Oxford

RNN

英検

Follow me

« 定年退職って美徳? | トップページ | MBAにLionを入れようとしたが、、、、 »

2011年7月27日 (水)

会社員 VS フリーランス

昨日の記事にも書きましたが、今後の人生として、やはりフリーランスを目指したいよ考えています。

そこで、今日は、会社員とフリーランスとの比較をpros&consで確認してみたいと思います。

なお、会社員では、私の職場を中心に、フリーランスは通訳ガイドの方や翻訳者の方を実際に合った印象やブログやTwitterからの印象からです。

<会社員>

(pros)

・座っているだけで給料がもらえる

・会社でも話し相手がいるので、ストレス解消になる

・管理職になれば、高収入も可能

・生計が立てやすい

・退職金がある(特に定年退職では高額となる)

・社会保障に加入できる

(cons)

・毎日、通勤しなくてはならない

・仕事がなくても、行って何かをやっているふりをしなくてはいけない

・いやな仕事でもやらなければならない

・仕事はあまり選べない

・みんな暗い、見ていて辛そうだ(特に管理職)

 年齢の割には、年寄りに見える

・解雇あり

・定年あり

・転勤あり

・会社倒産あり

<フリーランス>

(pros)

・自由(好きなときに旅行に行ける)

・みんな生き生きしていて、年齢の割には若い

・みんな好きなことを仕事にしている

・解雇なし

・定年なし

・転勤なし

(cons)

・仕事を継続させることが難しい

・一般的に低収入

・話し相手が常にいない

・土日関係なしで仕事

会社員のprosはフリーランスのconsと、会社員consは、フリーランスのprosと、ほぼ裏表の関係があることがわかりますね。

こうして考えると、やはり、フリーランスに魅力を感じます。

会社員のconsには耐えられません。

« 定年退職って美徳? | トップページ | MBAにLionを入れようとしたが、、、、 »

英語一般」カテゴリの記事

コメント

きんちゃんさん、こんばんは。

おひさしぶりです。niki です。

すごい興味深いトピック・・なのでおもわずコメントしています。

私も数年以内に働くつもりなんですが、
やはり安定した収入を得るためには働きたい・・・、
どこで働くかは全然未定ですが・・。

でも今まで会ったことのあるフリーランスで働いている人たちは(通訳、ライター、司会業、パティシエなど)やはり、生き生きしていて、すごく眩しく見えます。

きんちゃんさんは、フリーになるなら今の理系分野でですか?それとも英語を生かした通訳案内士ででしょうか? 得意分野が複数あるのはうらやましい限りです・・・。

それでは~。

追記
会社員の pros には、「退職金がある」、さらに「社会保障に加入できる」
ってのもあるかなぁと思います。


あっ、失礼。

通訳案内士と、翻訳でって昨日の記事に書いてらっしゃいますね。

失礼しました。

理系分野強いと、翻訳の仕事獲得には有利みたいですよ~~


アメリアの求人情報は半分以上は理系分野ですよ。

あっ、失礼。

通訳案内士と、翻訳でって昨日の記事に書いてらっしゃいますね。

失礼しました。

理系分野強いと、翻訳の仕事獲得には有利みたいですよ~~


アメリアの求人情報は半分以上は理系分野ですよ。

nikiさん、こんばんは。

フリーランスの方って、生き生きしていて、すごく眩しく見えますねー。
理系分野に強い人って、翻訳者の中では少ないから有利なのかな?

私は、日→英の方が得意だと考えています。

会社のprosに追加しておきます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/52324509

この記事へのトラックバック一覧です: 会社員 VS フリーランス:

« 定年退職って美徳? | トップページ | MBAにLionを入れようとしたが、、、、 »