Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

英検1級の結果詳細と次の英検1級まで

今日、英検1次試験の結果詳細がわかりました。

やはり、自己採点の結果と同じで、エッセイは、14点でした。

エッセイは、日頃から書く練習をしていないと20点は取れないと分かりました。

ということで、次の英検1級までは、CELの英検1級模擬試験コースを受講しようと考えています。

2011年10月30日 (日)

通訳案内士試験第一次試験の合格発表まであと2週間となりました。

今年の通訳案内士試験第一次試験の合格発表まであと2週間となりました。

早いですね。

合格発表を見てから2次試験の準備をしようと思っている方は、あとで慌てないように早く準備をすることをお勧めします。

でも、今年は、1次試験の合格発表から2次試験まで3週間もあるので、どうかな?

外国語筆記試験が免除で、日本地理、歴史、一般常識の合否が「どうだろう?」と思っている方は、2次試験の準備をしましょう!

2011年10月29日 (土)

現在使っているクラウドサービス

今日は、英検1級など英語のネタから離れて、現在使っているクラウドサービスについて書きたいと思います。

1.iCloud

 これは、iPhoneをiOS5にするとほど同時に使えます。5MBまでは無料です。

 このiCloudは、ほとんど意識せずに使えるということがいいですね。

2.Dropbox

 同期したいフォルダーやファイルをDropboxのフォルダーに入れるだけで他のパソコンやスマートフォントとの間で同期が取れます。

 操作は、エクスプローラで簡単にできます。

 2GBまでは無料です。私もこの無料の2GBまでで使用しています。

3.Yahoo ボックス

 これは、10月からYahpooで開始されたクラウドサービスで、基本的な使い方は、Dropboxと同じですが、いろいろ細かい機能があり、ちょっと日本的。

 Yahooプレミアム会員だと、50GBが無料で手に入ります。

 私は、この50GBで利用しています。

 Dropboxと同様に、エクスプローラでファイル操作ができます。

 Mac版やiPhoneのアプリケーションソフトが早くできることを祈ります。

 現在のところ、Windows版のみです。

4.Box.net

 今だったら、iPhoneで登録すると、50GBが無料で手に入ると聞いて、とりあえず登録して50GBを手に入れただけです。

 エクスプローラでの操作でなく、ブラウザーでの操作なので、ちょっと大変です。

今後は、Evernoteなどを使ってみたいと思います。

2011年10月28日 (金)

英検1級1次試験 結果発表

今日、10/16に行われた英検1次試験の結果発表がありました。

早速、私も、英検1級の結果を見ました。

結果は、61点でしょんぼりです。

さらに、不合格Aから不合格Bへ転落です。

自己採点でエッセイ以外では、47点でしたので、エッセイは14点どまりと言うところでしょうか?

いやー、前回まで20点で来ていたのに、今回は、がくーんと落ちました。

まあ、書きにくいトピックであったことは間違いないでしょう。

やはり、エッセイは日頃から訓練する必要がありそうです。

ということで、エッセイに関しては、ごめんなさいです。

Fcsn1_2


2011年10月27日 (木)

誕生日プレゼントになにする? その2

昨日、自分の誕生日に何を自分にプレゼントするかという記事を書きましたが、候補をもう一つ忘れました。

その忘れたものとは、これです。


そうです。kindle fireです。

価格は、破格の$199で、日本円では16,000円以下です。

でも、日本への販売は今のところ、予定なし。

kindle fireで使えるサービスは、アメリカでしか行われないようです。

もし、買えたとしても、使い道がない。

kindle fireのOSは、Androidということなので、kindle fireには、いまいち物欲が出ない状況です。


2011年10月26日 (水)

誕生日プレゼントになにする?

来月は、私の誕生日月です。

ということで、自分の誕生日に何を自分にプレゼントするか考え中です。

候補は、これらたちです。


<HTC Radar>


<Toshiba IS12T for AU by KDDI>

最近、Windows Phoneに目を向け始めました。

Android機は、はっきり飽きました。

でも、iPhone4は、飽きませんね。

この差は何だろう?

