Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

今日は、萌え~ました。

いきなり、変なタイトルになりましたが、今日は、通訳案内士専門性研修 関東地区研修テーマ②「新しい日本の魅力発見」に参加しました。

講座が3つとメイドカフェでの実地研修がありました。
その各々について概要を記します。

1.日本のアニメ・マンガの特徴と魅力について
  日本のアニメやマンガは、禅の精神と神道の影響があるということでした。
  そう感じました。
  禅の精神と神道は日本人に深く染みついている根底にあるものです。
  今回学んだ視点から、今後はアニメなどを見ていこうかなと考えています。

2.メイドカフェでの実地研修
  @ほぉ~むカフェ本店で実際にメイドカフェを体験しました。
  そこでは、みっくすじゅーちゅ給仕していただき、給仕の際には、かわいいかけ声を一緒にしました。飲む前においしくなるおまじないをし、いただきました。
  バナナのミルクセーキのようでおいしかったです。
  ここでは、「萌え」や「キュンキュンっ」の言葉の説明がありましたが、「萌え」はかわいいとか、いじらしいとかいう意味のようですが、英語で表現するのはとても難しいです。
  わび、さびに続いて英語などの外国語で表現しにくい言葉です。

3.言語のプロから学ぶ新しい日本の魅力の伝え方
  通訳ガイドとしてよりも、社会人として仕事で成功する秘訣のようなものでもあると感じました。
  相手の見たいもの、感じたいものを早く理解し、それを満足するものを提供するということです。
  つまり、顧客満足を常に考えなさいという趣旨の講座であったと感じています。
  顧客満足、顧客の目線でビジネスをした企業などがやはり勝ち残っています。
  通訳ガイドも個人事業ではありますが、同様に顧客目線で仕事をしないといいガイドができないと思います。

4.秋葉原の歴史と文化
  秋葉原も時代とともに変化を遂げて発展してきました。一時期は落ち込んだ時期もありますが、現在では立ち直って、新たな時代を迎えています。
  秋葉原は、流行の発信源のひとつとなっており、「いつも日本の最先端が見れる街」である。この講座でおもしろかったのは、同じ流行の発信源である渋谷との比較でした。
  秋葉原から出現した流行したものが日本の各地方に移り、さらには海外に出ていくと、次に新しいものが秋葉原で創造されるらしい。
  SofmapのAKIBA Duty Free's 1FのAkihabara Tourist Information Centerと、通訳案内士と連携した無料ツアー「秋葉原新発見ツアーⅡ」の紹介がありました。

5.研修終了後
  「秋葉原新発見ツアーⅡ」の情報を得るために、Sofmapに行って無料ツアーのパンフレットをいただきました。
  JGA Walking Tours in Akihabraのことだと思いますが、開催は、2/4,11,18,25と3/4,11,18,25の金曜日、出発は13:00です。

  詳細は、秋葉原観光振興協会(Akihabara Tourism Promotion Association)のウエブサイトにありました。

2011年1月30日 (日)

GICSS総会&懇親会

今日、毎年恒例のGICSS総会&懇親会があり、出席しました。

まず、総会は、厳粛な雰囲気の中、開始されましたが、途中にハプニングもあり、特に問題もなく終了。

これはマンションの総会と同じようなものです。

しばらくしてから、懇親会が始まりました。

ランデル先生のあいさつ、松岡先生の活動報告があり、その後乾杯で開始となりました。

その後、催し物として、

フルートとキーボードによる生演奏、1分間自己紹介、かえるの歌の演奏、お江戸日本橋の踊りがあり、楽しみました。

かえるの歌では、自ら貝殻で”ゲロゲロ”のパートを演奏しました。

最後に、松岡先生による閉会のことばで無事終了しました。

催し物の間に、会員の方やランデル先生や松岡先生などとお話をしました。

それらのお話から、これからは、もっとGICSSを利用しようと考えました。

まずは、2月19日の無料ガイドデーだ。

それから、チェレンジャーサークルへの参加を検討中です。

まだまだ英検1級合格までは遠そうなので、通訳ガイド研修などをしながら英検1級の準備もしていきたいと考えています。

2011年1月29日 (土)

原稿執筆依頼を受けました

私が所属している通訳ガイド団体GICSSから、明日の総会と懇談会の様子を執筆する依頼を受けました。

当然、即答で快諾しました。

執筆依頼って順番で回ってくるのかな?

