Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

日本酒

今日は、日本酒についてお話をしてみたいと思います。

私の場合、日本酒と言えば、CELの日本事情コースと去年の年末の日光研修を思い出します。

まず、クイズです。

一般的に日本酒には何種類ありますでしょうか?

答えは6種類です。

大きく分けると、アルコール無添加(純米)とアルコール添加の2つです。

アルコール無添加には、純米大吟醸酒、純米吟醸酒および、純米酒。

アルコール添加には、大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒。

これらの日本酒を詳しく見ていきます。

<アルコール無添加>

 原料は、米、水、麹のみ

1.純米大吟醸酒
  精米歩合:50%以下
  最高峰の日本酒
  一般的に、軽く味が深く香りが豊か

2.純米吟醸酒
  精米歩合:60%以下
  低温度で長時間発酵させてある
  口当たりが軽く、風味が強く洗練された味

3.純米酒
  精米歩合:70%以下
  味は、豊かで素直
  混ざり味がなく味のバランスに優れる
  特別純米酒は、単に精米歩合がこれより低いか特別米を原料としている

<アルコール添加>
 原料は、米、水、麹および純蒸留アルコール(醸造用アルコール)

4.大吟醸酒
  精米歩合:50%以下
  最高峰の日本酒
  一般的に、軽く味が深く香りが豊か

5.吟醸酒
  精米歩合:60%以下
  低温度で長時間発酵させてある
  口当たりが軽く、風味が強く芳醇で、洗練された味

6.本醸造酒
  精米歩合:70%以下
  口当たりが軽く、香りもまろやかで飲みやすい
  特別本醸造酒は、単に精米歩合がこれより低いか特別米を原料としている

要するに、精米歩合の低い日本酒は手間がかかって高級ということです。

日本酒を買う時は、ラベルに書かれている精米歩合と醸造アルコール添加/無添加を確認して買いましょう。

精米歩合の差はあまりわからないと思いますので、いろいろな日本酒を楽しんではいかがでしょうか?

<用語解説>
・精米歩合
 原料である米を研ぐが、研ぐ前の米(玄米)の重量に対する研いだ後の米の重量の割合こと
 精米歩合の値が高いほど、米を研いでいる
 米を研げば研ぐほど、あざやかな香りと、高級な味がする
 米の表層に近い部分は、苦みの元になる物質が存在する

<英語表現>
・日本酒: fermented alcoholic beverage
・精米歩合: remaining rate of rice after polished
・発酵させる: ferment

2011年2月26日 (土)

たたむ文化

2月20日付日経新聞の付録であるNIKKEI MAGAZINEに「たたむ文化」についての記事があったので、私の意見も併せて、ご紹介します。

この記事は、通訳ガイドの方、勉強中の方にとって興味深い記事だと思います。

「たたむ文化」を一言で言って、日本独特の文化の一つと言って良いと思います。

日常生活では、洗濯物をたたむとか、布団をたたむとかの表現でたたむ文化」が現れています。

なぜ、日本に「たたむ文化」ができたかというと、理由は3つで、

1.四季があるから

  ・季節によって自然の色合いも風景も変わる。季節の景色に合わせて、家具を出したり、たたんしまったりしてきた。

2.日本家屋が狭い

  ・調度替えで使わなくなった家具をしまうには、たたんで小さくする必要がある。

3.日本人の「座る」生活

  ・畳の上で暮らす日本の生活は「平面的」。だからこそ、平面構成で、しかもたたんでしまえる着物のような衣類が生まれた。

表情豊かな季節・日本の住環境とたたむ文化」は密接な関係があるということです。

先述の洗濯物をたたむや布団をたたむ以外に、たたむという表現を書き出すと

・店をたたむ

 ・ちゃぶ台をたたむ

・座椅子をたたむ

・びょうぶをたたむ

・扇子をたたむ

・網戸や雨戸もたためる外壁

などです。

現代において、「たたむ文化」が現れている機器として、

・日本の折りたたみ式携帯電話

 海外では、日本ほど折りたたみ式の携帯電話は普及していないらしい。

 折りたたみ式が人気なのは、携帯性を犠牲にせずに液晶やテンキーを大きくできるため、ネットやメールを積極的に活用できる日本人の使い方に合っている。

 しかしながら、昨今では、スマートフォン(Smart Phone)が世界的に普及しつつ、日本でも例外ではない状況となりつつあります。

 スマートフォンでは、液晶ディスプレイとキーが共用となり、メニューの数に応じて画面枚数が確保される構成となっています。

 折りたたみ式携帯電話が機械的な折りたたみ式と考えると、スマートフォンは、ソフト的な折りたたみと考えることができそうです。

・ノートパソコン

 日本のノートパソコンの普及は世界的に見ても早く、構成率も高いらしい。

 やはり、理由としては、大きいデスクトップよりも狭い日本の家屋には、ノートパソコンが都合がよいのだろうと推測しています。

があります。

また、「たたむ」という言葉には、「終わりにする」という意味が含まれています。

例えば、携帯電話やノートパソコンなどを終わるときにたたんで終わりにする。
「店をたたむ」という表現は、「店を終わり」にする(廃業にする)ということです。

最後に英語で「たたむ」という表現について考えてみたいと思います。

時事・ガイド用語では、

・屏風:folding screen

・扇子:folding fan

・折りたたみ型携帯電話:folding cellular phone

という感じで、「折りたたみ式」をfoldingで表現できます。

動詞として使う場合も、foldが使えます。

「店をたたむ」は、to close the store と表現できます。

この場合の「たたむ」は、closeで表現できます。

今後、日本語で「たたむ」という表現がでてきたら、英語でどう表現するかを考えてみるのも面白そうですね。

2011年2月25日 (金)

シンガポール旅行のスケジュール決定

今日の朝、ゴールデンウイークのシンガポールへの旅の航空券を購入完了しました。

日程は、

4月30日 夕方、デルタ航空機で成田空港から出国

5月1日  深夜、チャンギ空港到着

5月6日  早朝、デルタ航空機でチャンギ空港→午後、成田空港

出発と帰国の日にちは、航空料金とにらめっこして決めました。

出発が、5月1日だと、料金が4万円くらい高くなり、帰国が5月7日になると同じく料金が4万円くらい高くなるので、出発は4月30日、帰国は5月6日にしました。

正味、5日間滞在できるので、まあ良しとしよう。

これからは、ホテルと何をするかの大枠を考えます。

きっちりした予定は、立てないのが私流の旅です。

でも、今回は、ホテルだけは確保するとしよう。

アメリカだと、いつもは、ホテルは現地で探したが、今回は、大人らしく、事前に予約して行こうと考えています。

特に、到着は深夜なので、空港内のトランジットホテルがよさそうです。


2011年2月23日 (水)

CELの英検1級コース 入金完了!

今日の朝、CELの英検1級模擬試験コースの入金を完了しました。

来週末の3月5日から開始です。

これで、大金を費やしました。

ばかはお金がかかります。

話は、変わりますが、

今日、2010年度第3回の英検1級リスニングのディクテーションとシャドーイングをすべて終えました。

やれやれ。

明日からは、前期のCELの英検1級コースの最終回のリスニングをやります。

というのは、授業が英検1級1次試験直前まであったので、復習をしていなかったからです。

さらに、話は変わりますが、

ゴールデンウイークのシンガポールへの旅は、4/30~5/6か7を検討中です。

4月30日のCELの英検1級コース終了後に成田へ行けば、夕方の飛行機に乗れます。(ちょっと強行スケジュールかな?)

