Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

明日から3月です。

早いもので明日から3月です。

ちなみに、今日は、2月29日でうるう日です。

ということは、今年はオリンピックの年ですね。

今年のオリンピックはどこで開催かな?と考えていたら、ロンドンだと気づいた。

そろそろ春めいてきてもいいようだが、まだまだ寒い日が続きそうだ。

今年の日本は寒い。ヨーロッパも同様に寒いらしい。

アメリカは、逆にあたたかい冬になっている模様。

ところで、今日の朝、翻訳学校の無料体験レッスンを申し込みました。

あとは、CELの英検1級模擬試験コースの費用を振り込まないといけません。

英検1級模擬試験コースは、今週末からスタートです。

2012年2月28日 (火)

今年のゴールデンウイークもあと2ヶ月となりました。

今年のゴールデンウイークもあと2ヶ月となりました。

そこで、今年のゴールデンウイークの予定を立てました。

今年も、南のお国、シンガポールに行きます。

先ほど航空券を予約しました。

マイルがたまったので、今回は、無料で飛行機に乗ります。しかし、完全に無料ではなく、諸費が5,000円未満ほどかかります。

日程は、

4月28日(土) NRT→SIN DL621

5月5日(土)  SIN→NRT DL622

行きはエコノミー席で、帰りは、ビジネス席です。

今日は、とりあえず航空券のみ手配をしました。

後は、ホテルを手配すれば完了です。

今回のシンガポール渡航のテーマは、"Singapore In Depth"。

詳しいことは後日、記事にしたいと考えています。

2012年2月27日 (月)

もう数日で2月も終わりです。

もう数日で2月も終わりです。いよいよ3月になり、春もそこまで来ているような気がします。

3月になれば、6月の英検に向けてエンジンをかけなければなりません。

あ、まだ、CELに英検1級模擬試験コースの申し込みをしていなかった。

今日、明日中にはせねば。

あとは、翻訳学校の無料体験レッスンも申し込まないと。

2012年2月26日 (日)

NTT DOCOMOの月々サポートのススメ

以前、「b-mobileのススメ」という記事を書いたことがありますが、今月2月から状況ががらりと変わっています。

NTT DOCOMOの月々サポートが、増額中なのです。

したがって、これをうまく利用すると、b-mobileには申し訳ないですが、b-mobile Fair 1GB 120日間よりも月額費用が安くなるのです。

ただし、これには条件があります。

1.MNPで他社からの乗り換え

2.月々サポート対象機種の購入

この2つの条件で、月々サポートが最大50,400円増額なのです。

ただし、この月々サポート額は購入の機種により変わります。

このキャンペーンを利用し、昨日、AU→DOCOMOに切り替えました。

今日は、「NTT DOCOMOの月々サポートのススメ」についてお話をします。

結論として、本家DOCOMOのSIMをSIMフリーiPhone4にて運用を始めました。

<購入した機種>

・Galaxy Tab 7.0 Plus

3

<購入したお店と金額>

・ビックカメラ ラゾーナ川崎店

・金額:19,925円(破格の価格でした)

  そもそも10,000円引きの上、さらに、MNPで乗り換えの場合、21,000円引きで割り引き総額が、31,000円でした。(今週末だけ)

ただし、細かい条件があり、許容範囲でした。

<契約したプラン>


「定額データプラン フラットバリュー」の「定額データ スタンダード割2」


<毎月の支払い金額>


 上記のプラン基本料金:5,460円

 moperaU         : 525円(iPhoneで運用する場合、moperaUが必須)

 月々サポート額     :-3,990円(Galaxy Tab 7.0 Plusの場合の金額で機種により異なる)

 Eビリング        :-105円

 ユニバーサルサービス料 : 5円

-----------------
 合計                        :1,895円

b-mobile Fair 1GB 120日間よりも安くなります。

<標準SIM→microSIM>

Galaxy Tab 7.0 Plusの標準SIMをドコモショップでmicroSIM(ドコモショップではminiSIMと言っていた)に変更。

SIMを入れる端末の提示は要求されませんでした。

待ち時間は40分くらいでしたが、処理は、ほんの5分程度で終わりました。

<DOCOMOのmicroSIMが入ったSIMフリーiPhone4>

1

<その他気づいたこと>

契約したのは、データ通信だが、SMSが使える。ただし、定額対象外で送信一通当たり、3.15円。

http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/foma/bill_plan/flat_value/notice/

http://www.nttdocomo.co.jp/service/communication/sms/charge/index.html

 SMSに使う電話番号は、MNPしたときの電話番号です。

 密かに電話番号が生きているような感じで、面白いです。

 これに気づいたのは、Lineというアプリでの初期設定で、この電話番号で登録したら、SMSで入力するコードをSMSで受信したからです。

 これは、b-mobile Fair 1GB 120日間では、使えない機能です。

<問題>

b-mobile Fair 1GB 120日間が2ヶ月ほど余りました。

この2年間は、DOCOMO+iPhoneで運用します。

どうでしょうか?

