Oxford

RNN

英検

Follow me

« スマートフォンってコンピュータ?それとも電話機? | トップページ | 今日の英検1級模擬試験コース »

2011年11月25日 (金)

NHKラジオのスペイン語講座の感想

10月からNHKラジオのスペイン語講座を聞き始めてから、2ヶ月が終わろうとしています。

そこで、今日は、このNHKラジオのスペイン語講座の感想についてお話をしてみたいと思います。

<感想>

1.文法は英語と非常に似ている

  西洋語なので、当然か

  しかし、英語の代動詞doが、スペイン語にはない。

  例えば、Do you have ~の場合、スペイン語では、doにあたるものがなく、主語と動詞をひっくり返すだけで疑問文が作れる。

2.動詞の活用がある

  これは、スペイン語に限らずドイツ語などにもあります。スペイン語講座を始める前にも分かっていました。

  この動詞の活用がある故に、主語がなくても文が成立する。(主語を推測する必要がある)

3.単語は英語に似ていいるのもあれば全然違うのもある

  スペイン語の単語は、英語に似ているものだという先入観があったのでちょっとショック

4.スペイン語はアルファベット読みで大体いける

  英語のように、リエゾンが少なく、音にある程度慣れれば楽かも

<今、思っていること>

やはり、動詞の活用はどこかの時点で覚えた方がよいと考えています。

自然と覚えるのが普通だと思いますが、がーっと覚えて、確認しながらスペイン語を練習するのがよいかと。

動詞の中には、規則活用するAR動詞とIR動詞と、不規則活用する動詞がある。

最後にスペイン語を学習し始めたのは、ある野望があるからです。

それは、何十年かかるかわかりませんが、スペイン語の通訳ガイド取得です。

« スマートフォンってコンピュータ?それとも電話機? | トップページ | 今日の英検1級模擬試験コース »

スペイン語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKラジオのスペイン語講座の感想:

« スマートフォンってコンピュータ?それとも電話機? | トップページ | 今日の英検1級模擬試験コース »