デルタ航空のマイレージ会員(元ノースウエスト航空のマイレージ会員)なので、航空会社は、デルタ航空です。

これで、デルタ航空機に初搭乗になりそうです。

今週中には、飛行機のチケットを予約したいと考えています。

今日は、BOOKOFFで地球の歩き方 シンガポール(2010-2011年度版)を注文しました。

2011年2月22日 (火)

今後の予定

楽しかった無料ガイドデーも終わり、3月が近づき、CELの英検1級コースも始まろうとしています。

そこで、今日は、今後の予定を記事にします。

3月5日 CEL英検1級コース開講(受講予約は済み)

4月29日 ゴールデンウイーク始まる

4月30日 CEL英検1級コース

5月8日 ゴールデンウイーク終わる

6月12日 英検1級1次試験

今日、会社で気がつきましたが、なんと、今年のゴールデンウイークは4月29日~5月8日までの10日間連続です。

ということで、久々に海外旅行でも行ってみようと考え始めました。

目的地は、初のシンガポール。

4月30日にCELの英検1級コースがあるので、料金の関係で5月2日以降出国で、5月6日あたり帰国を検討中。

早くしないと、飛行機のチケットが取れなくなるので、早めに日時を決めたいと思います。

2011年2月21日 (月)

無料ガイドを振り返って

昨日、2/19に行われた無料ガイドデー参加について記しましたが、補足や感じたことがあります。

まず、チーフの方からいただいた写真を見てから、記憶のずれがあることがわかりました。

厄年早見表を見て、これ何?と聞いてきたのは、2番目のドイツ人グループのお母さんだったのかな?とわかりました。(写真からほぼ確実)

3番目のオーストラリアからのおばちゃん2人組の印象がかなり強かったのだろう。

次に、外国人に声をかけていて感じたことがあります。

それは、特に若者の外国人は、意外にも、日本語を話す人が多かったことです。

あとで、いろいろ考えて、ある結論に達しました。

それは、「COOL JAPAN」

やはり、ファッションの流行発信地:渋谷や、ポップ・サブカルチャの流行発信地:秋葉原の影響もあるのだろう。

日本には、多くの観光資源がある。

将来は、この豊かな観光資源を生かし、フランス並に観光立国を目指すべきだと感じています。

2011年2月20日 (日)

今年も、無料ガイドデーに参加しました。

昨日、GICSSの無料ガイドデーに参加しました。

去年は、浅草寺で参加しましたので、今年は、明治神宮で参加しました。

ご案内したグループは午前中1組、午後3組で、合計4組、欧米豪方面からの旅行者および日本にお住まいの方たちでした。

去年は3組だったので、去年よりは、成果が出たと感じています。

ご案内した4組の概要は、

1.アメリカ人 女性2名
  senior high school studentとその祖母で日本に観光。

  senior high school studentの女の子は、アメリカで日本語を勉強しているとのこと。多少、日本語を話すことができる。

2.ドイツ人 男性2名 女性1名
  東工大(大岡山)物理専攻の留学生とその両親。

  主に、英語でご案内をし、ドイツ語で挨拶程度を交わした。

  東工大の留学生は、多少日本語も話せました。

  私は大学時代に第二外国語としてドイツ語を学習したことがあるので、挨拶程度はできる。

3.オーストラリア人 女性2名

  おばちゃんの2人組。

  観光目的で、その翌日(今日)、志賀高原にスキーに行かれる予定。

  日本で、オーストラリア人というと、北海道のニセコを連想したが意外であった。

  内1名は、日本に住んだことのある方で、少しは、日本のことをご存じであった。

4.イギリス人 男性2名

  内1名は、日本で英国系証券会社勤務、日本には5年住んでいる。

  他の一名は、その友達で、シンガポールから日本に遊びに来ている、その翌日(今日)、再びシンガポールに帰る予定。

  日本で英国系の証券会社では、日本人と英語と日本語を半分ずつ程度で仕事をしているとのこと。

では、詳細です。
1.アメリカ人 女性2名

  最初のグループだったので、最初は多少意気込んでいろいろ説明しようと考えていたが、高校生の女の子が、「これは何ですか?」と聞いてきたので、それに答え、補足の説明をしました。