今日は以上です。

2012年2月25日 (土)

パソコンで使っている辞書について

今日は、パソコンで使っている辞書についてお話をしてみたいと思います。

まず、使っているソフトは、Logophileといって、翻訳者さんの多くが使われているソフトです。

このソフトで扱うことのできるデータは、EPWINGというフォーマットに準拠している必要があります。

現在、私が保有している辞書は、こちらです。

Logophile_2

1.Cobuild Engglish Dictionary:以前から持っていた辞書

2.EDICT2:フリー

3.ライフサイエンス辞書:フリー

4.MOBY THESAURUS:フリー

5.広辞苑第五版:富士通のPCに付属の辞書

6.研究社 新英和・和英辞典:富士通のPCに付属の辞書

7.現代用語の基礎知識2000年版:富士通のPCに付属の辞書

8.漢字源:富士通のPCに付属の辞書

9.ビジネス技術実用英語大辞典第4版

10.用例ファイル:ビジネス技術実用英語大辞典第4版に付属

11.序文・凡例:ビジネス技術実用英語大辞典第4版に付属

12.Word Factbook:フリー

13.WordNet 2.0:フリー

14.研究社新編英和活用大辞典

15.研究社:新英和大辞典 第6版

16.研究社:新和英大辞典 第5版

5~8は、オークションで富士通のPCに付属の辞書を入手、広辞苑が安く手に入ります。

9~11も、オークションで入手

9のビジネス技術実用英語大辞典は、今では第5版が発売されています。

14~16もオークションで入手

このほかに、英辞郎を使っています。

今では、英検1級の語彙を調べる際に使っています。

プロの翻訳者さんに比べたら少ないと思いますが、これからも徐々に充実させていきたいと思います。

2012年2月24日 (金)

翻訳学校の無料体験レッスンを受けることを考えてみます。

今日は、翻訳学校の無料体験レッスンを受けることを考えてみます。

今、考えている翻訳学校は、この3校で、それぞれの出席できそうな無料体験レッスンの日程を書いてみます。

1.ISS 東京校

  総合翻訳科・基礎科2:4月3日(火) 19:00-20:20

2.インタースクール 東京校

  産業・ビジネス翻訳コース:3月31日(土) 15:00-16:45

  技術翻訳コース:3月25日(日) 10:30-12:15

3.フェローアカデミー

  学校説明会:3月4日(日) 15:15-16:45

  実務翻訳コース:3月15日(木) 19:30-20:30

実際、どうしようかとこれから悩みます。

2012年2月23日 (木)

ブログアクセス件数について考えてみます。

今日は、ブログのネタがございません。

ついに尽きたか?

去年、Twitterを始めたのと同時に、ブログ更新もTwitterに流すように設定をしました。

それ以来、ブログアクセス件数が増えたような気がしています。

そこで、今日は、ブログアクセス件数について考えてみます。

ブログアクセス件数が多いのは、大体この4つの時期です。

1.英検1級受験後

2.英検1級合格発表後

3.通訳案内士試験後

4.通訳案内士試験合格発表後

しかし、その他の時期でも、若干多くなっている感じがします。

ちゃんとアクセス解析を見ればいいのですが。

2012年2月22日 (水)

4月以降の予定について考えてみた

そろそろ4月以降のことを考えなくてはと思っています。

今日は、4月以降の予定について考えてみたいと思います。

とりあえず、3月からの予定を書いていきます。

1.3月3日 CELの英検1級模擬試験コース開始

2.4月 NHK語学講座 新講座開始

     入門ビジネス英語と実践ビジネス英語を予定

3.4月 ISSの翻訳コースか、Inter schoolの技術翻訳コースを受講しようかと考え中

     CELとの掛け持ちは可能か?

