Oxford

RNN

英検

Follow me

« シンガポールでのiPhone4販売価格 | トップページ | シンガポールのトイレ事情 »

2011年8月22日 (月)

iPhone4にどのSIMを入れるか?

シンガポール渡航前に、SIMフリーのiPhone4を購入して、シンガポールでは、Prepaid SIM Cardを購入しました。

購入したPrepaid SIM CardでiPhone4をチャンギ空港にてアクティベーションしました。

アクティベーションの際には、チャンギ空港でもらったWireless@SGの無線LANに接続しました。

そうして、無事、iPhone4のアクティベーションと、さらにPrepaid SIM Cardのアクティベーションをして、ようやく、iPhone4にて3G回線が使えるようになりました。

シンガポールでは、思う存分3G回線でiPhone4を使いまくりました。

主に、Twitter、foursquare, Instagram。そして、Eメール、時々インターネットで調べものなどをしました。

6日間で送受信合わせて、約150MBでした。

1日平均では、25MBの計算になります。

さて、日本に帰国してからは、自宅のWiMAXのルータを介して、無線LANで使用しています。

やはり、外出時や、通勤寺にも使いたいと思っています。

そこで、日本では、どのSIMをiPhone4に入れるかを考えています。

候補と、その長所と短所を考えました。

1.WiMAXの無線ルータで使用

 長所:①高速回線(ただし状況による)

     ②追加料金が発生しない

 短所:①無線ルータのバッテリの継続時間は2時間程度(通勤時には使用可能)

     ②わざわざ無線ルータを持ち歩かなければならない(身軽な格好ができない)

     ③使用する際に、いちいち無線ルータの電源を入れなければならない(すぐには使えない)

2.b-mobile Fair使用


 長所:①iPhone4用のマイクロSIMがある

     ②iPhone4のスイッチを入れるとする使える

       ③止めたいときに、いつでも止められる(でも4ヶ月毎だが)

 短所:①4ヶ月毎に、8,908円支払わなければならない(2227円/月相当)

      (使用条件が最大4ヶ月で1GBの通信料、通信料が1GBに達した時点で終了)

    ②電話番号がもらえない(AUの携帯電話があるのでたいした問題はない)

3.b-mobile イオンで発売の980円/月プラン

Bmobilejpgscaled500

 長所:①月額980円という最安値

     ②通信速度が遅いと感じたら、月毎にスピードを変えられる(変えるとFairよりも高額となり、通信速度もFairよりも遅くなる)

 短所:①通信速度が100kbpsに抑えられている

     ②購入時に契約料3,150円が発生する(ちゃんと契約するのが前提となっている)

     ③iPhone4用のマイクロSIMはない(iPhone4に入れるようにするには加工が必要)

     ④イオンまで買いに行く必要がある(一番近いイオンでも電車で20分くらい)

ここで、1ヶ月当たりの使用予想量を計算します。

シンガポールでバリバリ通信して一日あたり25MBでした。

1ヶ月に週末は4日くらいあります。バリバリ使う状況は、日曜日にCELのBuildupコースを受講しに行く時くらいで、おおよそ半日と考えると、週末だけで50MBを使う予想になります。

それに、通勤時の使用を考えると、通勤時間は30分で電車に乗っている時間は片道13分程度です。今は、その時間は英単語を覚えているのでほとんど使わないと考えます。

仕事の外出時を考えると、1ヶ月に1回とし、移動時間は往復で5時間とします。

その半分の時間をiPhone4に費やすと考えて、通信料は5MBとします。

とすると、1ヶ月の通信料は、55MB+数MB。したがって、1ヶ月に多く見積もっても、70MB程度で十分となります。

この結果を踏まえると、b-mobile Fairが有力となります。

契約をしたくないと考えると、b-mobile Fairですね。

通信速度も、b-mobile Fairだと、3G回線では高速の方です。

でも、4ヶ月で1GBも使えるのに、その半分程度しか使用しないのは、もったいない。

使用できる期間をもうちょっと増やしてほしいですね。

とりあえず、iPhone4は、b-mobileにて運用し、携帯電話はAU by KDDIで運用するとしよう。

ただし、Au by KDDIの携帯電話のメール機能は取り外します。

Au by KDDIは、2年間の自動契約したばかりなので、約2年間くらいは様子を見て、必要なら、MNPでiPhone4に電話をつけることも考えている。

2年もすれば、状況が変わってくるに違いないのでしばらく、様子見です。

« シンガポールでのiPhone4販売価格 | トップページ | シンガポールのトイレ事情 »

学習ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4にどのSIMを入れるか?:

« シンガポールでのiPhone4販売価格 | トップページ | シンガポールのトイレ事情 »