Oxford

RNN

英検

Follow me

« 無事帰宅しました。 | トップページ | シンガポールの電車MRT(Mass Rapid Transit) »

2011年5月 7日 (土)

シンガポール旅行の総括とシンガポールのIT環境

シンガポールから帰ってきて1日が経ちました。

今日は、いつもよりのんびりと過ごしました。

今日は、今回のシンガポールの総括とシンガポールのIT環境について記事にしてみたいと思います。

<今回のシンガポール旅行の総括>

1.時差

 日本との時差が1時間しかなく、ハワイやアメリカ本土より、体の負担が少なかった

 その分、到着した翌日から活動できた

 アメリカの場合、時差になれるまで3日くらいかかり、活動が制限される

2.飛行機に乗っている時間

 行き7時間、帰り6時間は適当な長さだと感じた

 ハワイより1時間程度短く、アメリカ本土よりかなり近く感じた

3.多国籍国家を感じた

 至る所で、英語、中国語、マレー語、タミール語の表記が目に付いた

<シンガポールのIT環境>

1.街中、Wireless@SGの電波をキャッチ

  旅行者は、空港のInformationでパスポートを見せるとIDとパスワードを発行してもらえるが、有効時間が6時間

 継続するには、いちいち空港に行く必要がある

 空港のInformationでは、空港のみでしか使えないと説明を受けたが、街の中のWireless@SGをキャッチできれば接続できた

 ただし、空港でIDとパスワードを発行してから6時間以内

 6時間といえども、無料で本当にインターネット接続ができる

 登録が完了すると、このようなIDとパスワードが書かれた紙をもらいます。

2011_0507sigapore0001

 上が、入国後に登録してもらったもの

 下が、出国前に登録してもらったもの

 Wireless@SGの新規登録には、シンガポールでSMSが受信できる携帯電話かスマートフォンが必要

 これができれば、無料でインターネットに接続が可能

 National Libraryでもインターネット接続は、Wireless@SGを使うように説明書きがあった

 今日、インターネットで調べていたらWorld Dyneというサイトがあり、海外のSMSを日本の携帯電話のEメール、PCのEメールに変換してもらえるサービス

 これを使えば、Wireless@SGを無料で使えそうです。

 だが、インターネットでいろいろ調べていたら、新規登録しても有効時間に制限があるらしい

 あとは、携帯電話会社であるSingTel、Starhub、Mobile oneと契約している携帯電話を持っていると自動的に、Wireless@SGに接続できるということもわかった

 シンガポーリアンは、Wireless@SGを受信できるときは、Wireless@SGの無線LAN接続でスマートフォンを見ているのだろう

2.携帯電話、スマートフォンの普及率が非常に高い

 携帯電話が非常に安い、プリペイドが発達(旅行者でも気軽に買える)

 電車の中などでは、日本よりも携帯電話やスマートフォンを見てる人が多い

 特に、iPhoneなどのスマートフォンの所有率が高いと感じた

 高依存性を感じ、スマートフォン依存症かと疑った

 安いからか?Wireless@SGのおかげか?

 (ホテルのフロントの女の子に聞いてもWireless@SGの存在は知らなかったようだ)

 至る所でプリペイドカードが販売されていた

« 無事帰宅しました。 | トップページ | シンガポールの電車MRT(Mass Rapid Transit) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

赴任中、シンガポール政府のIT政策について、政府機関を訪問したり、アンケート調査をしたり、それを報告書にまとめたことがありました。

当時からICT先進国だったわけですから、今も当然のこと。

視察で訪問した中等学校の校長先生の言葉が今も忘れられません。

情報先進国になっても学校はなくならない。先生と生徒との直のふれあいが教育の根幹として欠くことは出来ない。

この言葉を聞いて大変安心しました。

日本の学校教育は失敗の連続。もっとシンガポールに学ぶべきだと思います。

宮本さん、こんばんは。

そうですかー。
日本の学校教育も、いろいろな国を見習ってほしいものです。
韓国やシンガポールとかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール旅行の総括とシンガポールのIT環境:

« 無事帰宅しました。 | トップページ | シンガポールの電車MRT(Mass Rapid Transit) »