     各翻訳コースの宿題の分量はどれだけか

3.4月下旬~5月初旬 ゴールデンウイーク

    再び、シンガポール渡航の予定。

    今回は、シンガポールから日帰りでマレーシアにも。

2012年2月21日 (火)

1月になってから、物欲が弱っています。

1月になってから、物欲が弱っています。

というのは、魅力的な商品が出ていないからです。

しかし、欲しいのはある。

Nokia Lumia800かNokia Lumia900

Nokia Lumia800は、今持っているHTC Radarと同じOS(Windows Phone 7.5)なので、買ってもどうしようもない。

Nokia Lumia900は、LTE対応で画面も大きく魅力であるが、ちょっと値段が高い。3月発売予定で、価格は5万円くらいです。

あとは、LogoVistaの「ロイヤル英文法改訂新版」くらいかな。

でも、市販の英文法書でこれは、いいというのがないが、ちゃんとした文法書は持っていた方がよいかと考えています。

このままでは、1月-3月期の物欲総まとめで報告するのがありません。

2012年2月20日 (月)

「スティーブ・ジョブズ翻訳の裏側」の講演からの翻訳情報

先日の土曜日の「スティーブ・ジョブズ翻訳の裏側」の講演を聴講しましたが、そこで、入手した翻訳情報をちょっと書いてみたいと思います。

1.出版翻訳

契約方法:2つの方法がある

   ・出版社が版権を取った後、翻訳者に依頼

     スティーブ・ジョブズの場合は、出版社が講談社

   ・翻訳者が「この本いいよ」といって出版社に持ちかける。その後、持ちかけた翻訳者に依頼する場合もあるが、異なる翻訳者に依頼することがある。

印税率:良くて、7%、普通は、6~5%、場合によっては、3%の場合もある

2.翻訳スピード

  出版翻訳:300words/h

  産業翻訳:500words/h

  うーん、英検1級の読解問題では、150words/minのスピードが要求されるが、それを翻訳しようとすると18倍から30倍の時間がかかるということだ。

2012年2月19日 (日)

日本橋七福神めぐり

先週の月曜日に、用事があり日本橋まで行きました。

そのついでに、日本橋七福神めぐりをしましたので、日本橋七福神の紹介をしてみたいます。

まずは、日本橋からスタートです。

Wp_000159

1.寶田恵比寿神社(たからだえびすじんじゃ)

Wp_000147

2.椙森神社(すぎのもりじんじゃ)

Wp_000148

3.末廣神社(すひろじんじゃ)

Wp_000149

4.笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

Wp_000151

5.松島神社(まつしまじんじゃ)

 なーんと、神社がビルの中に入り込んできます。

 これも、ちゃんとした神社らしいです。

Wp_000152

6.水天宮(すいてんぐう)

 有名な神社です。地下鉄の駅名にもなっています。

Wp_000153

7.茶の木神社(ちゃのきじんじゃ)

Wp_000154

8.小網神社(こあみじんじゃ)

Wp_000157

最後に、日本橋七福神のおさらいです。

Wp_000150

この日本橋七福神の説明は、英語でできるようにしておきたいものです。

2012年2月18日 (土)

「スティーブ・ジョブズ翻訳の裏側」の講演を聴講しました。

今日は、JAT(Japan Association of Translators)主催の「スティーブ・ジョブズ翻訳の裏側」の講演を聴講しました。

この講演を知ったきっかけは、Twitterで、Terryさんという方と知り合いになったことです。

Twitterをきっかけに、Ustreamでの社内翻訳の放送に何度か参加しました。

その中でこの講演とJATの存在を知りました。

ちょっと、翻訳の世界を覗こうと思い、今日の聴講に出席することになりました。

その感想と、通訳ガイドの行事(GICSSの行事)との比較などをしてみたいと思います。

<感想>

・世界同時発売という背景により非常に短納期でやり遂げたということで非常に驚きでした

  (英日は、はやり、西洋の言語同士の翻訳より苛酷で時間のかかる作業である)

・翻訳作業中の写真を見せていただいたのは新鮮である

  (ディスプレイを3つ使い、キーボード、マウスまで効率化を目指しているのは参考になった)

<通訳ガイドの行事との相違点>

・外国人が多くて驚いた(日本語は流暢なようだった)

