Oxford

RNN

英検

Follow me

« シンガポール一日目 | トップページ | シンガポール三日目 »

2011年5月 2日 (月)

シンガポール二日目

今日は、朝から雨で、しとしと降る雨でした。

そこで、今日はおとなしくしておこうと考え、ホテルのフロントで図書館などないかと聞いたら、歩いて行けるところで、今日、行こうと思っていたブギス&アラブストリートの近くだったので行って見ました。

そこは、すばらしい、National Libraryでした。

<今日行ったところ>

・Bugis&Arab Street

 ホテルから歩いて、National Libraryを目指すが途中で、Bugis Streetに入って、Honey Pineapple Juiceを飲む。

 いろいろ歩いて店をぶらぶら。

・National Library

 7階からの眺めは抜群。

2011_0502sigapore0006

 ビルの上に船?

 なんだろう?

2011_0502sigapore0008

 これはなんだろう?

2011_0502sigapore0009

 観覧車だ!これが、シンガポールフライヤー?

 図書館の中で、雑誌をぼーっと見ていると、 日本から発行されている雑誌「JAPAN CLOSE-UP」PHPを発見し、ざーっと見てみました。

 その他に「Japan Spotlight」 Japan Economic Foundationも発見したが、ちょっとお堅い記事が多いので、通訳ガイドの観点から言うと、「JAPAN-CLOSE-UP」をお勧めします。

 日本で最近起こっていること、日本文化などを記事にしています。日本の勉強にもなります。

 購読しようかなとも考えています。

 図書館に来ていた人は、ほとんどパソコン持参でお勉強されていました。

 パソコンを置いたまま、どこか(おそらく本を探しに)に行っていた人もいました。

 いやー、日本と同様に安全のようです。

 机には、コンセントも用意されており、パソコン作業用でない机にはコンセントが設置されていませんでした。

 National Libraryを出ると雨はやんでいました。

・Sultan Mosque

2011_0502sigapore0017

 イスラム教寺院に初めて足を踏み入れました。

 Mosqueへ入る前の清め方を隣に座った人に聞いて、イスラム教の清めをしました。

 その後、Mosqueの中に入りました。そこには、カーペットが敷いてあり、そこでイスラム教徒の方々が一生懸命にお祈りをしていました。

 イスラム教徒以外は、中央のお祈りの場所には入れないようです。

 このことを知らなかったので、注意されるまで、イスラム教徒のお祈りを見学していました。

 イスラム教徒以外の方は、周りの廊下まで入ることができます。

 イスラム教寺院での清め方は、

 ①口をゆすぐ→顔をゆすぐ、これを3回繰り返す

 ②頭全体を清める

 ③耳を清める

 ④最後に手足を清める

 ⑤自然に乾燥させる

 清めるところはこのようなところです。

 神社での清めよりもずいぶん、ディープですね。

2011_0502sigapore0013

 この右側の方で、私も清めました。

 入る前に、靴を脱いで裸足になります。手前の靴厳禁のマークが見えるでしょうか?

 こちらが、トイレつき

2011_0502sigapore0015

 奥の壁から向こう側がトイレです。

 入り口に、ablutionと書かれていました。

 辞書によると、abulation:清めるために洗浄すること

 purificationよりもディープな清めなのでしょうか?

 イスラム教でのお祈りの時間も、寺院にいた人から教わりました。

 公式的には、この写真に表示された時間です。

2011_0502sigapore0012

 通常は、右から3番目から日の出前、お昼ころ、夕方、日の入り後、寝る前の5回です。

 右の2つは、ラマダンのときに追加される時間で、ラマダンのときは、通常の回数より2回多く、一日に7回もお祈りをするようです。

 10分しか間隔がないのはなぜでしょう?

 特に、きっちりとした時間はなく、あくまでも目安らしいです。

 場所により、日の出前と日の入り後の時間は変わるのでしょうね。

 寺院にいた人とお話をして、日本の神道の清め方など異文化交流をしました。

 また、フランスからの観光客ともイスラム教と神道の違いなどをお話をしました。

 さらに、通訳ガイドとして日本への旅行促進活動もしました。

・China Town

 うわー、でっかい。

2011_0502sigapore0021

 下の方は、ショッピングモールでした。

 で、このショッピングモールはあとにすることにして、China Townをうろちょろ。

・foot reflexology(China Town)

 China Townをうろちょろした後に、このショッピングモールの中に入ってみました。すると、いきなり、foot massage, foot reflexologyのお店でにぎわっており、時間もあるので、私も足マッサージを体験。

 30分で15S$(約1000円)。安いですねー。

 ちょっと、痛いことも感じましたが、全体としては、気持ちよかったですね。

 マッサージ後は、なんか足が軽くなった気分です。

 その後、ふらふらしていると、こんな破格の携帯電話の広告が出ていました。

2011_0502sigapore0026

 なーんと、29S$(約2000円)です。今まで見た最低価格です。

 これに、SIMカード代を18S$とプリペイドカード(18S$~20S$)の合計65S$(4000円ちょっと)を支払えば、シンガポールで携帯電話が持てるということです。

 よくシンガポールへ行かれる方はどうでしょうか?

 でも、今流行りのスマートフォンは、やはり高級機種となり、値段もお高く、日本での価格をあまり変わりません。

<感想>

・イスラム教での清めとお祈り

 今日のハイライトは、やはり、Mosqueでの清めとお祈りの雰囲気を経験したことです。

 この際、イスラム教徒になろうかとも考えました。

 この場合、どうなるのだろう?

 仏教、神道それにイスラム教、これって許されるのでしょうか?

・Arab StreeやSultan Mosque周辺の静かな雰囲気

 時間があれば、ペルシャ料理でも食べに行こうか

・China Townで中国人のパワーを感じた

 規模とダイナミック性は、横浜の中華街よりもすーっと上手。

 やはり、中華料理は口に合う。

« シンガポール一日目 | トップページ | シンガポール三日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

図書館はオーチャードの高島屋にもありますよ。紀伊国屋の本屋さんもあります。

ボクが好きなところは、ナイトサファリー。何度行っても飽きません。タクシー代が安いのでタクシーで行かれることをお勧めします。

Katong地区もイイですよ!ペラナカンとユーラシアンのふるさととしても知られるエリアです。赴任していた頃、ここに居酒屋があり、茨城県の男性が経営していました。でも、今はありません。

シンガポールでFM日本語放送を流しているラジオ局があります。
http://www.comm.com.sg/media.php
スタジオは今はRiver valley Road #05-11 Lian Court に移転したようです。


宮本さん、おはようございます。

高島屋の図書館もチェックしておきたいですね。
紀伊國屋の本屋も勉強スペースがあるのでしょうか?
こちらも、要チェックですね。

サイトサファリですか?
時間があれば行って見たいですね。

いろいろ情報をありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール二日目:

« シンガポール一日目 | トップページ | シンガポール三日目 »