Oxford

RNN

英検

Follow me

« シンガポール・マレーシアの旅 総括と反省 | トップページ | 通訳案内士国家試験第一次試験がいよいよ明日になりました。 »

2013年8月23日 (金)

いよいよ明後日が通訳案内士国家試験第一次試験です。

今年の通訳案内士(通訳ガイド)試験第一次試験もいよいよ明後日となりました。

年一回の試験ですので、悔いのないように残りの時間で最後の仕上げていただきたいものです。

今日は、試験当日の受験の心構えと注意事項について書きたいと思います。

その前に、必ず忘れてはならないものから確認しましょう。

<必須の持ち物>

1.受験票

  受験の基本です。

  明日、寝る前にカバンに入れておきましょう。

2.筆記用具

  マークシート用にはマークシート用の鉛筆を用意しましょう。

  先は少し丸い方が塗る時間を短縮できます。

  消しゴムは、先が丸まっているものよりも、角のある消しゴムが便利です。

  また、予備としてもう1個新しく買うのも手です。

3.時計

  試験会場によっては時計のない会場もあります。大学の教室には時計がないことが多いです。

<受験の心構えと注意事項>

1.少なくとも、試験開始1時間前には試験会場に着きましょう。

  試験会場に着いたら、自分の受験する教室を確認し、静かなところを探して最後の確認をしましょう。

  英検1級免除者は、試験が午後からなので、自宅なのでのんびりしすぎて遅れないようにしましょう。

2.わからない単語があっても決してあせらないこと。

  私も下線部訳でわからない単語があっても、英文構造の把握だけは正確に。

3.時事ガイド用語だけは本番前に再確認を

  用語問題は、試験直前までスペルを確認しましょう。必ず出ます。

  私も、直前に見ていた用語がでてラッキーでした。

  ここは、なんとしても15点満点を狙いましょう

4.時間配分に注意し解答を進めること

  配点の配分分の時間で解答して時間管理をしましょう。

  これが一番重要!

では、受験生のご健闘をお祈りいたします。

最後に、試験の制限時間いっぱいまで粘りましょう。

« シンガポール・マレーシアの旅 総括と反省 | トップページ | 通訳案内士国家試験第一次試験がいよいよ明日になりました。 »

通訳案内士国家試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ明後日が通訳案内士国家試験第一次試験です。:

« シンガポール・マレーシアの旅 総括と反省 | トップページ | 通訳案内士国家試験第一次試験がいよいよ明日になりました。 »