・講演の進行は、英語

・当然、知り合いはほぼゼロ

<通訳ガイドの行事との共通点>

・やはり、女性が多い。しかも、みなさんお美しい

・みなさん、男女とも見た目よりお若い

<翻訳者として重要だと思ったこと>

・読者層を意識する重要性

・英語力はあった方が効率化とスピードに繋がる

この2つは、先日のISS「はじめての翻訳訓練」で教わったことです。



2012年2月17日 (金)

通訳案内士のあり方に関する検討会

観光庁では、「通訳案内士のあり方に関する検討会」が行われていました。

今回、その最終報告書がまとっまたようです。

通訳ガイドの方はもちろんのこと、これから通訳ガイドを目指される方も一度は目を通して置くと良いと思います。

詳細は、こちらです。→ http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/tsuyaku.html

2012年2月16日 (木)

JNTO(日本政府観光局)に行ってみました。

先日、有楽町、銀座に行ったところ、偶然にも、交通会館という表示を見て、ぴーんときました。

そうです。交通会館の10階には、JNTO(日本政府観光局)があるのです。

いやー、通訳案内士試験の時は、お世話になりました。

さらに、偶然にも、2011年度の通訳案内士試験合格発表直後だったので、合格発表が張り出されているはずだと思いました。

そこで、エレベータで交通会館の10階に行って見ました。

エレベータを降りてすぐの所にありました、合格発表の掲示です。

Wp_000165

意外と質素でした。

JNTOのオフィスは、一般人が入っていけるような雰囲気でなかったので、10階をちょっと探索だけしました。

改めて、今年合格された方へ、おめでとうございます。

2012年2月15日 (水)

最近、気になること

最近、気になることがあります。

それは、AUの携帯電話をどうするかということです。

以前、これからの音声通話はジャパンSIMカードで運用することを言いました。

では、AUは、どうしようか?と思っていたときに、NTT DOCOMOから月々サポートが2年間で50,400円も増量すると言うニュースが飛び込んできました。

ちょっと計算すると、データ通信で月に2000円以下で運用可能だとわかりました。

この2000円以下というのが、大きな意味を持っています。

b-mobile Fair 1GB 120日間では、月に2088円で運用できますが、それよりも安く運用できるのです。

条件は、2年間途中解約せず、2年後は、プランを変える必要があるということです。

現在狙っている機種は、

P-07CかSC-02C(Galaxy Ⅱ)で一括0円狙いです。

データ通信で、P-07Cは、1685円/月で、SC-02Cは、2000円/月で運用できるのです。

私がやろうとしているのは、これらの端末を購入する際のSIMをドコモショップにてmicroSIMに変えてもらって、それをiPhone4(SIMフリー)で運用するのです。

実際、いろいろなお店を回ってみると、なかなか一括0円というのは難しいです。

実質0円では、このキャンペーンを最大限利用することにはなりません。

毎月の費用も2000円以下にはなりません。

NTT DOCOMOのこのキャンペーンは、3月末までなので、じっくりと行きたいと考えています。

これが実現できない場合は、おとなしく、b-mobileで運用する予定です。

その場合は、AUの回線をどうするかが問題となります。

2012年2月14日 (火)

2012年度のNHK語学講座

先週、2012年度のNHK語学講座番組の発表がありました。

今日は、私が聞いてみたいNHK語学番組についてお話をしてみたいと思います。

英語

・入門ビジネス英語

  半年ぶりに、関屋英里子さんが講師として戻って来ます。今度は、どのような番組になるのか楽しみです。引き続き聞いてみたいです。

・実践ビジネス英語

  やはり、英語上級者は、この実践ビジネス英語になるのでしょうか。再び、受講を考えています。

・トラッドジャパン

  2012年度は、今年度の再放送になります。

  再来年度は、再び新作になると期待されます。

英語以外

・まいにちスペイン語

  今度は、新作の番組となるようです。

  私は、今、聞いている「まいにちスペイン語」を復習しようと考えていますので、見送りです。

・EURO24

  フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語は一度に学習できる番組です。

そろそろ来年度のNHK語学番組を考える時期になりました。

2012年2月13日 (月)

