Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2011年度第1回英検1級1次試験 語彙問題レビュー | トップページ | 今後の身の振り方(後編) »

2011年6月15日 (水)

今後の身の振り方(前編)

今回の英検1級も大敗で終わりそうです。

あとは、エッセイの得点がいくらであったかが気になるところです。

ということで、今後の身の振り方をいろいろ考えていました。

まだまだ結論が出ていませんが、今の心境も含めてお話ししたいと思います。

そういえば、英検準1級でも、なかなか合格できなかった頃を思い出していました。

最初に英検準1級を受験したのが、通訳ガイド試験の勉強を始めてからだいたい4~5年くらいたった頃だったでしょうか。

当時、今でも変わりませんが、通訳ガイド試験(英語)の難易度は、英検準1級と1級の間だと言われていました。

英検準1級に合格できないのなら、通訳ガイドも合格できるはずがないと思っていたので英検準1級を受験してみたのですが、当時、全然歯がたたないくらい難しく、合格もほど遠いなあと感じていました。

そこで、まだまだ英語のレベルが低いなと感じ、それからも継続して通訳ガイド試験の勉強もずーっと続けていました。

当然、通訳ガイド試験も毎年、毎年、不合格の連続で、一時期はどん底まで落ち込んだ時もありました。

この苦しい時期を乗り越え、そろそろ通訳ガイド試験も合格できそうだなーというレベルに達したかなと思っていても、やはり本試験となると、なかなか合格できるものでもありませんでした。

当時は、ハロー通訳アカデミーにずーっと通いながら勉強していましたが、2006年の夏に、体外試合と称し、CELの公開模擬試験を受けに、初めて、CELの教室に行きました。

その時の模擬試験の結果は、3番という好成績を取ることが出来ました。じゃ、今年は合格できそうだなと思い、受験しましたが、再び、不合格でした。

そのころからCELのことが頭に残るようになり、そういえば、CELでは英検のコースもあったな。英検の広告も貼ってあったなと思うようになりました。

そこで、2007年の通訳ガイド試験の後、10月に英検準1級でも、久しぶりに受験してみるかと思い、英検のサイトから適当に過去問をダウンロードして、解いて見たところ、ReadingとListeningとも、だいたい7割正解できていたので、これは、英検準1級は合格できるだろうと思い、英検準1級を受験しました。

結果は、余裕のよっちゃんで、Readingは、語彙問題を2問だけ落として、ほぼ満点、Listeningは、なんとか7割をちょっと割るくらいの得点で、合格しました。

2次試験では、なんとかぎりぎりで合格しました。

このとき、英検準1級に合格できたということは、一応、通訳ガイド試験に合格できるくらいのレベルにはあるだろうと考えました。

そlこで、またCELのことが頭をかすめ、そういえば、CELの通訳ガイドコースがあったなー、一度、どんな授業をやるのか聞いてみようと、説明会を通信受講で聞いてみて、CELだったら合格できそうと思い、通訳ガイド試験受験最後の年にしたいという思いが強くでました。

そこで、思い切って、これが最後の投資やーと言いながら費用を支払いました。

ちなみに、ハロー通訳アカデミーも模擬試験コースだけ受講しました。

この年は、、ダブルスクールをしました。

その投資の甲斐があって、12回目の受験でついに通訳ガイド試験に合格できました。

と、いろいろ綴ってきましたが、この経験を通して、言いたいことは、

1.継続は力なり

2.英語を鍛える方法はいくらでもあり、直接的な英検1級対策だけではない


3.英語を鍛えていれば、そのうち英検1級くらい合格できる実力はつく

特に、2と3は、英検準1級合格が目的でなかったが、通訳ガイド試験の勉強をすることで、総合的な英語力がつき、最終的に、英検準1級と通訳ガイド試験に合格できました。

以上のことより、今後の身の振り方を話したいと思いますが、今日は前振りだけで長くなりましたので、この続きは明日にします。

みなさん、お楽しみに。

« 2011年度第1回英検1級1次試験 語彙問題レビュー | トップページ | 今後の身の振り方(後編) »

英語一般」カテゴリの記事

コメント

ほおお。。。。自叙伝読んでるみたいやった。
ほんと、ずっと継続して勉強してきてるんやな~。投資したお金の合計がすごすぎる。。
そんなお金もってへん(泣)。。。。うらやましい。。。

今日は自分のブログのほうで TIME記事のわからん英文をみんなで激論してもらい、

あまりにも自分の知識のなさに どてっと転びそうになったわ。
きんちゃんさんは何でも知ってるし、それがきっと今後の英語学習にも相乗効果をもたらすと思うで。

知らんことをどんどん知って、もっともっと今後の人生を豊かにしたいと思う今日この頃。

でんすけさんの仕事場の後輩S君は50点やったとか。エッセイ満点とってぎりぎりか(汗)

たしか京都にある、国立エリート大学卒やったかと。

みんながんばってるね~。仕事しながら。

きんちゃんさんも体に気をつけ楽しい英語学習一緒にがんばろう!!

この自叙伝、後編あんのか。 また楽しみにしとくわ~

大阪の主婦さん、こんばんは。

TIMEの記事って、木星の衛星の話ですよね。
私もコメント書こうと思いましたが、sigeruさんがすばらしい訳をしていたので書けませんでした。
読み逃げました。

ガイド試験の勉強をはじめてから、毎年毎年、自分に投資してきました。
これからも続ける予定です。

でんすけさんの後輩は、そういえば、以前の英検1級ではあともう数点の所ではなかったでしょうか?50点か、私の点数に近づいてきまなー。
リスニングで点を落としたのかな?

自叙伝の後編は、明日書きます。
お楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136648/51952992

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の身の振り方(前編):

« 2011年度第1回英検1級1次試験 語彙問題レビュー | トップページ | 今後の身の振り方(後編) »