Oxford

RNN

英検

Follow me

« 「幕の内弁当」現象およびその概念 | トップページ | 海外版iPhone4を求めて »

2011年5月18日 (水)

Ambassador Transit Hotel

シンガポールのお話は終わったつもりでしたが、ちょっとシンガポールネタをもう少ししたいと思います。

今日は、チャンギ空港のAmbassador Transit Hotelについてお話をします。

シンガポールの一日目にも書きましたが、シンガポール到着が深夜の1時過ぎの予定だったので、第一日目は入国審査を受けずに空港内のAmbassador Transit Hotelに泊まりました。

まず、Ambassador Transit Hotelに泊まる際の注意事項について

1.予約は事前にしておくこと

  私がチェックインをしている時に、男の人が来て、フロントの人に予約はしているか?と聞かれて、その男の人が予約はしていないと答えて、ホテルで宿泊することを断られていました。
  このとき、予約は必須なんだなと感じました。

  予約の際に、トランジットせず、一泊してシンガポールに入国する場合、乗り継ぎの便は適当に記入することが必要です。

  空で入力すると、エラーになり、絶対入力しないと予約ができません。

  すべての欄に何がしらの入力が必要です。

  私は、一泊してシンガポールへ入国する予定だったので、乗り継ぎ便の欄は、"none"と入力しました。

2.到着するターミナルのホテルを予約すること

  チャンギ空港には、ターミナルが3つあり、それぞれのターミナルにAmbassador Transit Hotelがあります。

  到着するターミナルをちゃんと確認して予約しましょう。

  間違っていても、スカイトレインを利用すればターミナル間を移動できます。

  深夜遅く到着する場合は、スカイトレインが運行終了されている場合がありますので、ご注意を。

  私は、ターミナル1のホテルに宿泊しました。

3.料金と滞在時間

  一人の利用で、68.27S$(6時間)

  滞在時間(宿泊時間)は、6時間で1時間オーバー毎に追加料金

  そんなに高くはないと思います。

  私は、飛行機到着が深夜1:00頃だったので、チェックインは1:00過ぎでチェックアウトは7:00過ぎにしました。

4.宿泊した部屋

2011_0501sigapore0009

  シングルなのに、ダブルベッドが1つとシングルベッドが一つ。

  外国では、こういうのはよく起こります。

2011_0501sigapore0010

  洗面所とトイレです。

  広くきれいです。

2011_0501sigapore0011

 トイレの隣にあるシャワー室です。

 腰掛けてシャワーを浴びることができるように折りたたみ式の椅子がありました。

5.その他

  出発時間の早い飛行機に乗る場合も利用できると思いますが、出発の前日にホテルに入る時間帯に飛行機のチェックインができるかを確認しておく必要があります。

  少なくとも、ボーディングカードを持っていないと出国審査を通過することができません。

チャンギ空港を利用の際には、Ambassador Transit Hotelに泊まってみてはいかがでしょうか?

« 「幕の内弁当」現象およびその概念 | トップページ | 海外版iPhone4を求めて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ambassador Transit Hotel:

« 「幕の内弁当」現象およびその概念 | トップページ | 海外版iPhone4を求めて »