通訳案内士 登録証申請について

通訳案内士の新人研修を申し込んだら、次にすることは、登録証の申請です。

しかし、これには、合格証書が必要です。

この合格証書は、おそらく2月下旬頃に届くと思います。

今年の合格発表はちょっと遅かったので、3月に入ってからかもしれません。

合格証書が来て慌てなくてもいいように、今から準備をしましょう。

ということで、今日は、登録証の申請についてお話をしたいと思います。

通訳ガイドの仕事をする際には、登録証を携帯しなければなりません。

通訳ガイドとして活躍をしようとしている方は、必ず、登録証を申請しましょう。

登録証の申請は、お住まいの各都道府県庁の観光・旅行関連部門の窓口に出向いて申請書類一式を提出します。

東京都では、産業労働局観光部振興課旅行業係、神奈川県では、商工労働局産業部観光課という所です。

普段行かないような場所なので、ドキドキしながら行くと思います。

主な都道府県の申請についての詳細は以下です。

1.東京都:産業労働局観光部振興課旅行業係

2.神奈川県:商工労働局産業部観光課

3.千葉県:商工労働部観光課観光プロモーション室

4.埼玉県:産業労働部観光課

5.茨城県:商工労働部観光物産課

6.愛知県:産業労働部観光コンベンション課

7.大阪府:府民文化部都市魅力創造局 国際交流・観光課 観光振興グループ

8.京都府:商工労働観光部観光課

9.兵庫県:産業労働部観光交流課国際観光係

10.福岡県:商工部国際経済観光課

11.山口県:地域振興部観光交流課

その他の道県については、各自で調べましょう。

共通して主に必要なのが、各都道府県の収入印紙、合格詔書、申請書、それに、健康診断書です。

この健康診断書の入手が一番難しいです。

健康診断書は、

・かかりつけの病院や診療所

・知り合いの医師

・自宅近くの病院や診療所

・通学や通信受講していた学校に相談

などで早めに入手されることをお勧めします。

2012年2月12日 (日)

通訳案内士 新人研修ニュース

昨日、まず、通訳ガイド団体の新人研修に参加しましょうと書きました。

今日は、その詳細について調べました。

1.JGA(社団法人 日本観光通訳協会)

  ・関東エリア:2/25(土)~2/27(月)

  ・関西エリア::3/2(金)~3/4(日)

   関西エリアの説明会は、2/11(土)に終了しています。

   関西エリアの説明会は予定されていません。

2.JFG(共同組合 全日本通訳案内士連盟)

  ・東日本地区:3/3(土)、3/4(日)、3/10(土)~3/12(月)

  ・西日本地区:2/25(土)~2/27(月)

  説明会の開催は不明です。

3.GICSS研究会(NPO法人 通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会)

  ・東京

    本コース:3/7(水)~3/11(日)

    土日コース:
3/3(土)、3/4(日)、3/10(土)、3/11(日)

  ・大阪:
5/3(水)~5/6(日)(ゴールデンウイーク中の開催)

   東京の説明会は、
2/11(土)に終了しています。

   大阪の説明会は、2/12(日)に終了しています。

4.日本文化体験交流塾

  ・関東地区のみの開催

    4/6(金)~4/8(日)、4/14(土)、4/15(日)

  説明会

   2/11(土) 13:30~15:00 -----終了

   2/14(火) 9:30~11:00

   3/9(金) 19:00~21:00

ほとんどの説明会は、終了してしまいましたので、説明会に出席できなかった方は、各自、問い合わせてましょう。

2012年2月11日 (土)

通訳案内士試験合格後にすること

今日は、通訳案内士試験合格後にすることについてお話をしたいと思います。

1.通訳ガイド団体の新人研修説明会出席

  昨日の合格発表を受けて、各通訳ガイド団体では、今年度の新人研修の説明会が行われます。

  主な、通訳ガイド団体は、

  ・JGA(社団法人 日本観光通訳協会)

  ・JFG(協同組合 全日本通訳案内士連盟)

  ・GISCC研究会(NPO法人 通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会)

  ・NPO日本文化体験交流塾

  できるだけ多くの説明会に出席し、自分に合う内容や日程で参加できる研修を検討しましょう。

2.通訳ガイド団体の新人研修申し込み

  今後、ガイドの仕事をしようと考えている方はもちろんのこと、そうでない方も是非、新人研修は受けておきましょう。

  同期合格の方々と、お知り合いになって情報交換しましょう。

3.各都道府県庁へ登録証申請

  合格証書が2月下旬ころに届くと思います。

  その後、各都道府県に登録証の申請をしましょう。

  今後、ガイドとして仕事される方は、必須です。

  そうでない方も、できるだけ申請しましょう。

  私は、ガイドの仕事をしていなくても登録証だけは持っています。

4.名刺作成

  登録証が手には入ったら、次は、名刺作りです。

  登録番号を明記した名刺を作りましょう。

  今では、インターネットなどで気軽に名刺が作れますね。

2012年2月10日 (金)