明日、総会と懇談会を楽しんできます。

2011年1月27日 (木)

iPadで通訳ガイド

昨日の「今後の予定」にも書きましたが、2月19日は、明治神宮で無料ガイドをする予定です。(最終的にはまだ決まっていない)

その時には、iPadを持参し、必要に応じてiPadで写真などを外国人客に見せてあげようかなと企んでいます。

次の英検まで時間的に少しありますので、iPadに入れる写真などを調査して準備しようと考えています。

必要に応じて、下見して、写真を撮ることも考えています。

いよいよ、「iPadで通訳ガイド」を実践するときが来つつあります。

I'm going to guide foreign visitors with iPad.

2011年1月26日 (水)

今後の予定

1月の英検は無事ではありませんが、終了しました。

これから2月にかけて去年と同様に、通訳ガイド活動の予定がちらほらと入り始めました。

ということで、今後の予定です。

1月30日 GICSS総会と新年会

1月31日 通訳案内士専門性研修(関東地区) (JTB Global Marketing&Travel)

2月19日 無料ガイドデー(明治神宮)

2月20日 都内でバスからみえる車窓のガイディングをマスター!(参加検討中)

3月5日  CEL英検1級模擬試験コース開始(受講検討中)

今のところは、こんなところです。

2011年1月25日 (火)

2010年度第三回英検1級 語彙問題レビュー

先日、受験した英検1級の語彙問題は、できたと思っていましたが、自己採点の結果、いまいちの点数となりましたが、今回もいままでと同様に語彙問題を振り返ってみたいと思います。

時間の都合で、正解の選択肢のみとします。

今回も、私独自の判断で、「英検1級レベル」と「通訳ガイド試験レベル」に分類します。

<英検1級レベル>

(5) vent:(怒りなどの感情を)発散させる <vent his frustration> 以前のCELで出題

(6) deluge:殺到 <a deluge of ~:~の殺到> 今期のCELで出題

(7) ulterior:隠れた < ulterior motive:下心> 初めての単語

(8) jest:冗談、しゃれ <in jest:ふざけて>  今期のCELで出題

(9) resplendent:まばゆい、キラキラ輝く <be resplendent in ~:~で身を包みまばゆいほどである> 初めての単語

(11) squeamish:すぐに気分が悪くなる

(13) ransack:~をあら探しする 以前のCELで出題

(14) dazzle:~を圧倒する <dazzle ... with ~:~で...を圧倒する>

(15) exodus:大量の流出 < a exodus of ~:~の流出> 以前のCELで出題

(16) vying:競う、競争する <be vying with ~:~で競う> 以前のCELで出題

(20) aversion:嫌うこと、嫌悪、大嫌い <aversion to ~:~に対する嫌悪感> 以前のCELで出題

(21) veer:進行方向を変える <veer off ~:~をそれる> 初めての単語

(22) cop out:責任を回避する、義務から逃げる

(23) pine for ~:~が恋しく思う

(24) taper off:次第に衰える、徐々にやめる

(25) write off ~:~を放棄する

合計:16題

<通訳ガイド試験レベル>

(1) vicinity:周辺、近所 < in the vicinity of ~:~の近所で>

(2) libel:中傷、侮辱

(3) somber:(様子、雰囲気が)陰気な、憂うつな、陰うつな

(4) omen:前兆

(10) enunciate:(言葉を)明確に発音する

(12) elusive:とらえどころのない、理解しにくい

(17) rubble:がれき

(18) tepid:なまぬるい

(19)retard:~を遅らせる、阻止する、妨害する

合計:9題

英検1級レベルが16題、通訳ガイド試験レベルが9題でした。
割合で言うと、英検1級レベルが64%、通訳ガイド試験レベルが36%とやや英検1級レベルが多く出題されました。
英検1級レベルの中には、初めて出会う単語もいくつか出題されていました。
したがって、今回の語彙問題は多少難しめであったといえるでしょう。

