Oxford

RNN

英検

Follow me

« インタースクールのサンプルレッスン(技術翻訳コース)に行ってきました。 | トップページ | 関わりのある業界 »

2012年3月26日 (月)

最近のMNP合戦に思うもの

最近の携帯電話会社により、MNP(Mobile Number Portability)合戦はかなり白熱しております。

そこで、今日は、最近のMNP合戦に思うものをお話したいと思います。

このMNP合戦をしているのが、NTT DOCOMOとAU by KDDIです。

私も、このMNP合戦による優遇を受けて、先月、iPhone4にNTT DOCOMOのSIMを入れました。

しかし、この状況はちょっと行き過ぎではないかと考えるようになりました。

NTT DOCOMOへ転入の場合>

・月々サポート増額:\2,100/月(2012年5月31日まで延長

・端末購入価格:お店によっては、割引あり(例えば、ビックカメラでは、\21,000引き)

機種によっては、一括0円もある

<AU by KDDIへ転入の場合>

・毎月割:\2,140(iPhone4Sの場合)

・端末購入価格:一括0円(iPhone4S 16GB)がある

3万円~7万円くらいのキャッシュバックがある

 

このような状況で、b-mobileの日本通信もこのMNP合戦の被害が出ているようです。

http://www.j-com.co.jp/news/release/1151.html

違約金のかからないプランを購入した直後、MNPを使って、他社(NTT DOCOMOまたは、AU)に転出するケースが多いということです。

NTT DOCOMOやAU by KDDIでの費用を見ると、新規契約するよりも、MNPで契約する方がお得ですよね。

これだけ費用を安くしても、携帯電話会社は儲かっているのだとすると、契約者全員に、月額費用を還元して、毎月の支払いを安くしてもらいたいと思います。

もうしばらくは、このMNP合戦は続くでしょう。

« インタースクールのサンプルレッスン(技術翻訳コース)に行ってきました。 | トップページ | 関わりのある業界 »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のMNP合戦に思うもの:

« インタースクールのサンプルレッスン(技術翻訳コース)に行ってきました。 | トップページ | 関わりのある業界 »