今日は、通訳案内士試験の最終合格発表の日でした。

今日は、一年のうちで一番、緊張する日でした。

そう、今日は、通訳案内士試験の最終合格発表の日でした。

今年度の結果は、

受験言語が英語の場合、合格者数:467名で合格率:14.6%だったそうです。

その他の言語および、詳細についてはこちらをご覧下さい。

  → http://www.jnto.go.jp/jpn/press_releases/120210_shiken_goukaku_h23.pdf

依然として、厳しい合格率です。

合格された方は、本当におめでとうございます。

また、ブログ仲間の中には英検1級免除で合格された方もいらっしゃいます。

恐るべし、英検1級免除者と感じました。

これで、私が合格してからちょうど3年が経ちました。

依然として、英検1級を目指しています。

まだまだ、道のりは遠いです。

2012年2月 9日 (木)

エッセイは、16点でした。

今日、英検1級の成績表が届きました。

軽く点数を確認したところ、エッセイは、16点でした。

まあ、こんなもんかなと思っています。

エッセイだけじは水物です。

英検1級受験者の方は、そこのところに注意です。

語彙、読解、リスニングを重点的に対策しましょう。

2012年2月 8日 (水)

通訳ガイド必見 外国人観光客にお勧めできるSIM Card(総集編)

数日前の「通訳ガイド必見 外国人観光客にお勧めできるSIM Card(続編)」の後、Hanacellに、ジャパンSIMカードについて、問い合わせをしたところ、回答を得ました。

ジャパンSIMカードは、国籍関係なくどなたでも購入できます。ただし、SIMカードの配送先は、アメリカ、イギリス、日本の3カ国のみです。

HanacellのWeb siteは、日本語ですが、電話では英語による応対が可能です。

ということで、いままでのを総まとめすると、以下のようになります。

<データ通信のみ>

  b-mobile Fair 1GB定額 \3,163(アマゾン価格)

<音声通話のみ>

  Hanacell ジャパンSIMカード $25

  SoftBank海外レンタル \105/日+発信した実費

  HanacellのジャパンSIMカードは、$25の費用がかかるので、音声通話のみの場合は、SoftBank海外レンタルの方が、よろしいかと思います。

<音声通話+データ通信>

  SoftBank海外レンタル \105/日+\1,050/日(iPhoneの場合)

以上です。

通訳ガイドのみなさん、ご参考になれば幸いです。

2012年2月 7日 (火)

G-call050の考察

以前、G-call050について、ちょこっと書いたことがあります。

今日は、このG-call050の考察をしてみたいと思います。

まず、G-call050は、何?というお話からします。

G-call050は050 Plusと同じ、インターネット回線もしくは3G回線を使った電話アプリケーションソフトのことです。

Gcall

          (G-call050の待ち受け画面)

しかも、050から始まる電話番号ももらえます。

このG-call050は、毎月の基本料や電話料金が050 Plusよりも安いです。

G-call050を使った感想ですが、

1.受信用にはあまり適していないような

2.発信専用にした方がよいかな

の2つです。

その理由は、

1.G-call050の電話アプリケーションソフトをずーっと起動させてなかればならないこと。

  常に、インターネット回線もしくは、3G回線に接続していなければならない

2.外出時に、3G回線の接続エラーが1回でも起こると、エラーとなり機能しない

3.iPhone用のアプリケーションソフトの場合、着信がわかりづらい

ということで、結論は、

「発信専用として最適」

毎月の電話が多い方は、持っておいて損ではないと思います。

そうでない方は、月額基本料の294円をどう考えるかです。

今月で月額基本料無料が終わりますので、20日までに解約の電話をすることにしました。

AUの携帯電話も1ヶ月以内に解約の覚悟をしました。

今後の通話用は、ジャパンSIMカード1本で行きます。

Img00042

(ジャパンSIMカードが入ったMotorolaの携帯電話)

メインは、データ通信に移行します。

2012年2月 6日 (月)

通訳ガイド必見 外国人観光客にお勧めできるSIM Card(続編)