Windows Phone7.5では、iPhone4SのSiriまではいきませんが、音声でこのスマートフォンを操作することができるようです。

HTC Radarでは、その機能が動作することを確認していますが、Toshibaのものは未確認です。

あと、気になるものは、これ。

ソニーのウオークマンですが、Androidが搭載されています。

発売は、12月10日です。

Android機ですが、ネットワークはWifiのみで、電話機能を除いたものとなっており、iPodtouchのような存在です。

2011年10月25日 (火)

英検の合格点の発表がありました。

先日行われた英検の合格点の発表がありました。

英検1級は、なーんと81点です。

過去数年間では、最も高い合格点ではないのでしょうか?

ということは、今回の英検1級の難易度がぐーんと下がったということでしょうか?

やはり、エッセイ抜きで65点くらいは取れないと合格できそうにもないですね。

2011年10月24日 (月)

国語の読解力と英語の読解力 その2

昨日の「国語の読解力と英語の読解力」の記事では、いろいろなブログ仲間の方達からいろいろなアドバイスをいただきました。

ありがとうございました。

その中から出た結論は、とりあえず、国語の読解力を上げようと思います。

使用する教材は、これです。

「高1からの出口現代文講義の実況中継」


これは、大阪の主婦さんからのアドバイスです。

この教材の引用元は、「独学で英検1級に合格しよう!」です。

その中の、「リーディングのテキスト」をクリックすると、この教材の紹介がされています。

さらに、こちらに、このサイトの筆者もこの教材で国語の学習をされたということが書かれています。

今日の朝に、アマゾンへ注文済みです。

この教材を見てから、英語の読解対策をどうするか考えてみたいと思います。

2011年10月23日 (日)

日本語の読解力と英語の読解力

今日は、ちょっと変わったお話をしたいと思います。

私は、典型的な理系人間です。

小学生の時から、国語は苦手でした。

当然、国語の読解力はあまりありませんでした。

現在、英検1級をじくじくと目指して、英文の読解力に悩まされています。

こういう状況で、日本語で読解力がないために、英語も同じように、読解力がいまいちなのかと感じています。

日本語も英語も読む行為は同じです。

違う点といえば、日本語には主語がなくても、日本語は成立するが、英語は各英文には主語があるということです。

しかしながら、おおかたは日本語の読解力と英語の読解力は比例するのではないだろうか?

ということは、英語の読解力を上げるには日本語の読解力も上げなければならないのか?


2011年10月22日 (土)

今後の予定(11月-1月)

今日は、今後の予定について書いてみたいと思います。

11月3日 文化の日(元々は、明治天皇の誕生日)

11月5日 CEL 英検1級コース開講

11月10日 誕生日

11月13日 CEL Buildupコース開講

11月23日 勤労感謝の日

12月23日 天皇誕生日

12月31日 大晦日

1月1日 元日

1月22日 2011年度第三回英語検定1次試験

まあ、これっといって、予定はありませんが。

年末年始に再びシンガポールへ渡航しようと考えていましたが、航空券が非常に高いので断念しています。


2011年10月21日 (金)

CELから英検1級の予想合格点と試験講評が発表されました。

今日、CELから英検1級の予想合格点と試験講評が発表されました。

予想合格点は、78点前後ということです。

各パートでの目標点は、

<Reading>

part1:18点
part2:4点
part3:16点
part4:18点

<Listening>

Part 1: 7点
Part 2: 8点
Part 3: 6点
Part 4: 4点

合計81点(113点満点)

試験講評は、こちらです。

http://www.cel-eigo.com/exam/eiken_sokuho_detailed11_2.pdf

また、英検協会から、今回の英検の問題がダウンロード出来るようになりました。

英検1級の問題は、こちらです。→ http://www.eiken.or.jp/listening/grade_1.html

2011年10月20日 (木)

11月からのCELは、どのコース?

さて、11月からどうしようかと悩み中。

というのは、CELのコース受講をどういうコース内容にしようかということです。

今日は、その可能性を考えてみたいと思います。

条件は、英検1級模擬試験コースとBuildupコースの2つのコースで、CELの場合、途中からの受講はできますが、受講したら最後まで受講することが原則となっています。

<1.英検1級模擬試験 通学>

期間:11/5(土)~1/21(土)

費用:70,000円(通学)

<2.Buildupコース 通学>

期間:11/13(日)~2/12(日)

費用:84,000円(通学)

<3.英検1級模擬試験コース 通学+Buildupコース(後半) 通信>

英検1級模擬試験コース 期間:11/5(土)~1/21(土)

Buildupコース 期間:12/25(日)~2/12(日)

費用:106,000円

<4.Buildupコース 通学+英検1級模擬試験コース(後半) 通学>

Buildupコース 期間:11/13(日)~2/12(日)

