Oxford

RNN

英検

Follow me

« 今後の予定(11月-1月) | トップページ | 国語の読解力と英語の読解力 その2 »

2011年10月23日 (日)

日本語の読解力と英語の読解力

今日は、ちょっと変わったお話をしたいと思います。

私は、典型的な理系人間です。

小学生の時から、国語は苦手でした。

当然、国語の読解力はあまりありませんでした。

現在、英検1級をじくじくと目指して、英文の読解力に悩まされています。

こういう状況で、日本語で読解力がないために、英語も同じように、読解力がいまいちなのかと感じています。

日本語も英語も読む行為は同じです。

違う点といえば、日本語には主語がなくても、日本語は成立するが、英語は各英文には主語があるということです。

しかしながら、おおかたは日本語の読解力と英語の読解力は比例するのではないだろうか?

ということは、英語の読解力を上げるには日本語の読解力も上げなければならないのか?


« 今後の予定(11月-1月) | トップページ | 国語の読解力と英語の読解力 その2 »

英語一般」カテゴリの記事

コメント

なんかな、一級の読解で点がとれへんでなやんでたときに、どっかのサイトでみつけたんやけど、
予備校の先生が書いた、「現代国語(マーク式)」の本を読んだらいいって聞いたことアル。

結局それに手を出そうかなと思ってる間にうまいこと一次通過したので、かわずじまいやけど、結局そこやろな。論理の展開みたいなものを読み取り、選択肢の選び方を知るってことやろうとおもう。

なんか捜してみたらどうやろ。日本語やから気負わずに読めるかも。

EIKEN1STっていうブログやったかな~。今は更新してへんかも。でもネット上に残ってる可能性がある。捜してみたら。みつからんでもアマゾンかなんかで、予備校の先生が書いた現代国語用の講義本人気のやつがあるんちゃうかな。

んじゃね~。仕事がんばれ~。

みつけてきた。「独学で英検1級に合格しよう」てちうブログやわ。

出口の現国とかいうテキストやな。読む価値あるかも。えらぶテクがあがるかもや!

がんばれ!!!!!

大阪の主婦さん、おはようございます。

「独学で英検1級に合格しよう」確認しました。
日本語の読解力と英語の読解力はつながっているようです。

お勧めの本は、「高1からの出口現代文講義の実況中継」というやつですね。

私も、同じように、悩んだことがありました。私も、理系で、現代国語とか、勉強してこなかったくちです。それで、国語の読解能力がないのかと思い、英検の問題を、ネイティブの方と、一緒に、やってもらったことがありました。その方は、大卒で、まあ知識人にはいると思います。アメリカの、マスコミ関係の方です。小学生の息子さんがいます。
息子さんにも、英語つまり、国語を教えているようです。
英検の問題を見て、小学生レベルではない。これは、うちの息子はたぶん、読めない。
しかし、大学受験レベルでもない(SAT)中学、高校低学年くらいかなという意見でした。
設問に、けっこう、トリッキーなのもあり、良く読まないと、惑わされることもあると。
しかし、さすが、ネイティブ、500語は、5分もかからずよんで、設問も、トリッキーなのをぬかせば、20秒くらいで、解いてしまいました。私は、勝手に、英検は、高校受験レベルの国語とおなじくらいかなあなんて思います。思いだすと、難しいのは、わからなかったけど、簡単なのはわかったかなと。なので、とれるものだけ、とればいいんだという考えに変わりました。難しいのは、私の頭では、無理と。難問はたしかに、国語能力関係すると思っています。文系の方が、やはり強いですね。でも、スピードをあげて、正確によめれば、得点はできると思ってます。と、ちょっとしゃべりすぎでした。参考になれば。

あ、あと、選択肢のひっかけパターンをこれは、こういうふうに、ひっかけようとしていると、わかるようになると、グンと、正解率良くなったような気がします。
細かいところを、違ったことを、いっているパターン、まったく、書いてないことを、一般的常識で正当化して書いているパターン、エッセイ全体の趣旨をぼやっとのべてるけど、設問には答えてないパターン?間違った選択肢を作るのにも、テクニックがいるようです笑

う~ん、理系・文型あんまり関係ないような気がしますね。数学だって、あれは言語の一種でしょう?(といってさんざん学生時代に経済数学に苦しんだひとり。)

普通の文章には数式には表れない暗喩やあいまいな論理の流れがあるとは思いますが、英検自体に関していえばそこまでややこしいのは出ない。ワリと素直な論理展開であると思います。英検の読解問題は「少し考えさせる」ところに特色があると思います。考える時間が絶対に必要です。

やはり読解スピード(ざっくりと文章の意図を掴む程度)を要求してるのかな?ってかんじでねす。面映いのですが、自分は読解自体より読解の正解を選ぶのに時間をかけたと思います。うまいこと考えてるなあ、と感心します。読解スピードが上がれば正解が選べるつくりになってると思うのですが。

Cinemaniaさん、こんばんは。

ありがとうございます。
英検1級の読解問題は、高校生くらいの英文なんですね。
「スピードをあげて、正確によめれば」→このあたりが難しいのですね。
スピードを上げると、結局、何が書いてあったのかが分からなくなります。
少しスピードを落としてでも、正確に読みたいですね。

だいたい選択肢4つの内、2つまでは絞れるのですが、その2つの内どちらかで迷っています。
迷わない場合は、4つの選択肢から、「これだー」と分かるのもあります。
どちらにせよ、まずは、日本語の読解力から見直してみたいと思います。

ちなみに、私は、国語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの世代です。

でんすけさん、こんばんは。

論理展開力もないのです。
今回のpart2は、1問しか正解しませんでした。
ちょっとがっかり。

私も、英文を読む時間よりも、選択肢とにらめっこする時間が長い時があります。4つの選択肢から2つに絞り、どっちか?という感じです。
「読解スピードが上がれば」→このあたりが難しいのです。

数学や理科などの理系科目は、公式や型があって、それに当てはめれば解答が得られるので比較的楽なのですが、国語など文系科目の場合、「暗喩やあいまいな論理の流れ」があって???って感じになっちゃいます。
だから、エッセイでは、5段階の型に当てはめて英文を書けばいいので、結構いけているのかもしれません。

とりあえず、国語から見直してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/53066201

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の読解力と英語の読解力:

« 今後の予定(11月-1月) | トップページ | 国語の読解力と英語の読解力 その2 »