昨日の記事を書いた後、SoftBankにTwitterでプリモバイルに関して、問い合わせをしました。

今日は、その問い合わせの結果についてお話をしたいと思います。

結論から言うと、外国人観光客は、プリモバイルを契約することはできません。

ただし、在日外国人は、契約できます。→ 参考URL

また、SIMカードのみの購入は可能で、手数料は無料とのことでした。

しかし、Softbankでは、海外レンタルというのをやっていて、そのシステムを使うことにより、日本への外国人観光客も使うことが出来ます。

詳細はこちら → http://www.softbank-rental.jp/

iPhoneの場合、SIMレンタル代が\105/日でデータ通信料が最大\1,500円/日となります。

別途、事務手数料が315円必要で、データ通信以外の通信料も別料金となります。

iPhone以外の場合、データ通信料が割高になります。

ちょっと高いと思いますが、現在のところ、こんな状況が、さすがSoftBankと思いました。

ここで、いままでのことをまとめます。

<データ通信のみの場合>

  b-mobile Fair 1GB定額 \3,163円

<音声通話+データ通信の場合>

  SoftBank海外レンタル 

  iPhoneで使用の場合、SIMレンタル代:\105/日 通信料:最大\1,500円/日

  別途、事務手数料:315円、データ通信以外の使用料は別料金

また、新たな発見がありましたら、記事にしたいと考えています。

2012年2月 5日 (日)

通訳ガイド必見 外国人にお勧めできる音声通話用SIM Cardを考える

去年の9月に、「通訳ガイド必見 外国人にお勧めできるPrepaid SIM Cardを考える」でデータ通信として、外国人観光客にお勧めできるPrepaid SIM Cardについて考えていました。

そこでは、「b-mobile Fair 1GB」がお勧めできるPrepaid SIM Cardとしました。

状況は、現在でも変わっていません。

今日は、音声用として外国人観光客にお勧めできる音声通話用SIM Cardについて考えてみました。

結論として、お勧めできるSIMカードは以下の2つです。

1.HanacellのジャパンSIMカード

  アメリカ、イギリス、日本にお住みの日本人が購入できます。

  しかし、アメリカ人やイギリス人も購入できるかは不明です。(後日、確認します)

  実際、先週、私も購入して、今後の音声通話はこれでいいと考えています。

  通信料金は、使った分だけ支払うことになっています。

  SIMは、SoftbankのSIMになります。

2.Softbankのプリモバイル

  こちらの情報(http://www.prepaidfan.com/primobile.html)によると、SoftbankのプリモバイルのSIMのみ購入することができそうです。

  ただし、お持ちの携帯電話がW-CDMA(HSDPA、UMTS)の2,100MHzに対応していることが必要です。

  詳細は、Softbankの販売店にて確認したほうがよいでしょう。

  このあたりに関しても後日、確認したいと思います。

  プリモバイルのSIMのみ購入できたとして、通信料金は、3,000円で60日間、発着信ができます。

  この60日間が過ぎてから、360日間は受信のみできます。

  1年に1回でも来日される外国人観光客は持っていても損ではないと思います。

  でも、初期に3,000円は少々お高いですね。

どちらにせよ、SoftbankのSIMを入手できる可能性が高いです。

成田空港などの国際空港で、外国人が気軽(パスポート提示のみで)に購入できるSIMを販売していただきたいものです。

さらに、音声通話とデータ通信の両方が使えるSIMがあれば完璧ですが。

今後、b-mobile(日本通信)、Softbankに期待したいものです。

2012年2月 4日 (土)

今後の予定

昨日、英検の成績発表がありましたので、今後の予定を考えてみたいと思います。

CELの英検1級コースが始まるのが3月の最初あたりなので、あと1ヶ月ほどあります。

十分にゆっくりする時間がありますので、じっくり勉強したいところです。

週末を利用して、どこかにも行きたいとも考えています。

英語の勉強以外に、この1ヶ月の間にしたいことを書いてみます。

1.読書(日本語の本)

2.週末旅行

このくらいかな?

あとは、気になるイベントとしては、

1.出版翻訳:スティーブ・ジョブズ翻訳の裏側

2.40代から語学のプロをめざすには?