2.ドイツ人 男性2名 女性1名

  私と同じく理科系の留学生だったので、同類のにおいを感じた?。

  ドイツ語を少ししゃべったので、なぜ、ドイツ語を知っているの?とか、なぜ大学でドイツ語を選択したのかなどのお話をした。

3.オーストラリア人 女性2名

  好奇心旺盛の方たちで、いろいろと疑問に思うことはがんがん聞いてきました。

  特に、厄年早見表が眼に入ると、「これ何?」と聞いてきたので、生まれた日本の年号で今年のunlucky age がわかると説明した。

  昭和25年(1950年)生まれは今年で61歳だが、なぜ62歳なの?と聞いてきたので、表にはカッコ書きで、(かぞえ)と書いてあり、昔は、赤ちゃんが生まれるとすでに1歳と数えていたのだと説明したところ、納得した表情が見えた。

  あとで考えれば、62歳は漢字で書かれていた記憶があり、漢字が読めていたのだろうか?

  結婚式の参進(parade)が祈願受付所から出てくるところを見ることができ、おまけに目の前で見ることができ、この2名も興奮していたようだった。

  (出てくる前に、通りがかりのおじさんが、「すぐ、そこから参進が始まる」ようなことを言ってくださいました。その後、すぐに2人組は、「何て言ってったの?」と聞かれました。)

  私も興奮し、カメラを忘れたので携帯電話でカシャと撮りました。

  撮った写真がこれです。

2011_02190002

なかなかの写真です。

 また、「日本人は、仏教と神道のどちらを信仰しているの?」も聞かれ、両方で、行事などで使い分けているのだと説明したら、驚いた表情をされていた。

 オーストラリアの文化からすると、ありえないのだろう?

 オーストラリアの歴史は浅いから、長い歴史のある日本やアジアの国にも興味があるとおっしゃっていました。

 このグループは、最初、時間がないから手短にすると言うことでしたが、終わってみれば1時間くらいかかっていました。

 まあ、無理もないでしょう。参進を目の前で見たのだから。

4.イギリス人 男性2名
  2人組のオーストラリア人のおばちゃんの案内が終わった直後、運良く、このイギリス人の2組の男性を捕まえることができました。

  2人とも、ちょっと早足だったので、鳥居を通過する瞬間に鳥居の説明をしました。

  手水舎では、シンガポールからの方は、顔まで清めました。(No problem!)

  男性といえども、やはり日本の結婚式には感動し、参進やその後の写真撮影もしっかり見て納得されたようだ。

  また、今日は、16組の結婚式があると言うと、「なぜ、知っているの?」と聞かれ、御祈願受付所に予定が展示されていることを教えました。

最後に感想ですが、

・cross-cultural exchangeができた。

・日本の結婚式と他国の結婚式の類似性もあることがわかった。

・通訳ガイドからの一方的な説明よりも、外国人観光客からも母国についても聞くことが重要だし、相手に考えさせることもよい。(例えば、結婚式の費用$1,500で年間2,000組以上もあると説明し、計算が得意なら、どれだけの収入になるかわかる?などと)

・英語を母国語としない国の方には、もっと簡単が英語でお話をすることが重要(ドイツ人のグループで痛感)

 barrel, chrysanthemum, representativeなどの単語が通じなかった。留学生はわかっていたが。

・やはり、通訳ガイドはEntertainerだ。

 外国人観光客を飽きさせずに、いかに感動させるかである。

 一方的な説明はNG、こちらからも、その国について聞く。結婚式の費用などのクイズ的なことを聞いてみる。会話が重要だ。

・国籍に関係なく、みんな写真を撮るのは好きなようだ。(日本人だけが特別ではない)

・無料ガイド2年目ともなると、多少、慣れた感じがする。

・声をかける時の姿勢や表情の仕方が多少わかってきた感じがする。

ということで、感動的な無料ガイドでした。

今回は、一年前のYOKO先生の明治神宮と表参道の勉強会とGICSSの新人研修が役に立ち、さらに、2週間前に下見をしていたのが良かったです。

来年は、京都で参加するのもいいなーと考えています。

うーん、京都日帰り?