英検1級模擬試験コース 期間:12/10(土)~1/21(土)

費用:119,000円

<5.Buildupコース 通信+英検1級模擬試験コース(後半) 通学>

Buildupコース 期間:11/13(日)~2/12(日)

英検1級模擬試験コース 期間:12/10(土)~1/21(土)

費用:107,000円

<6.Buildupコース 通信+英検1級模擬試験コース 通学>

Buildupコース 期間:11/13(日)~2/12(日)

英検1級模擬試験コース 期間:12/10(土)~1/21(土)

費用:131,300円(セット割適用)

改めて、見比べてみますと、はやり、部分的であっても2コース受講は費用がかかりますね。

現在、考えているのは、英検1級模擬試験コースは、少なくとも後半は受講して英検1級の勘を維持したい。

できれば、Buildupコースは、後半だけでも受講したい。

そう考えると、1か3か5となる。

土曜日と日曜日の連続でCELに通うのは、体力的につらい。

5の場合は、1ヶ月ほど、外出することもなく自宅で悶々と英語学習も息が詰まりそう。

このあたりは、前半を通学で後半を通信にすることで解決できそう。

でも、そうすると費用が若干、増える。

そう考えると、1か3になるであろう。

開講まであと2週間あるので、ゆっくり考えるとする。

2011年10月19日 (水)

次回1月の英検1級に備えてどう学習していくかを考えてみました。

今回の英検1級の自己採点の結果を考察し、昨日、語彙問題も復習したことを踏まえて、次回1月の英検1級に備えてどう学習していくかを考えてみました。

いきなり、使用する教材は、これです。

Words_reading

「英検1級 出る順で最短合格単熟語」と「TOEFL TEST 明解リーディング」です。

<語彙>

自己採点の結果、なんとかぎりぎり7割の正答率、すなわち17問程度しか正解できなかったので、1月の英検1級では、少なくとも20問は正解して、有利に試験運びをしたい。

ここで、「英検1級 出る順で最短合格単熟語」を使用する。

<読解>

多読と精読を併用し、英文記事をすらすら読んで、「作者の言いたいことはどこだ、これか、いやあれか?」と考えながら読んで、1月の英検1級では、空所補充問題と内容一致問題を併せて、20点くらいは奪取したい。

ここで、ブログ仲間のシルフさんお勧めの「TOEFL TEST 明解リーディング」を使用する。

<リスニング>

読解での多読と精読で、リスニングにも効果が出てくると考えている。しかし、リスニング単独でも、鍛えておきたい。

方法としては、まず、今回のリスニングpart3を復習する。さらに、CELにも再びお世話になることを考えています。

英検1級模擬試験コースか、Buildupコースか、それとも、ミックスか?

2011年10月18日 (火)

英検1級 語彙問題レビュー

英検1級受験後、2日目に恒例となりました語彙問題をレビューして見たいと思います。

今回の英検1級では、自己採点の結果、語彙問題は25点満点中17点しか取れませんでしたので、この語彙問題レビューをする資格なんぞないと思いますが、今後のためと英検1級受験者の役に立てると思いますので、今回も独断で決行します。

今回も、英検1級レベルの問題には、(1級)と、通訳ガイドレベルの問題には、(ガイド)の表示を各問題毎にします。

また、時間の関係で、正解の選択肢の単語のみを扱います。

(1) culprit(ガイド):犯人,、犯罪者、 原因

(2) basking(1級)→bask :日なたぼっこをする

(3) enticing(ガイド)→entice:(人などを)おびき寄せる、誘惑する

(4) converge(1級)→converge on ~:~に集まる

(5) dispelled(1級)→dispel:~を一掃する

(6) incisions(1級)→incision:切り口

(7) transitory(ガイド):一時的な、過ぎ去り行く

(8) salvage(1級):~を助ける、救助する

(9) mortified(1級)→mortify:(人を)悔しがらせる, 無念に思わせる

(10) conjures(1級)→conjure:眼前に思い出す; 想像力をかき立てる;

(11) attire(ガイド):服装

  (business attireは、CELでガイド試験の2次試験の前によく聞いていた単語です)