試験中に比較的簡単だとは思いましたが、単に知っている単語が多かったからだと考えています。実際に知っていたが、問題文の文脈を間違ったため、不正解となった問題が2問ほどありましたので、ここで点数を落としてしまいました。

2011年1月24日 (月)

2010年度第三回英検1級 自己採点

昨日の英検1級の自己採点をしました。

Reading
part1:17点/25点満点

part2:3点/6点満点

part3:8点/20点満点

Listening
part1:4点/10点満点

part2:7点/10点満点

part3:4点/10点満点

part4:2点/4点満点

--------------------------------

Essay抜きの合計 :45点/85点満点

Essayが20点とれても、たとえ満点であっても「不合格」確実です。

今回の結果を考察をすると、
1.Listening part2で伸びを感じたが、Listeningは合計点で17-18点あたりに壁がある感じがする
2.Readingの読解はやはり読めていない(読解問題難化か)
3.Listening part1は12月のサンプルテストと同じ感じで結果も同程度
4.Reading part1はできたと思ったが、あまり芳しくない17点止まり(ちょっとショック)

2011年1月23日 (日)

英検1級を受けてきました

今日、英検1級を受けてきました。

試験会場は、「明治大学駿河台リバティタワーの12階」でした。

さすがに、東京23区内の会場ということもあり、英検1級受験者も半端じゃなく多かったです。

自宅近くの会場での英検1級受験数と比較もならないくらい多かったです。

さて、受験した感想は、

1.読解が再び難化?

2.語彙は知っている単語が多く、この語彙問題は受験者を裏切らなかった

3.リスニングは、以前よりはできていると思うが、確実ではない

Essayの問題は、

TOPIC: Are prisons an effective way to deal with criminals?

POINTS
●Costs
●Crime deterrence
●Human rights
●Public safety
●Punishment
●Rehabilitation

ということで、2010年度第三回英検は終了しました。

明日、自己採点をしてみます。

2011年1月22日 (土)

明日は英検1級

明日は、英検1級です。

2010年度第三回目の英検です。

ここで、明日の注意点を確認します。

1.早めに到着し、よい席を確保

2.時間管理を大切に

3.リスニングの音量は高めにお願いする

4.リスニングはとにかく一点を見つめて集中

では、今日はこの辺で。

2011年1月19日 (水)

ハロー通訳アカデミー閉校

今日、突然ニュースが飛び込んできました。

それは、ハロー通訳アカデミーが2月28日に閉校するということです。

最近、新たな講座の募集が行われておらず、練習問題とDVDの販売で通訳ガイドコースの講座にしていましたが、ついに閉校となるようです。

私は、通訳ガイド試験には、最終的にはCELのおかげで合格できたと感じていますが、CELにお世話になるまでの10年間、ハロー通訳アカデミーにお世話になりました。

閉校と聞いて、少し寂しく感じています。

さて、ハロー通訳アカデミーの教材の中で唯一お勧めのものがございます。

それは、「受験英文法の総整理」です。今ではなんと5,250円という破格の値段です。

英文法に不安にある方は、どうでしょうか?

