、持っておくと良いような感じがします。

Prepaid SIMカードが手に入るまでは、HanaCellのSIMを使って情報を得ることができます。

通信料金は、

アメリカ   :$0.39/MB

日本       :$0.49/MB

カナダ     :$0.59/MB

ヨーロッパ:$0.39/MB

韓国       :$0.49/MB

中国       :$0.49/MB

です。

購入費用は、たったの$1(送料)なので買って置いて損はないと思います。

最後に、HanaCellのデータ通信専用SIMカードについては、以前の記事を参照ください。

http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2013/08/hanacellsim-2cb.html

http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2013/08/hanacellnosim-4.html

http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2013/08/hanacellsim-fda.html

http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2013/08/hanacellsim-ee8.html

« 2020年東京オリンピックへ向け、観光立国を目指すのなら通信インフラの整備が必要 | トップページ | 次の英検1級受験に向けての決意 »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HanaCellのデータ通信専用SIMカードが使える国が増えました。:

« 2020年東京オリンピックへ向け、観光立国を目指すのなら通信インフラの整備が必要 | トップページ | 次の英検1級受験に向けての決意 »