たまには、自ら旅行気分を兼ねるのもよいかな。

2011年2月19日 (土)

名刺Ver.2 お披露目

昨日、到着した名刺をお披露目します。

その前に、早速、今日の無料ガイドで、他の通訳ガイドさんとVer.2の名刺を交換しました。

では、Ver.2の名刺は、これです。

Kinchan_2

どうでしょうか?

簡素のようで、スタイリッシュです。

左上と右下のカラーと形がアクセントになっています。

2011年2月18日 (金)

名刺ver.2完成

約2年前、GICSSの新人研修(関西)の前に、通訳案内士(通訳ガイド)の名刺を作りました。

その名刺がやっとなくなりそうなので、今回、明日の無料ガイドに備えて、新しく名刺を新調しました。

前回は、My Printの名刺にしましたが、今回は、ちょっとかっこよく、少しカラフルにするために、インターネットで名刺を作りました。

そのお店は、デザイン百貨店です。

最初は、余裕を持って、一種間前ぐらいから注文しましたが、文字を間違ったり、モノクロでは、カラーの部分も灰色になることがわかり、お店の担当者とメールを交わし、正式注文ができたのは、水曜日の夜で、今日の到着をあきらめかけたところ、なーんと、間に合わせていただきました。

感動、感激でした。

ということで、無事。、明日の無料ガイドを迎えることができます。

2011年2月14日 (月)

来年度のNHK語学番組

来年度のNHK語学番組のリストを見ていたら、なんと、結構充実していることがわかりました。

その中から、めぼしいものをリストにします。

1.トラッドジャパン:来年度は新作、通訳ガイド試験受験生必見!

2.実践ビジネス英語:2年ぶりに新しいものを聞く

3.入門ビジネス英語:関谷 英里子さんが講師

4.攻略!英語リスニング:英検1級リスニング対策によさそう

5.英語5分間トレーニング:大阪の主婦さんも毎日聞いていらっしゃるようだ

6.(番外編)まいにちスペイン語:英語の次はスペイン語を学習したい

これらを全部、見たり、聞いたりするのは不可能かと思ったが、2~4は一週間、同じ時間で聞くことができる。

5はおまけのような時間でできる。

したがって、6以外は、すべて実践できそうだ。

テキストのことを考えると、電子データのなったテキストが販売されているので、それでiPadかPCで見れば、テキストだらけになることはなさそうだ。

来年度はNHKの受信料を払ってもよいかなという気になってきた。

2011年2月13日 (日)

こりゃ、いい! emPower!

今日、The New York Timesを読んでいいたら、これ、ほしいという商品の記事がありました。

The New York Timesの記事によると、
"emPower!"という全自動の遠近両用眼鏡が発明され、今春アメリカのバージニア州とノースカロライナ州で発売が開始。その後、全米で発売される予定ということです。
また、1月にラスベガスで行われたCESでも出展されていたようです。

最初は、コンピュータディスプレイに内蔵しようと開発していたが、だんだん薄くなっていったので、組み込む余地がなくなくなり、眼鏡に入れたということです。

私は、眼鏡をかけていますが、
2008年度の通訳ガイド試験の時に、問題用紙を見た瞬間、字がぼけて困った記憶があります。それ以降、やはり、近くの字が見えずらく、眼鏡を外して読むことがよくあるようになりました。
そろそろ、遠近両用眼鏡が必要かなと感じてきた時に、この記事を見て、この眼鏡だったらかっこいいし、いいなー、ほしいなーと思いました。

その"emPower!"は、バージニア州にあるPixelOpticsという会社で開発され、開発チームの中には、パナソニック ヘルスケアが入っており、electric lenseの製造を担当しているとのことです。

気になる価格は、$1,000-$1,200ということなので、日本円で10万円くらいです。
これは、買いでないでしょうか?