販売は2月15日までとなっています。

これからは、通訳ガイドコースのある学校は、CELと富士通訳ガイドアカデミーの2校のみとなります。


2011年1月16日 (日)

来週の英検1級の目標点

英検1級受験一週間前で、風を引いてしまった訳ですが、今回も目標点を設定します。

今回もざっくりと、

Reading(Essay以外):40点
Reading(Essay)      :20点
Listening               :25点
------------------------
合計                    :85点

で合格といきたいところです。

2011年1月15日 (土)

紅茶にしょうが

木曜日あたりから体に異変が起こっています。

風邪っぽいのです。

でも、今日、土曜日はCELの英検1級コースを受講しました。

模擬試験中は意外と落ち着いてできたが、結果は最悪でした。

さて、そういう状況で1週間後の英検1級を受験するのですが、

風を早く直すには、「紅茶」に「チューブ入りのしょうが」がよいと、CELの先生がおっしゃっていたので、スーパーでSB食品の生じょうがを購入しました。

帰宅直後にさっそくお湯を沸かして「紅茶」に「しょうが」を入れて2杯飲み、2時間ほど布団に入り寝ました。

今は、少しはよい方向に向かっていればよいが。

来週、CELの先生に、この「紅茶」に「しょうが」の効果を報告することになっています。

これから、再び少し布団の中で寝ます。


2011年1月13日 (木)

次の英検1級の試験会場は、

今日、英検協会から1月23日に行われる英検1級の一次試験受験票が届きました。

ぺろっと、開けると、そこには試験会場が書かれていました。

その試験会場は、「明治大学駿河台リバティタワー」です。

今回は、気分転換に、いままでの会場とは異なった会場を選びました。

でも、大学名は同じ明治大学です。

いままでは、「明治大学生田校舎」が多かったです。

前回のみ専修大学生田校舎でしたが、再びそこになるのを防ぐためでもあります。

その会場は20人くらいの小教室で、音が響いていたのです。

そこで、CELの先生にそのことを話すと、違う会場にしたらということもあり、今回の試験会場を変えてみたのでした。

まあ、1時間程度で行けるところなので、一安心です。

2011年1月10日 (月)

パソコンのHDDをSSDに換装しました

今日は、連休を利用して、メインパソコンであるノートパソコンのハードディスクをSSD(Solid State Disk)に換装しました。

私のメインパソコンであるノートパソコンは約2年前にSofmapにて中古で購入したPanasonicのCF-Y7DWJAJRです。

以前からSSDに交換したいと考えており、価格も高かったので保留にしていましたが、最近INTELから安価なSSDが発売されたので、思い切って換装しました。

換装したSSDは、IntelのX25-M SSDSA2MH120G2K5 BOX品(120GB)です。
容量は、同じ120GBで増えてはいません。

換装後の感想としては、
1.WindowsXPの起動時間が劇的に短くなった。

2.ディスクのアクセスが速くなりました。

このパソコンのディスプレイは、14.1インチのSXGA+ですが、これと同等のディスプレイが装備されているパソコンは、生産されていませんので極力使いたいと考えています。

2011年1月 8日 (土)

英検サンプルテストの結果

今日、英検協会からはがきが届き、英検1級の受験票にしては早いなと思い、そのはがきを明けてみると、なんと、すっかり忘れていた12月に受けた英検サンプルテストの結果でした。

その結果は、
問題:A1セット
筆記(単語問題):45点/60点満点(平均点:34.6点)
リスニング(会話):29点/60点満点(平均点:38.0点)
-----------------------------------------------
合計        :74点/120点満点(平均点:72.5点)

筆記の単語問題は、なかなかの結果でしたが、それに比べリスニングがいまいちです。
やはり、語彙が得意なようです。
語彙の結果は、CELの英検1級コースに出てきた単語を覚えることと通訳ガイド試験での蓄積からのようです。

1月の英検1級に向けて、リスニングの強化を続けて行きます。

2011年1月 1日 (土)

2011年の抱負

みなさん、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

さて、今年も恒例の抱負を書き綴りたいと思います。

1.英検1級

  今年も合格を目指します。是非今月の英検で結果を出したいと考えています。

2.通訳ガイド活動

  今年も、精力的に研修や勉強会、英検1級合格後は、デビューを考えています。

  まずは、今月の通訳案内士専門研修に参加します。

3.結婚活動

  今年も、引き続き英語の勉強の合間に活動していきたいと考えています。

4.その他

  京都検定3級:英検1級合格後の楽しみとして受験したいです。

  スペイン語:英語の次はスペイン語かな?

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »