Oxford

RNN

英検

Follow me

« TwitterとBlog | トップページ | 今日は何の日? »

2011年11月10日 (木)

CELの英検1級模擬試験コースの取扱いを変えます。

今期のCELの英検1級模擬試験コースの取扱いを変えます。

今までは、模擬試験を受けることによって実力をつけようと考えていましたが、このやり方では、なかなか英検1級レベルに達することができないのではないかと考えました。

そこで、今期は、CELの英検1級模擬試験は、達成度確認用として利用しようかと。

でも、復習はちゃんと土曜日と日曜日に完了させます。

平日は、リスニングと読解の学習をして、その成果を英検1級模擬試験コースで確認するということです。

現在では、読解は、The New York Times、英文記事などを読み、TOEFLの問題集を解いています。

リスニングは、前回のBuildupコースからの音源を繰り返しシャドウイングをしています。

今後は、CNN English EXPRESSの12月号の中から音源を取ってシャドウイングの練習をしようと考えています。

さて、明日はいよいよ、今年の通訳ガイド試験1次試験の合格発表です。

受験された方は、受験番号を頭に入れ、JNTOのサイトで自分の受験番号を確認しましょう。

JNTOのサイトはこちらです。→ http://www.jnto.go.jp/jpn/

« TwitterとBlog | トップページ | 今日は何の日? »

CEL」カテゴリの記事

コメント

私もそのほうがいいと思います。
試験慣れすると合格できるのは1級では時間が果てしなくかかるように思うからです。
私も過去問題を2000年度あたりから45回ほど時間を短縮してやりました。
しかし読解問題は7割取れないことが判明しました。
つまり過去問題だけやるのでは、読む量が絶対的に少ないのです。
もっと多量に毎日読まないと読解力がつかないのだと思います。
その確認用に模擬テストを利用するのはいいことだと思います。

シルフさん、こんばんは。

やっと、私も気づきました。
CELの模擬試験コースは実力の成果を確認するところ。
日頃の学習が大切。
でも、リーディングの時間を同確保するかが課題です。
一日のどのくらいの量の英文を読まなければならないのかも検討つきません。
寝る間を惜しんで読むとか、早起きして読むとかですかね?

こんにちわ。読解の質・量ともにオススメなのが英字新聞です。日刊は全部は読みきれないですから、たとえばDailyYomiuriなら真ん中へんのLA TimesやWashington Postの転載面がいいと思います。ロジックの展開やひねり方がやはり邦文の翻訳記事とは異なりますね。自分は外信記事を中心に読んでます。unfamiliarな話題も多くて大変ですが、ほとんどがタイムリーな話題ばかりなので、World面を追いかけるようにすればなんとかなるような。

あわせてPodcastのニュースも見ておけばリスニング対策+背景知識の吸収で相乗効果があると思います。ABC World Newsがコンパクトでよかったですが、いいのを探してみてください。毎日は大変でしょうが、月ぎめでも2850円で、最強の1級教材であると思います。1級単語がボロボロ出てきますから、単語の復習にもいいですね。

通勤電車の中でとか、お昼休みに読むとか。関東は電車が混んでるのでそんな余裕ないかな・・・。

でんすけさん、こんにちは。

ありがとうございます。

Daily Yomiuriですか?でんすけさんは、英字新聞派ですよね。
私は、The new York Timesを購読しており、主に、Business欄が興味深いので2~3記事を毎朝読んでいます。
The New York Timesの中で練習になりそうな記事を探してみます。
どうでしょうか?
はやり、Daily Yomiuriですかね?
1度、駅などで購入して確認してみます。

Podcastは、以前、CNN Student Newsを聞いていた時期があります。
今は、全然聞いていないですね。
復活させようと。

通勤時間が短いので、通勤時には単語をやっています。

過去問は一回どおりといて終了で、その頃には3回目のじゅけんがきてたかも。あと市販の問題集を一日(平日の時間が取れるとき)1-2題題(800語くらいのやつとか穴埋め二題)くらいタイマーはかって解き、長文の読解は時間の余裕があるときに一題など。あとはやっぱり英字新聞、TIMEなど「時間をみつけたら30分でも」ほぼ毎日こっちを優先してたかも。週末なんかどお?私は週末が一番勉強できんけどね(涙)

問題をとく「リズム」みたいなのは だんだん体得できるもんね。数回受けると。
結局量を読まんんと力はあがらんきがするわね。。

私はジャパンタイムズWEEKLYだったけど一週間以内に「英検にでそうな内容(経済、サイエンス、健康科学、教育、歴史、考古学など、政治っぽい話は除いて)」をすべて読みきったかも。付箋はっといて、タスク消化のモチベをあげたわ。読んだら付箋に丸つけとか(笑)

がんばれ~!!!!

大阪の主婦さん、こんばんは。

ありがとうございます。
「経済、サイエンス、健康科学、教育、歴史、考古学など」:英検1級に出てくる分野ですね。
うーん、一度、実際にThe Japan Times Weeklyを見て確認してみます。
The Japan Times Weeklyにした場合、The New York Timesの購読を一度中断しようと考えています。
The New York Timesでも、それらの分野を探してみます。
あるはずだが。webには、あるので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CELの英検1級模擬試験コースの取扱いを変えます。:

« TwitterとBlog | トップページ | 今日は何の日? »