(12) negate(1級):~を否定する

(13) flounder(ガイド):まごつく、もがく、じたばたあがく、四苦八苦する

(14) tenacious(1級):頑固な、粘り強い

(15) culmination(1級):絶頂、最高点

  cf) culminate in ~:ついに~となる、~に終わる、極まって~になる

(16) lavish(1級):気前のよい、おおまかな

(17) accolades(1級)→accolade:賞賛、表彰

(18) slouch(1級):前かがみになる[すわる, 立つ, 歩く]

(19) ranting(1級)→rant:わめく, どなり立てる

(20) precursor(1級):前兆

(21) truce(1級):休戦

  cf) call a truce:休戦する

(22) horsing around(1級)→horse around:ばか騒ぎをする

(23) zero in on ~(1級):~に専念する、~に向かって集まる[進む・近づく]

(24) racked up ~(1級)→rack up ~:~を蓄積する、ため込む

(25) let on(1級):漏らす、口外する、告げ口する

  cf) Don't let on ~:~を黙っておく

以上をまとめると、

英検1級レベルの問題:20問

通訳ガイドレベルの問題:5問

でした。

したがって、通訳ガイドレベルの問題が非常に少なかったので、今回の語彙問題は、やや難ではなかったのではないでしょうか?

通常だと、通訳ガイドレベルの問題は、4割~6割程度を占めていました。

今回の語彙問題を復習して感じたことは、もうちょっと冷静に考えると、あと+4点はできたのではと後悔しています。

試験に時間制限があるので、やはり、冷静に考えるのは難しく、今まで以上に、日頃から単語と仲良くしておくことが重要だと改めて思いました。

2011年10月17日 (月)

英検1級結果報告

昨日、行われた英検1級の結果を自己採点により報告します。

では、いきなり報告します。

<Reading>

part1:17点/25点満点

part2:1点/6点満点

part3:12点/20点満点

part4:16点~18点(予想)

<Listening>

part1:5点/10点満点

part2:6点/10点満点

part3:2点/10点満点

part4:4点/4点満点

合計:63点~65点

以上の結果より、再び「不合格」確定でございます。

応援してくださったみなさま、ありがとうございました。

1月の英検に向けて、日々努力するのみです。

英語の実力が上がってきているのは、最近実感してきてはいますが、結果に結びついていないようです。

なかなか、65~66点の壁が越えられません。

通訳ガイド試験の時もそうでした。

「模擬試験では、結果が出始めているのに、合格としての結果が出てこない。」と。

英検1級を獲得する課程できっと、今が一番、きつい時なのでしょう。

さて、この結果を考察していきたいと思います。

<Reading>

part1の語彙問題は、25点満点中17点ですが、これはまあ、出来た方でしょう。

今期のCELの英検1級模擬試験コースは最後の2回しか受講していないので、上出来でしょう。

でも、あと5点程度はほしい。

part2の空所補充問題は、1問しか取れていません。今後の課題ですね。おそらく、論理的思考が欠けているのだと思います。

英語に限らず、日本語でも同じでしょう。

今後は、論理思考を養う教材があれば、一読してみたいと思います。

part3の内容一致問題は、正答率6割で、まあまあだと思いますが、3問目の問題での出来が悪いです。

各設問ごとの得点は、1問目:4点、2問目:6点、3問目:2点です。

あと2点は欲しいところです。

<Listening>

part1とpart2は、各々であと1~2点以上ほしいところです。

part3の問題は、やはり難しかったですね。1問(2点)しか得点出来ていません。

今後の課題です。

最後のpart4は、サービス問題とも言えるくらい比較的易しい問題でした。

part3が難ししすぎたので、part4はやさしくなったのでしょうか?

でも、ここだけ、4点満点の4点を得点できたことはうれしい。

リスニングは、「ぼーっ」と聞いていただけですが、意外にも得点できたなーと感じています。

以上より、今後の課題は、

1.論理的思考を養う

2.リスニング part3の攻略

です。

2011年10月16日 (日)

英検1級受験しました。

今日は、英検受験日和の秋晴れですね。さらに暑い。

このような状況の下で、英検1級を受験しました。

場所は、近所の「洗足学園中学高等学校」でした。

片道、約30分で行けるところでした。

難易度を感覚で報告しますと、

1.語彙問題:普通

2.読解問題:普通

3.エッセイ:普通

4.リスニング:やや難

こんな感じでしょうか?