40代から語学のプロをめざすには?は、申し込みを済ませました。

2012年2月 3日 (金)

英検1級の点数を確認しました。

今日は、先日行われた英検の合格発表でした。

先ほど、英検1級の点数を確認しました。

総合得点は、60点で、不合格Bに転落しました。

エッセイ抜きでの自己採点は44点でしたので、逆算して、エッセイは16点と予想できます。

うーん、もう2点は欲しいところです。

英検1級のエッセイは、水物です。

今後の課題は、引き続き

・長文読解

・リスニング

の2点です。

リスニングはディクテーションを再開しましたが、以前よりだいぶ、聞き取れている感じです。

2012年2月 2日 (木)

私の携帯電話とスマートフォン事情

英検1級があって以来、英語ネタばっかりで、ちょっと飽きてきた感じがします。

今日は、じゃじゃーん。

ディジタル機器ネタで行きたいと思います。

「私の携帯電話とスマートフォン事情」についてお話をしたいと思います。

現在、携帯電話は、AUのプランSSシンプルで980円/月の所をWeb de 請求書を使用しているため、967円/月で運用しています。

しかしながら、この携帯電話は、ほとんど使っていません。毎月、満額の5250円分の料金が貯まっています。

このあたりがもったいないと感じ始めました。

スマートフォンは、iPhone4(SIMフリー)、HTC Radar(SIMフリ-)およびOptimus bright(ドコモロック)を持っており、SIMは、b-mobile Fair 120日1GBを使っています。

これからは、音声通話よりもデータ通信を主流にしたいと考え始めました。

そこで、今後を以下のように変更しようと予定しています。

1.音声通話

  ・HancellのジャパンSIMカード

  HanacellのジャパンSIMカードを購入しました。

  このSIMでは、Softbankの回線を使用します。

  使った分だけ通信料を払う仕組みですので、ほとんど電話しないので、維持費が最も安くなります。

  電話をかけない場合は、無料となります。

  ただし、これでデータ通信をすると高額な請求となるので、データ通信では使いません。

  このSIMは、HTC Radarに入れて運用しようかと考えています。

 ・G-call050

  もう一つの音声通話で、G-call050を使おうと考えています。

  現在、無料の2ヶ月目で試用中です。

  HanacellのジャパンSIMカードは、Softbankの回線を使うので、Softbankの回線が使えない場合は、このG-cal050で通話ができます。(下のデータ通信を参照)

  その逆も考えられます。

  さらに、b-mobile Fairの残通信使用量が無くなったときは、ジャパンSIMカードで通話ができます。(G-call050は、無線LANか3Gデータ回線を使用)

  NTT DOCOMOの回線とSoftbankの回線があれば完璧でしょう。

・データ通信

  iPhone4+b-mobile Fair 120日1GBを中心として運用予定。

  その他に、Optimus bright+b-mobile Fairの組み合わせも可能です。

  当然、iPhone4とOptimus brightには、通話用としてG-call050のアプリをインストールしています。

・AUの携帯電話の行方

  AUの携帯電話は、どうなるのかと言いますと、それは、「解約」です。

  2年毎契約(最初の2年は越えている)なので、来年の6月まで解約かMNPすると違約金9975円を払う必要があります。

  あと、1年以上もあるので、違約金を払ってでも安くなります。

  簡単に違約金を払うのはいやなので、ちょっとゴネて見ようと思います。

・毎月の通信費はどうなる?

  では、毎月の通信費はどうなるのかと言いますと、b-mobile Fair 120日1GBとG-call050の費用のみとなります。

  8350円/4ヶ月+294円=2381.5円

  となり、毎月、2382円の支払いとなります。

  ちょっと初期投資はかかりますが、毎月の通信費は削減できます。

2012年2月 1日 (水)

翻訳熱がちょっと高くなっています。

先週末に、ISSの「はじめての翻訳訓練」を受講して以来、翻訳熱がちょっと高くなっています。

昨日は、Twitterで、「社内翻訳をしたーい」というようなことをtweetしたりしました。

今日は、一年前に読んだ本をもう一回読んでいます。

その本は、「語学で身を立てる」


英語をはじめとする語学で仕事をしようと考えている方は、読むことをお勧めします。

語学を使った仕事はいろいろあり、その職業に関しての説明もあり、必読だと感じました。

まだ、途中までしか読んでいませんが、この本から考えるようになった職業は、

1.技術翻訳(社内、フリーランス)

2.通訳ガイド

3.企業内英語研修の講師

  例えば、英文法の説明とか(英文法なら自身がある)

  その他に、英語の表記ルールを教えるとか

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »