Oxford

RNN

英検

Follow me

« 英検1級を受験しました。 | トップページ | 英検1級語彙問題レビュー »

2013年6月10日 (月)

英検1級の自己採点

昨日、受験した英検1級の自己採点をしました。

今回はある程度の成果を感じることができました。

<Reading>

part1:18点/25点満点

part2: 4点/6点満点

part3:18点/20点満点

<Listening>

part1:4点/10点満点

part2:3点/10点満点

part3:6点/10点満点

part4:0点/4点満点

合計:53点(エッセイ抜き)/85点満点

エッセイ抜きでは、やっと50点台に到達できました。

エッセイが仮に満点の28点だとすると合計点が81点となり、なんとか合格点になります。

しかし、満点になることは今までのデータによるとほぼ不可能であるので、今までの最高点の20点とすると、合計点は73点になります。

おそらく合格点には達しないでしょう。

さて、今回のリーディングは最高点の40点となり、初めて40点台に到達することができました。

「継続は力なり」を実感しています。

しかし、リスニングに関しては、昨日の記事でも書きましたが、リスニングでの音質は最悪の部類だと思います。

同じような音質だったことが数年前にもあるので、この現象が再び起こった感がしています。

この音質に関しては、CELに報告したいと思います。

あまり言うと負け惜しみになっちゃいますので、怒りはこのへんにしていきます。

次回は合格できるように、悪い音質でもちゃんと聞き取れるリスニング力をつけるにはどうしたらよいかをこれから考えていきたいと思います。

同じく英検1級受験生のみなさんの自己採点はどうでしたでしょうか?

自己採点は、怖くてもできるだけ早くやって、今後の方向性を明確にするのが重要だと思います。

« 英検1級を受験しました。 | トップページ | 英検1級語彙問題レビュー »

英検」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
私も、’12 1月以来、久々に1級に挑戦しましたが・・・
リーディング34点、リスニング20点で54点、エッセイは結論を書いている時に時間切れ・・・という最悪の結果となりました。
情けない・・・
やはり継続的な勉強と受験は大切ですね・・・と、自分の一番苦手なことに改めて気づかされました。
でもいつか、憧れの1級ホルダーになりたいです(*^-^*)

きんちゃん、こんばんは。かずかずです。
自己採点の結果は、63点でした(リーディングPart1:22点、Part2:5点、Part3:18点、リスニング18点)。1次合格基準点から見ると微妙ですが、エッセイ抜きの合計では前回の61点を上回っています。エッセイの点数は水もの。あまりいろいろ考えずに、これまでと変わりなく、英語の勉強は続けることとします。

お疲れ様でした。私はというと、とりあえず点数は、
語彙=18、穴埋め=6、読解14、聴解18。合計56でした。

ただ、私は今回作文で大失態を演じ(0点の可能性も)、
ショックのあまり昨夜は食事もできないほどでした。
大失態というのは、設問の読み違いです。
multinational corporationは「多国籍企業」なのに
何を思ったか「多国間の協調、協力」と勘違い。
加えて、相変わらず作文で40分も使い、残り60分で読解を解くハメに。
語彙10分、穴埋め2つで10分、残り40分で、何とか帳尻を合わせましたが…。

書くのも遅い上、ろくに読むスピードも遅い私が
こんな“強行”を強いられたものですから
当然実力不足が今回も露呈しました。
読解のうち、マヤや衛星タイタン(中高生のテキスト並?)は読めたけど、
心臓移植倫理(大人の読み物レベル?)は歯が立たず。
おそらく、私の英語全般の実力は、現状ではネイティヴの
中高生にも満たないといったところでしょう。

一定の時間で、余裕をもって書けない、読めない。
それじゃ、私が聞き取りもできなくて当然。
特に長めパッセージや、最後のインタビューが×でした。
このすべてを克服するには、細部まで理解した上での
読むスピードの向上が欠かせないそうです。
(読むのが遅いと、聞き取りにも悪影響。当然、他にも…)
もちろん、語彙増強も必要でしょう。
試験突破だけでなく、英語を使って実際に仕事に就くためにも。

はじめまして
いつもブログを楽しく拝見させていただいています。
さて、私は初老の域に間もなく突入しそうな55歳ですが、
何を思ったか、数年前から1級を目指して勉強を始めました。
日曜日の結果ですが、
<Reading>
part1:20点/25点満点, part2: 2点/6点満点,part3:14点/20点満点
<Listening>
part1:7点/10点満点, part2:2点/10点満点, part3:4点/10点満点,part4:4点/4点満点
合計:53点(エッセイ抜き)/85点満点
という内容でした。
なかなか合格ラインと言われる60点を超えることができません。
8月、9月は仕事が忙しい時期なので、次回の10月の試験も
期待できませんが、なんとか試験だけは受けるつもりです。

pincoさん、おひさしぶりです。
こんばんは。
リスニングの20点はすごいですね。
私もそのくらい取れていたら合格圏内だったのにと考えると悔しいです。
合格するときは、ぎりぎりでなく合格点を大きく上回る点数で通過したいです。
「英検1級合格」という目標に向かって進むのみです。
「継続は力なり」です。

かずかずさんもおひさしぶりです。
こんばんは。

それだけ取れていれば合格圏内ですね。
2次試験対策を始めた方がよろしいかと思います。
次回は是非、後に続きます。
単語は20点越えが欲しいです。
CELの先生も20点越えをするように言われています。

Yosshyさん、こんばんは。

英検、お疲れ様でした。
リーディングの解く順序を変えてみてはどうでしょうか?
私は、エッセイ→内容一致問題→語彙問題→空所補充問題と、問題の逆から解いていっています。
配点の多いエッセイと内容一致問題を時間のあるうちにじっくりと解くのです。

合格するまで続けましょう。
あきらめたらその時点で合格の可能性はゼロですから。

たか蔵さん、初めまして、こんばんは。

英検に年は関係ないと思います。
英語に限らず、毎日、コツコツやることが大事だと思います。
合格するまで続けましょう。

私は、通訳案内士国家試験合格後、すぐに英検1級対策をして、早4年が経ちます。

てつと申します。始めまして。62歳で受験をはじめ、合格までの2回は79,79、3回目は85点で、1次合格したときは63歳、2次合格は7月7日、これも1年掛かり、最終的には64歳になっていました。リスニングはレコーダーの真正面、2、3列下がった席にいつも座りました。場所も重要ではないでしょうか。きんちゃんは作文で20点取れていますから、単熟語20点、長文で22点これも難なくクリアできるでしょうから、リスニングで18点でも合格ラインです。兎も角、過去問を聴きまくれば、筋力はつきます。僕は仏語と英語をガイド試験同時に受けようと思い、英語ガイド試験は1次免除になると知り、英検1級を受けました。きんちゃんは通訳ガイド資格を既にお持ちなので素晴らしいですね。合格まで後1歩だと思います。既に実力はおありなのですから、日々精進をお続けください。
僕のブログ、「ほうろうおす日記」に詳しく顛末を書いております。よろしければお読みください。てつ拝

てつさん、こんばんは。

ありがたいコメントありがとうございました。
英語学習は山あり谷ありです。
コツコツと続けることが大事だと思います。
てつさんのブログを参考にさせていただきます。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級の自己採点:

« 英検1級を受験しました。 | トップページ | 英検1級語彙問題レビュー »