明日、自己採点をしてから今後の方針を決めたいと思います。

自己採点は、何回しても怖いですね。

2011年10月15日 (土)

明日は、2011年度第2回英検です。

明日は、2011年度第2回英検があります。

私は、当然、英検1級を再び受験します。

通算で、10回目の英検1級となります。

ちゃんと対策をしてからは、8回目となります。

通訳ガイド試験では、11年かかり、12回目の試験で合格したので、どうちゅーことないです。

明日は、今の実力を出し切るだけです。

さて、今日は、昨日予定していたことを全て完了しました。

明日の午前中は、受験票に写真を貼り、シャドウイングと単語の最終確認します。

2011年10月14日 (金)

英検1級直前となりました。

週末になりました。

ということは、英検1級直前となりました。

明日は、

1.CELのbuildupコースで出た単語と英検1級模擬試験に出た単語を確認

2.NHK 入門ビジネス英語と英語5分間トレーニング

3.The New York Timesの記事を3つ読む

4.CELのBuildupコースの音源でリスニング(シャドウイング)

こんなもんですかね。

英検を受験される方は、悔いのないように受験しましょう。

単語は追い込みが効きますので、試験直前5分前まで単語の確認をしましょう。

2011年10月13日 (木)

iOS5 has been released.

Appleから、iPhoneなどの新OSであるiOS5がリリースされました。

リリースされたのが、日本時間で今日の午前2:00頃だったらしく、また、全世界で一斉にupdateしたので、トラブル続出したらしいです。

まだ、私は、iOS5にはしていませんが、早くて、今週末にしたいと考えています。

とりあえず、Mac Book AirのiTunesは、バージョンを新しくし、バーション10.5にしました。

次は、LionのOSをupdateする予定です。

Mac Book AirのOS Lionをupdateしないと、iOS5との同期iCloudが使用できないようです。

2011年10月12日 (水)

アクセス件数が、20万件を超えました。

つい先ほど、アクセス件数が、20万件を越えました。

10万件に達したのが、去年の11月15日でした。

その時の記事はこちら→ http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2010/11/post-12f1.html

したがって、10万件から20万件の10万件増加に、約11ヶ月かかったことになります。

ブログを始めてから10万件になるには、約5年と少しかかっています。

今後とも、みなさんのお役に立てる記事を掲載していきたいと考えています。

30万件、40万件と、常にコツコツとやっていきたいと思います。

2011年10月11日 (火)

英検1級 難易度予想

今日は、今度の日曜日に行われる英検1級の難易度を予想してみたいと思います。

実は、前回6月の英検1級受験後の自己採点の際に、最近の英検1級の難易度の傾向をまとめて、今度の英検1級の難易度を予想しています。

詳細は、こちら→ http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2011/06/post-be1d.html

ということで、今回は、その確認となります。

・語彙問題:例年通り

・読解問題:難易度高

・リスニング:難易度低

実際は、受験してみないとわからないわけです。

まあ、予想が外れたとしても、動揺せず受験したいですね。

最近は、リスニングの調子がやや上昇傾向にあるので、是非、よい結果を出したいと思います。

2011年10月10日 (月)

英検1級の解答順とその時間配分を確認する。

今日は、今度の日曜日に迫ってきた英検1級の解答順とその時間配分を確認したいと思います。

これについては、毎回確認していますが、今回も英検1級直前に確認しておきます。

さらに、今期では、CELの英検1級模擬試験コースは最後の2回しか受講していないので、ちょこっと忘れているかもしれませんので。

やはり、エッセイから始まり、ある意味、逆流して解答します。

1.part4(エッセイ) 25分(13:30-13:55)

2.part3(内容一致問題) 10+10+20=40分(13:55-14:35)

3.part1(語彙問題) 15分(14:35-14:50)

4.part2(空所補充問題) 10+10=20分(14:50-15:10)

これで、制限時間いっぱいの100分となります。

今までの経験を踏まえると、2のpart3で、多少時間が押し気味になります。

ここは、最大でも5分遅れで通過したいところ。(少しは成長していると思うので、予定時間通りで通過したい)

3のpart1(語彙問題)は、知っている知らないの問題なので、15分のところを10分以内に通過したい。

最後のpart2は、2問ありますが、1問につき10分はかかりません。

ここは、2問で15分以内で通過したい。

そうすると、5分程度の時間があまる計算。

この5分では、エッセイの文法や構文チェックし、訂正を加えておく。

これだけでも、数点はちがってくるらしい。

さらに、リスニングのpart3の問題分の状況把握だけでもしておくとよいと考える。

リスニングのpart3と4は、配点が2倍となるので、得点できると大きい。

2011年10月 9日 (日)

CEL Buildupコース最終回

今日は、今期のCEL Buildupコースが最終回となりました。

今期は、英検1級模擬試験コースを一時中断して、Buildupコースを受講しました。

そもそも、英検1級模擬試験コースを一時中断したかというと、このままでは、英検1級を突破できる力はつかないだろう、また、英検1級から少し離れて見ようと考えたからです。

Buildupコースも、模擬試験がなく、点数がつけられず、何か物足りなさを感じていました。

しかしながら、後半になると、特に、リスニングのディクテーションが長く、True/Falseのリスニング問題も一気に通しで進められたので、やりがいのある授業になってきました。

前置きが長くなりましたが、この最終回では、Final Exerciseと称して、まとめのテストでした。

その結果を発表します。

1.語彙問題 50問中40問正解(正答率:80%)

2.文法問題 20問中16問正解(正答率:80%)

3.リスニング 10問中10問正解で全問正解(正答率:100%)

合計 80問中66問正解(正答率:82.5%)

自己採点して驚いたことは、リスニングがなーんと、全問正解であったことです。

どっか間違っているだろうと、何回も見直しましたが、全問正解していました。

なんだかうれしいです。

リスニング問題は、2回ずつ聞くことができましたが、最初の1回目では、7割程度、正答を決めることが出来、2回目ですべて正答を決めることができました。

最後で、Buildupコースの効果が出てきたようです。

しかしながら、昨日の英検1級模擬試験コースのリスニングは、part2とpart4以外は、撃沈でした。

part2だけでも出来たので、やはりBuildupコースの効果が出てきたのかなと感じています。

でも、Buildupコースの予習用のリスニング音源を使って、聞いたり、シャドウイングしたりした程度で、それを毎日(月曜日-金曜日)1時間くらいやっていただけですが。

なんだか不思議に感じております。

2011年10月 8日 (土)

来週の英検1級受験まであと1週間になりました。

来週の英検1級受験まであ1週間になりました。

ということで、恒例の???と行きたいところですが、今回は目標点数は考えないことにします。

点数を考えているうちは、英検1級に合格する力がないからだと感じるようになったからです。

でも、こんな得点配分になれば理想かなと思います。

Reading 40点

Listening 25点

Essay 20点

合計 85点

ところで、今日、CELの英検1級模擬試験コースは最終回でした。

最終回と言っても、今期は最後の2回しか受講していませんが。

この最終回の模擬試験の結果は、「撃沈」。

しかし、リスニングのpart2だけは、10点満点中7.5点でありました。

このあたりは、はやり、CELのBuildupコースの効果が出ているのでしょうか?

2011年10月 7日 (金)

Steve Jobs passed away at 56.

昨日、Appleの共同創立者であるSteve Jobsさんがお亡くなりになられました。

ご冥福をお祈りします。

また、なくなられた日が、iPhone4Sの発表翌日だったので、絶妙のタイミングを狙ってiPhone4Sの発表されたのだと、Apple関係者に感心しています。

Stevejobs

このニュースを知ったのが、昨日の夕方くらいです。

会社で、来たメールを見て、Steve Jobsさんの死去を知りました。

そのメールは、日経BP社から発信されているメールです。

私もApple製品とは縁がないわけでもありません。

そこで、今まで購入したApple製品をご紹介したいと思います。

1.iPod touch 16GB(第2世代) 2008年11月に新品で購入

2.iPad 64GB WiFiタイプ(初代) 2010年11月に中古で購入

3.Mac Book Air(Late 2010) 2011年7月に新品で購入

4.iPhone4 16GB Black(SIM Free) 2011年8月に新品で購入

全部で、4台もあります。

1のiPod touch以外は、現役で活躍してくれています。

Apple製品を買うきっかけとなったのが、kumiさんのブログを拝見したことです。

kumiさんのブログで、iPod tocuhの記事があり、それを読んでから、iPod touchが欲しくなり、その後すぐに、iPod touchを購入しました。

最初に、iPod touchを使って見ると、すごい衝撃を受けました。

iPod tocuhがほとんどコンピュータ-のようなに使え、さらに、携帯機器でここまで進化したんだと感激しました。

このことがきっかけとなり、無意識のうちにAppleに取り囲まれた顧客の1人になりました。

今では、メインで使用するパソコンをWindowsからMacへ切り替えようと考えています。

さて、先日発表のありましたiPhone4Sについて、私の感想を述べますと。

改めて購入するまでもないかなと思います。

カメラなどがアップグレードされましたが、iOS5は、iPhone4にも適用されるので、特に魅力がありません。

ただし、まだiPhoneを持っておらず、欲しい方は、是非、SIM FreeのiPhone4Sをお勧めします。

経済的に厳しい方は、iPhone3Sが格安になっていますので、購入のチャンスです。

購入先は、EXPANSYSがお勧めです。

私も、ここでiPhone4を購入しました。

SIM FreeのiPhoneとb-mobileでスマートフォンライフを楽しみましょう。

2011年10月 6日 (木)

英検1級受験まであと1週間程度

10月16日の英検1級まで、1週間程度となりました。

昨日は、受験票も届いた。

準備としては、英語の学習を継続することのほかに、受験票に貼る写真を用意しなくてはなりません。

いままで、ずーと昔撮ったスピード写真を貼っていましたが、そろそろ英検サイズの写真がなくなりました。

通訳案内士試験用の写真(ちょっと小さい)と、7月に撮ったパスポート用の写真(ちょっと大きい)のしかありません。

通訳案内士試験用のならなんとかなりそうですので、それを受験票に貼って準備をするとします。

今週末の予定は、

土曜日:CELの英検1級模擬試験コース受講

日曜日:CELのBuildupコース受講

月曜日:ベランダの掃除(台所からホースを出して、ベランダと窓を水洗い)

今日は、このへんで。

2011年10月 5日 (水)

英検1級の受験票が届いた、そして、ISSその後

今日、会社から帰ってきたら、英検1級の受験票が届いていました。

早速、中を拝見すると、試験会場が、なーんと、近所ではありませんか。

申し込み時には、試験会場を「世田谷区・渋谷区・目黒区・大田区・品川区とその周辺」にしました。

しかーし、「希望会場が満席のため下記会場でお願いします。」とあり、

今回の英検1級の会場は、

洗足学園中学高等学校

となりました。

希望の試験会場が満席となり、代替えとなった会場が、近所となりました。

遠くならないだけよかったです。

一応、英検協会の方でも住所を考えての変更だと思っています。

おまけに、この試験会場は、通勤経路内にあるので、会社の定期券で行くことができ、電車賃ただです。

ちなみに、自宅から徒歩と電車で約25分圏内です。

試験会場が同じ方は、私を見つけたら声をかけてくださいね。

ところで、話は変わって、

ISSの英語翻訳者養成コースの申し込みは、見送りました。

この度の英検1級の出来を見てから決めます。

やはり、英検1級の学習と翻訳訓練は両立できそうにないので、ひとつずつかたづけて行きます。

英検1級合格→ISSの英語翻訳者養成コース

という図式です。

2011年10月 4日 (火)

ISS英語翻訳者養成コースのレベルチェックの結果

今日、早々と昨日提出したISS英語翻訳者養成コースのレベルチェックテストの結果がきました。

結果は、予想通り「基礎科Ⅱ」です。

さらに、明日10月5日までの申し込みと費用の振込みで、入会金が免除となります。

サマーコースの「訳出力アップ!難解構文攻略ステップ24」を受講したので、明日までの申し込みと費用の振込みで、入学金が免除になります。

そっか、そういうことで、レベルチェックの結果がすばやく来たのだと感心しました。

ということで、明日の朝、会社へ行く前に、

1.申し込み用紙をネットプリントで印刷

2.印刷した申し込み用紙に押印

3.押印した申し込み用紙をFAXにて送信

一方、費用の振込みを明日の朝、会社へ行くまでに(ネットプリントで印刷するまでにセブンイレブンに行く前に)、インターネットで振込みをするしかないですね。

ちょっと高額なので、実際、どうしようかと悩み中。

ISSの英語翻訳養成コースの入学の次のタイミングは4月。

2011年10月 3日 (月)

NHK語学講座とISSの翻訳者養成コースレベルチェック

今日から、NHK語学講座は10月分が始まりました。

私は、ストリーミングでNHKの語学講座を聴いていますので、実際より1週間遅れです。

以前にもお話ししているように、10月からは、

1.入門ビジネス英語

  2011年4月~9月分を復習として、週に6日聞き直します。

  実際の放送では、週に2回でしたので、3倍のスピードで消化していくことになります。

  したがって、3月までの6ヶ月で3回復習できるということになります。

2.まいにちスペイン語

  この講座を聴くことで、スペイン語の学習を開始します。

  今日は、第1回目を聞きました。初日はこんなものかと感じています。

3.英語5分間トレーニング

  引き続き継続していきます。

  やはり5分間という限られた時間で聞くのは、集中するので充実感があります。

の3つの講座を実行します。

ところで、話は変わって、

昨日の夜、ISSの翻訳者養成コースのレベルチェックテストを送信しました。

レベルチェックテストでは、課題が4つあり、そのうち2つは、英日、残りの2つは日英の課題でした。

難易度は去年のレベルチェックテストよりは、簡単に思えました。

また、9月に受講した「訳出力アップ!難解構文攻略ステップ24」で学習した翻訳をするときの注意点なども役に立ったような気がしました。

さて、結果はどのレベルになるのか楽しみです。

2011年10月 2日 (日)

藤子不二雄ミュージアム

そういえば、近所に「藤子不二雄ミュージアム」という博物館ができ、開館しました。

入館するには、事前にローソンでチケットを買う必要があるとのことです。

110822_073214

驚いたことに、藤子不二雄ミュージアムというバス停までできたらしい。

最近は、このミュージアムの前を通らないのでどうなっているよくわかりません。

工事中の時は、何回か通ったことがありました。

ドラえもん電車を小田急電鉄が編成して、周辺の地域のみ盛り上がっていたような気がしています。

ドラえもん電車発見の記事はこちら。

→ http://mitskin.cocolog-nifty.com/kin/2011/08/cel-buildupmidt.html

小田急登戸駅からシャトルバスも出ています。

20110905155300

結構、立派なバスです。JRと小田急登戸駅の連絡通路に行けば、旗を持って立っている方がいらっしゃいますので、バス乗り場はすぐに分かると思います。

自宅からだと、自転車で15分くらいのところにありますので、わざわざバスを使うことはないと思います。

今日は、小田急登戸駅の改札を通った後のドラえもんのポスターを写真に撮りました。

その写真がこれです。ちょっと手ぶれ気味です。

2011_10020048

通訳ガイドとしては、一度は行っておきたい場所です。

ドラえもんは、アジアで人気が高まっているようです。

シンガポールに行ったときも、ときどき、ドラえもんが目につきました。

2011年10月 1日 (土)

CEL Buildupコースの効果か?

今日からCELの英検1級コースに復帰しました。

今日からと言うことは、最後の2回のみを受講することにしました。

担当の先生からは、"Welcome back!"と声をかけていただきました。

エッセイの練習はまったくしていませんでしたので、ちゃんと書けるか不安でしたが、書き始めると、目標の25分を遙かに上回る速さで書き終わることができました。

内容一致問題、空所補充問題、語彙、それにリスニングといい、新鮮味いっぱいで模擬試験を解きました。

で、その結果は、

・内容一致問題の読解問題はいまいち

・語彙は、比較的簡単だったような気がした

・リスニングはなーんと、1問のみ間違って、きんちゃん史上最高をマーク

 以前までは、構えて聞いていましたが、今日は、なんかリラックスして、聞こえてきた音を聞いていたという感じでした。

 リスニングの正解の選択肢を選ぶ段階で、一度は選択した番号を、あれっと思い、後に正解の番号をマークし直して、それが正解でした。話の流れからだいたい予測が付くようになった感じがしました。

 これって、buildupコースの効果かな?Buildupコースの先生も話の流れを把握しましょうっておっしゃっていたし。

 buildupコースのリスニングでは、ディクテーション、2分程度の音源を聞いて、その内容に関して内容が一致しているかどうかを決める問題、それに、1分程度の音源を聞いて、その内容についての質問に対する正解の選択肢を選ぶ問題をしています。

今日の自己採点は、

・語彙問題:18.2点/25点満点

・空所補充問題:6点/6点満点

・内容一致問題:10点20点満点

・リスニング:31.5点/34点

エッセイ抜きでの合計点:65.7点

エッセイ抜きでの合計点は、過去2番目の点数でした。

リスニングでは、Buildupコースの成果が出たのか?問題が比較的やっさしかったのかは不明です。

解説では、多少やさしくしたという解説もありましたが。

後者の難易度については、来週答案の平均点でわかります。

来週もこの調子でいきたい。

明日は、Buildupコースのため、再びCELに行きます。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »