Oxford

RNN

英検

Follow me

« IMF・世界銀行総会スタッフ業務を終えて | トップページ | 英検の試験問題が公開されました。 »

2012年10月18日 (木)

羽田空港ターミナル間無料シャトルバス利用の注意点

先週は、羽田空港国際線ターミナルでIMF・世界銀行総会スタッフとして働きました。

勤務前の昼ごはんは、時々、国内線ターミナルへ食べに行きました。

その時に、利用したのが、ターミナル間の無料シャトルバスです。

しかし、よく知っていないと使いにくいバスということがわかりましたので、今日は、ターミナル間の無料シャトルを利用する際の注意点についてお話をしたいと思います。

まず、このシャトルバスには、2種類あるということです。

それは、

1.国際線ターミナル→国内線第2ターミナル→国内線第1ターミナルの順に廻るバス

2.国内線第1ターミナルと国内線第2ターミナル間のみを廻るバス

の2種類です。

国際線ターミナルから無料シャトルバスに乗ると確実に、国内線の2つのターミナルに行くことができますが、国内線のターミナルからは、国際線ターミナルに行くバスに乗らないと永遠に国際線ターミナルに行くことができないということです。

私も、国内線第1ターミナルからバスに乗って、第2ターミナルに行こうとバスに乗ると、たまたま、国際線ターミナルを経由せずに、運良く、直接、第2ターミナルに行くことができました。

バスに乗る前には、国際線ターミナルを一旦行ってから第2ターミナルに行くと思っていたので意外でした。

その後、よーく調べてみると、この2種類の無料シャトルバスがあることがわかりました。

バスは、この写真のようなバスと、京急の路線バスが使われていました。

Img_0633

2種類のバスがあることを説明している案内図がありました。

Img_0632

左側の説明が、国際線ターミナルまで行くバス

中央の説明が、国際線ターミナル間のバス

右の説明が、国際線ターミナル間は歩いても行けるというもの

この2種類の無料シャトルバスで、すべてのターミナルを見学したり、ごはんを食べたりしてはいかがですか?

(追記)

 TwitterのFollowerさんからの情報です。

 無料シャトルバスの種類は、

 ・国内線ターミナル間の無料シャトルは基本的には白いバス

 ・国際線ターミナルにも行く無料シャトルは、薄緑色のバスと京急の路線バス

 ということです。

ありがとうございました。

« IMF・世界銀行総会スタッフ業務を終えて | トップページ | 英検の試験問題が公開されました。 »

通訳ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港ターミナル間無料シャトルバス利用の注意点:

« IMF・世界銀行総会スタッフ業務を終えて | トップページ | 英検の試験問題が公開されました。 »