これが、買える状況(買いにアメリカに行くか、日本で発売されたら)になったら是非、買いたいと思った商品です。

こういう英語で最新ニュースを知るというのは、英語学習者の特権ですね。

でも、日本語での記事はないかと探したら、2つありました。

http://www.glafas.com/news/flame_news/110107empower.html
http://blog.livedoor.jp/tsutsumikiyoaki/archives/2213151.html

ところで、話は変わって、

いよいよ、来週、「無料ガイドデー」で明治神宮を案内します。

昨日、勉強のために、明治神宮の紙芝居的な資料をpowerpointで作って見ました。

ここでは、表紙だけ載せます。

Meiji_jingu

どうでしょうか?

2011年2月12日 (土)

Walkiing Tours in Akihabara に参加しました。

昨日、雪が激しく降る中、秋葉原でWalking Tours in Akihabaraに参加しました。

通訳ガイドとしてはなく、お客として参加しました。

参加者は、私も含め7人程度で、内外国人2名で残りは、なーんと日本人でした。

でも、説明は、ちゃんと英語でなされました。

<コース> 所要時間:約2時間
Sofmap Duty Free's 1F→神田青果市場跡地→ガンダムカフェ→秋葉原駅前→秋葉原ラジオセンター菊池無線電機(2F)→秋葉原ラジオ会館海洋堂(4F)→アストップ(1F)→ラオックス本店を通り、総武線のガードをくぐって左へ、東京ラジオデパートの前を通り、一つ目の角を右へ、ツクモ電気前、ぽぽぷれ(メイドカフェ)前、神田明神通りを渡り、チチブデンキ前のおでん缶自動販売機、神田明神通りにて神田明神→神田明神の横の急な階段を下りて、昌平橋通りを渡り、左へ、一つ目の角を右に、昌平橋小学校Dear Stageガチャポン会館→中央通りを渡り、ゴールの宝田無線の地下

<詳細> ポイントのみ

1.神田青果市場跡

  今では、Akihabara Cross Fieldのビルが建っていますが、その昔は、青果市場でした。

  下の写真は、神田消防署の前のあたりにあります。

2011_0211walkingtour_akiba0010

 こちらが、青果市場であったという印ですね。

 山手線と京浜東北線のガード下に名残が残っています。

2011_0211walkingtour_akiba0001

2.ガンダムカフェ

 アニメ、ガンダムファンのお店で、ガンプラ焼きがお店の外からでも買えます。

 結構人気のようで、いつも列ができています。

3.秋葉原ラジオセンター2階の菊池無線電機

 店のご主人は、この秋葉原ラジオセンターができてからずーっと60年間、ここで、電気のパーツを売っているとのこと。

 英語の勉強もされているとのこと。NHKのテキストらしいものをお持ちでした。

4.秋葉原ラジオセンター2階

 初代ウオークマンも展示されていましたが、"Not for sale"でした。

5.秋葉原ラジオ会館4階の海洋堂

 アニメ、エヴァンゲリオンなどのフィギュアのプラモデルなどを売っていました。

 見るだけでも、楽しいですね。

6.秋葉原ラジオ会館1階のアストップ

 レンタルシューケースを貸し出しているお店です。

 レンタルショーケースは、月に3,000円で貸し出し、売り上げの数%をお店に支払うという形態で営業されています。

7.ラジオデパートの角を右に曲がった通り

 ぽぽぷれというメイドカフェ(2F)からメイドさんが出ていました。

2011_0211walkingtour_akiba0003

 神田明神通りに出るちょっと前にすだれ屋さん

2011_0211walkingtour_akiba0004

8.チチブデンキ前のおでん缶自動販売機(ヲタ通りの入口)

 一昔、オタクは、ご飯を食べる時間も惜しんで、秋葉原界隈で安いものを探していました。

 今では、いろいろなものもあります。ホットケーキのミルクセーキ缶なるものも。

 ここから、先週の研修で行った、@ほぉ~むカフェ(メイドカフェ)が見えます。

9.神田明神通り

 秋葉原の宮内庁ご用達の「箸勝本店」

2011_0211walkingtour_akiba0005

10.神田明神

 メイドさんもお参りする神田明神、何回も秋葉原には行っていますが、神田明神へは、初めて行きました。

 カメラのレンズに雪がつきました。

2011_0211walkingtour_akiba0006

 こちらは恵比寿様、商売の神様ですね。

2011_0211walkingtour_akiba0007

 神田明神の三祭神は、縁結び、商売繁盛、除災厄除。

 秋葉原の氏神らしく「IT情報安全お守り」というのもあるそうです。

11.昌平小学校

 比較的新しい小学校で、3つの小学校が統合され1993年に設立されました。

12.Dear Stage

 HPによると、史上最強のライブアイドル集団が、歌って、踊って、お給仕をするとか。

 ここから将来のアイドルが出るか!?

 2011_0211walkingtour_akiba0008

 まだまだ、雪が降っていました。

13.ガチャポン会館

 ガチャポンの名前は、カプセルに入ったフィギュアなどが「ガチャ・ポン」と出るところからだろう。

2011_0211walkingtour_akiba0009

14.宝田無線でゴール

<通訳ガイドとして気づいたこと>

・ガイドさんは、道を歩いて説明するのが何もなくても、何かをしゃべっている。

・話の中に、冗談も混じって、飽きを感じさせない。

<参考>

 アキバマップ

2011年2月 6日 (日)

GICSS 新人研修の無料説明会

今年度の通訳案内士国家試験に合格された方、本当におめでとうございます。

前回の記事でもお伝えしましたが、通訳ガイド団体の新人研修は是非、参加していただきたいと思います。

通訳ガイドとはこんなものだというのがわかると思います。

というところで、私の所属しているGICSSの新人研修の無料説明会をお知らせします。

1.2/6(日)10:30am 東京ウィメンズプラザ

        2:00pm 大阪府とよなかすてっぷ

2.2/10(木)7:00pm 東京ウィメンズプラザ

いずれも無料で、予約なしでいきなり会場においでくだだっても大丈夫です。

新人研修は、

・2011/2/26~3/6(土日コース)
・2011/3/2~3/6 東京 研修
・2011/5/1~4大阪 研修

今年から、土日コースと資格に係わらず、技術研鑽を目指す一般の方向けにチャレンジコース(Bコース)を設けています。

2011年2月 4日 (金)

通訳案内士国家試験最終合格発表&英検1級結果発表

今日は、2つの合格発表がありました。

通訳案内士国家試験と英検1級です。

まず、通訳案内士国家試験の合格者は、英語で495名、合格率は12.0%でした。

ちなみに英語の受験者数は、4,136名でした。

合格率を見ても、再び、狭き門になりつつあります。

結果の詳細はこちら→http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/110204_pr_guide.pdf

合格された方は、しばらくはスマイルが続きでしょう。

しかし、合格された方は、のんびりできません。

通訳ガイドの新人研修が2月~5月にかけて行われます。

通訳ガイド団体のサイトや情報を入手しましょう。

ちなみに、私の所属しているGICSSは東京での研修が3月、関西での研修が5月に行われます。
さらに、今年から資格のない勉強中の方でも参加できます。

詳細はこちら→http://www.gicss.org/

その他の団体としては、
JGA(日本通訳観光協会):http://www.jga21c.or.jp/

JFG(全日本通訳案内士連盟):http://www.jfg.to/

IJCEE(日本文化体験交流塾):http://www.ijcee.com/

まずは、説明会に足を運んで確認しましょう。

さて、英検1級の結果は、65点/113点満点でした。

私の自己採点が合っていれば、Essayは20点ということになります。

Essayだけは、3回連続で20点を取ったことになります。

合格点まで、前回と同じく、あと12点です。

次回の6月は再度、合格をもぎ取りに行きます。

2011年2月 1日 (火)

Walking Tours in Akihabara 申し込み完了

Walking Tours in Akihabaraに申し込みました。

日時は、2月11日の建国記念の日 午後1時スタートです。

どうだろう?

英語を話す外国人観光客に混じっての参加です。

いろいろと外国人の目線に注意しながら、秋葉原の説明もちゃんと聞いとこう。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »