Oxford

RNN

英検

Follow me

« 次の英検1級までにはこれを読む | トップページ | 今週末はどう過ごすか »

2013年2月17日 (日)

Lumia620レビュー

今日は、英語の話題ではなく、ディジタル機器のお話をしたいと思います。

タイトルを見ていただけると分かりますが、Lumia620のレビューを軽くしてみたいと思います。

eXpansysから購入し、価格は日本での消費税(¥1,200)を含めても3万円しませんでした。

Img_1138

OSはWindows Phone8です。

Windows Phone7.8との差がほとんど分かりませんが、いくつかのアプリは、タイルの大きさが3段階になります。

Windows Phone7.8では、タイルの大きさが3段階できるのですが、だいたいが2段階のみとなっているようです。

タイルの大きさは3段階になるのは、写真に映っているBBC New(一番上の赤いタイル)とSkyscanner(韓国のタイル)のアプリが一番大きいタイルになります。

次に驚いたのが、日本語対応になっているということです。

言語表示は英語にしていますが、かなりの面で日本語が使えます。

Speech設定では日本語にでき、アプリ起動などが音声で指示をすることが出来ます。

Img_1139

当然、キーボードで日本語を打つことが出来ます。

Img_1140

Lumia620には、Nokia独自のアプリもありました。

Img_1141

SIMはSingTelのPrepaid SIMを入れており、日本では、SoftBankでのローミングとなっているので、「SoftBank-SIngTel」と表示されています。

さらに、香港版のアプリもありました。

Img_1142

Windows Phoneはタイルの表示が変化するアプリもありますので、見ているだけでも楽しいですね。

3万円未満でこれだけ楽しめるので満足感は高いです。

無理にLumia920にしなくてもよかったと思いました。

« 次の英検1級までにはこれを読む | トップページ | 今週末はどう過ごすか »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lumia620レビュー:

« 次の英検1級までにはこれを読む | トップページ | 今週末はどう過ごすか »