Oxford

RNN

英検

Follow me

« 「ゴガクル」のスマートフォンサイトがオープン | トップページ | 今週の予定 »

2012年7月 3日 (火)

スマートフォン時代の音声通話について考えた

今日は、スマートフォン時代の音声通話について考えてみたいと思います。

スマートフォン時代になり、必ずしも、電話番号に電話をかける必要がなくなっているのではないでしょうか?

LineやOn Sayなどのアプリを使えば、知り合い、友人、家族とは音声通話にて連絡が取れます。

こういう風に、必ずしも電話番号にかける電話の必要性が低くなっていると感じています。

特に、私の場合、電話で電話番号にかける機会が少なく、ほとんどかけないのです。

しかし、少ないとは言え、やはりいざという時のために電話番号にかけることのできる電話を所持しておきたいものです。

しかし、毎月維持費のかかる音声通話の契約はしたくありません。

そこで、私は、なんと維持費がゼロ円の音声通話契約をしています。

では、私が契約している維持費ゼロ円についてお話をします。

1.ジャパンSIMカード(Hanacell)

元々の用途は、外国在住の日本人が一時帰国のために使うものとして販売されています。

購入時は、SIMカード代と送料が$25(約2,000円)かかるだけです。

回線はSoftBankになります。

電話をしない限り、無料で所持することができます。

ただし、電話をすると通話料は若干高くなります。

0063通話で$0.85/分(約70円/分)となります。

2.Fusion IP-Phone SMART

維持費ゼロ円で、050から始まる電話番号を持つことが出来ます。

通話するには、専用アプリをダウンロードする必要があります。

なーんと、契約時には費用が発生しないのです。

これも電話をしない限り、無料で所持することができます。

通話料金は、8.4円/30秒(16.8円/分)となります。

ジャパンSIMカードで通話するより安上がりとなります。

したがって、この2つの電話番号の使い方としては、

受信はジャパンSIMカード

発信はFusion IP-Phone SMART

がいいのではと思います。

やはり、受信は大きなベルが鳴る従来の携帯電話じゃないとかかったかどうかわからないからです。

« 「ゴガクル」のスマートフォンサイトがオープン | トップページ | 今週の予定 »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

iPhone4(au)を購入してから、きんちゃんの今回のネタも理解が可能になりました(汗)。
もう近い将来、電話番号の回線は不要になると思います。
NTTは危うくなるのじゃないかな??
電電公社だった時代なんてあったのか、と思われるほどです。
娘は私より半年ほど早くsbのiPhoneに替えました。
彼女から驚く技を教えてもらったのは・・・・。
同じ携帯会社のiPhone同士を軽くぶつけると・・・・。
なんとそれだけで相手のメアドが登録されるというもの。
まだやったことがないのだけど、従来の赤外線での機能がないため
こんなテクノロジーがついているのだそうです。
うぅぅぅ~、全部使いこなせないかもしれないほど、すごい装置ですよねぇ。

シルフさん、こんばんは。

電話番号の必要性は少なくなると思いますが、おそらく完全になくならないでしょう。
個人-個人では、電話番号はなくなるかも
個人-団体、会社などは、電話番号はなくならないかも
団体や会社もLineなどのインターネット回線を使った問い合わせややりとりをすれば電話番号の必要性もなくなると思います。

さて、「同じ携帯会社のiPhone同士を軽くぶつけると・・・・。
なんとそれだけで相手のメアドが登録されるというもの。」
って、どういうアプリですか?
ちょっと後で探してみます。
LINEには、友達追加では、"Shake it!"という機能でお互いのスマートフォンを近くで振ると友達に登録できます。

シルフさん

調べました。
Bumpというアプリのようです。
名前通り、軽くぶつける見たいですね。
http://spgirl.jp/iphone/2012011921-bump_i
ちょっとインストールしてみようかな。

はじめまして
SmartTalkで調べていたら、たどり着きました
Hanatellの情報が大変助かりました

ベトさん、初めまして。

お役に立ててうれしいです。
今後とも、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/55113951

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン時代の音声通話について考えた:

« 「ゴガクル」のスマートフォンサイトがオープン | トップページ | 今週の予定 »