Oxford

RNN

英検

Follow me

« このブログの話題をどんなものにしていくかを考えてみたい | トップページ | 今日のフルサイズ模擬試験 »

2011年12月 9日 (金)

b-mobileのススメ

今年は、猫も杓子もスマートフォンの年でした。

しかしながら、NTT Docomo、Au、Softbankなどの通信会社でスマートフォンを買い、通信費の2年契約すると、とんでもない費用が発生します。

スマートフォンの費用はいいとしても、毎月の通信費は5000円~6000円くらいします。

私も含めて一般の庶民は、なかなかこの費用を毎月払うには高すぎだと思います。

そこで、今日は、スマートフォンを如何に安く運用するかについてお話をしたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、b-mobile(日本通信)からプリペイドSIMを購入するのです。

以下に紹介するSIMは、NTT DocomoのFOMAネットワーク回線を利用していますので、ほぼ全国で通信できると説明されています。

<b-mobileのSIMの種類>

b-mobileでは、主に、プリペイドSIMを販売していますが、イオンで月額980円~のポストペイのSIM(以下、イオンSIM)も購入することができます。

1.イオンSIM

  全国のイオンで販売(詳細は、こちら

  毎月980円~のプランがあり、初期手数料として3,150円の費用が必要

  通信速度:最大100kbps

  通信量の制限はなし

2.プリペイドSIM

  通信速度または、通信量に制限をかけて安い価格で販売されています。

 ・通信速度制限タイプ

  b-mobile SIM U300:最大300kbps(1ヶ月2980円~)

  通信量は制限ありません

 ・通信量制限タイプ

  b-mobile Fair:1ヶ月で1GB(3100円)、または、120日間で1GB(8350円)まで使用可能

  通信速度は、下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsでフルスピードです。

  ちなみに、このタイプのSIMを現在、iPhoneで運用中です。

3.音声通話付きSIM

  上記、イオンSIMとプリペイドSIMにはぞれぞれ、音声通話付きのSIMも販売されています。
  また、NTT DocomoやAUなどの通信会社からMNPで電話番号を移すこともできます。

  当然、新規契約も可能です。

  プリペイドSIMでは、名前にTalkingが付いたものが音声通話付きとなります。

<SIMの購入先>

 b-mobileのショッピングサイトや量販店で購入できますが、アマゾンで購入する方が安くなっています。

次は、b-mobileのSIMをどのスマートフォンに入れるかについてです。

現在では、アマゾンで新品や中古、Sofmapなどの中古屋では、中古のスマートフォンが販売されています。

しかし、NTT DocomoやAUなどの通信会社でスマートフォンを購入すると、通信費の契約をしなければいけませんので、この買い方はできないことになります。

<国内スマートフォン購入先>

国内では、以下のところで購入できますが、購入するスマートフォンは、NTT Docomoで使われているスマートフォンにしてください。

大体のスマートフォンが使えるようです。

Softbankのものでは、使用できません。

AUのものでは、通信方式が異なりますので使用できません。

参考に、対応機種はこちらです。→ http://www.bmobile.ne.jp/devices/devices.html

1.新品

 アマゾンオークションサイトなど

2.中古

 Sofmapじゃんぱらなどがありますが、品揃えの豊富なSofmapをお勧めします。

<国外スマートフォン購入先>

 EXPANSYS(日本通信と提携している)

 アマゾンでも扱っています。

 いろいろな販売屋さんがありますが、EXPANSYSが一番安いです。

 私も、iPhone4とHTC Radarは、EXPANSYSで購入しました。

 香港からの発送で、ぽちっと押してから1週間以内には到着しています。

最後に私のお勧めプランについて語ります。

<おすすプラン>

1.最安プラン

  イオンSIM:980円プラン

  通信速度は、100kbpsと抑えられているが、メール、SNSなどテキストベースであれば使用できる範囲ではないかと思います。

  ただし、初期手数料として3150円が別途、費用が発生します。

 

2.せっかちプラン

  b-mobile Fair:120日間で1GBまでプラン

  現在、私がiPhone4で使用しているプランで、通信量があまり多くなく、ちょっとせっかちな人向き

  通信速度は、最高の下り14Mbpsですが、通信量が1GBと抑えられています。

3.せっかち最安プラン

  携帯電話をやめてしまって、050で始まるインターネット電話を使用するプラン

  ・電話は、G-call050を使う

   NTT comの050pulsが有名ですが、G-call050の方が月額、電話代とも安いです。

  ・データ通信は、b-mobile Fairを使う

   イオンSIMや、U.300SIMなどの通信速度に制限のあるプランではインターネット電話は使用できないそうです。

  このプランで運用すると、月額は、

  294円(G-call050)+8350円/4ヶ月(b-mobile Fair)=2381.5円

  このプランとイオンSIMの音声通話付き(2270円)の月額とを比べると、約100円の差でしかありません。

  この差で、最高速での使用と電話ができるのはお得感いっぱいです。

  しかし、このプランは、私のようなほとんど電話しない方にとっては魅力のあるプランではないでしょうか?

 私も、このプランにしたいのですが、AUの解約料9975円を払わなければならないので、今はできません。

どうでしょうか?

NTT DocomoやAUなどの通信会社での月額は、たったの数%のヘビーユーザのために5000円~6000円といった高額な金額となっています。

一般のユーザは、b-mobileのSIMで十分足りると思います。

« このブログの話題をどんなものにしていくかを考えてみたい | トップページ | 今日のフルサイズ模擬試験 »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

参考になりました。
wi-fiと組み合わせれば、b-mobileの1Gbyteでいいかなと思いました。
これをiPhone4sで運用したいと思ったけれど、simフリーのiPhone4sはまだ高いでしょうね。

sigeruさん、おはようございます。

速さを求めるなら、Fairで1ヶ月で1GBあるいは、120日間で1GB
遅くてもいいなら、イオンSIMの980円
ですね。
イオンSIMは、契約手続き料3150円かかります。
メールやTwitterメインであれば十分使用できるようです。
Fairは、街中では、大体1Mbps以上出ています。測定した最高は、下りで1.5Mbps。外よりもお店の中の方が速かったです。
購入は、アマゾンで。

SIMフリーのiPhone4Sは、EXPANSYSによると、7万円~8万円ですね。
まだまだ高いです。
iPhone4なら、8GBで5万円以下であります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: b-mobileのススメ:

« このブログの話題をどんなものにしていくかを考えてみたい | トップページ | 今日のフルサイズ模擬試験 »