Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

7回目の英検1級を受験します。

10月17日に7回目の英検1級を受験します。

本格的に対策をしてから1年と半年を過ぎましたので、そろそろ合格といきたいところです。

そこで、ここまでの英検1級の結果を振り返ってみたいと思います。

2007年第三回(記念受験):55点(不合格C)

2008年第一回        :54点(不合格C)

この間、通訳案内士(通訳ガイド)試験のため中断し、第一次試験合格後、本格的に英検1級の対策を始めました。

2009年第一回                 :63点(不合格B)

2009年第二回                 :51点(不合格C)

2009年第三回                 :54点(不合格C)

2010年第一回                 :67点(不合格A)

こうして見ても、合格まではまだ距離があるように感じますね。

少なくとも、前回の点数は上回りたいと思います。

2010年9月18日 (土)

フルサイズ模擬試験 夏その2結果

先週のフルサイズ模擬試験の結果が出ました。

あまりよい結果とはなりませんでしたが、今回も結果を公表します。

Reading part1:13点/25点満点

           part2:3点/6点満点

           part3:14点/20点満点

           part4:20点/28点満点

Listening part1:4点/10点満点

            part2:3点/10点満点

            part3:8点/10点満点

            part4:2点/4点満点

合計は、67点/113点満点でした。

6月の英検と同じ点数でした。

偏差値は、若干平均点を上回り、51.3点です。

ようやく、フルサイズ模擬試験で平均点を上回るようになりました。

結果を見ると、リスニングが極端に弱い。

英検1級受験まであと一ヶ月です。

2010年9月13日 (月)

鎌倉での通訳ガイド勉強会 詳細

先週の鎌倉での通訳ガイド勉強会の詳細を復習を兼ねて書き留めます。

その前に、今回の通訳ガイドの勉強会での感想です。

・とにかく暑かった(会社で黒くなったと言われた)

 タオルなども持たずに無防備で出かけてしまった。

・先生の説明で、自らお持ちになった絵を見せる場面が多かった

 これらの絵をiPadでみせたらどうだったかなと考えた。

 iPadは少し重たいのでどうだろう?

・いつもながら、参加者は熱心でメモを取っていった

では、勉強会の詳細です。

<鎌倉駅~鶴岡八幡宮>

1.鎌倉駅東口

  10:00集合で、私は、9:57着の電車で到着、改札を出る前にトイレ。

2.小町通りに入る場所にある鳥居

  この鳥居の角にあるマクドナルドは、茶色でMの字も小さく古都鎌倉にふさわしい

3.二の鳥居

  狛犬(Korean Dog)で「あ(A)」と「ん(Z)」、口を開けているのと閉じている。

  この「あ(A)」と「ん(Z)」はお決まりで始めと終わりを示している。

4.若宮大路の段葛(だんかずら)  Young price Avenue

    北条政子への誕生プレゼント

    遠近法(perspective)を利用して、鶴岡八幡宮側の方が少し幅が狭くなっている。

  湿地帯(swampy)だったので、一段高くなっている。

  春には桜がきれい、両脇には鎌倉彫の店が多数。

鶴岡八幡宮

5.三の鳥居をくぐって2つの池

  ・右の池:Minamoto pond

      3つの島がある→3は「産」→birth

   "San" in Japanese is homophone for birth.

   白色(勝利の色)の蓮の花

    ・左の池:taira pond

   4つの島がある→4は「死」→death

     "Shi" in Japanese is homophone for death.

      赤色(血の色)の蓮の花

    どれほど源氏が平家を憎んでいたかがわかる

  現在では、2つの池はつながって、蓮の花の色はピンクとなっている

     ここでいきなり、1~5の数え方を披露

6.旗上弁財天

  Benzaiten came from India.

    In India, it was goddess of music and arts, but in Japan became goddess of wealth, longevity and victory in the war as well as that.

7.政子石

  日本人はこんなものにでも拝む

8.流鏑馬(やぶさめ)

  年に2回、春と秋に行われる

  2つの灯篭があるところを鶴岡八幡宮に向かって右から左に馬に乗って弓を射る

9.舞殿(dance stage)

  将軍が命令して静御前に将軍をたたえるために踊らせた場所。

10.大銀杏(big ginkgo tree)

    2010年3月10日に倒れた。

  ここに毎年来て、写真を撮れば、この銀杏の木の成長を感じることができるよ。

11.本殿

  階段を上がって、後ろを見ると、頼朝が見ていた景色と同じ景色が眺めることができる。

  賽銭箱の前でお決まりの、「お金の賽銭箱への入れ方と2拝2拍手1拝」を説明

12.酒樽

  Sake-daru is a symbol of purification in Shinto.

    明治神宮を同じく、これらは、寄付(donation)

  They are donated and used for wedding ceremony.

13. 神主さんと巫女さん

  In order to become Shinto Priest,  it is necessary to go to Shinto university for four years.

    However, Shinto maiden is a part time job for university students.

14.おみくじと絵馬

  おみくじ:good luck→もって帰る、bad luck→ここで結ぶ

  絵馬:書いてあるお願い事を読んで聞かせてみてもよい

<裏道で江ノ電鎌倉駅を目指した>

その途中で

15.鎌倉市川喜多映画記念館

  日本庭園がある

16.鎌倉市鏑木清方記念美術館(かぶらききよかた)

  入場料:200円 会館時間:9時-17時

    道の突き当たりが、この美術館、ここを右に曲がる

<ずーっと、住宅地の間の曲がりくねった細い路地を歩く>

17.鎌倉駅西口の駐輪場

  日本の自転車事情、料金など、

  目についたものはできるだけ、なんでも説明する→これは毎回耳にする

<江ノ電で長谷駅へ>

 長谷駅は英語で、Haseと書くが、発音は”ヘイス”になりがち

18.千代仁で昼食(高徳院近く)

  大勢なので、貸切となっていた

  なんと、この店のご主人もガイド資格を持っていらっしゃるとのこと

  おにぎり、おいなり、ざるうどん、ゼリーをいただく、800円なり。

19.高徳院(大仏)

  鎌倉に来て、絶対行く場所である。

  拝観料:大人200円

   お客さん同伴の場合、ガイド登録証提示で無料にあるようです。単独の場合200円

  狛犬:ここのは、「あ」の口のみで台湾からのもの

  手水舎:skip

  大仏を見る前に、「高徳院境内図」で大仏の説明、特に人間と異なる箇所が32個ある。

  32個の異なるもの:

   silver curl(emits the light), 40 teeth, huge tongue(larger than the face), webbed fingers, long earlobe, curly hair, short fingers など

  大仏の製造方法

  1923年の関東大震災で頭が少し前に移動

  大仏殿が津波で流された(このエピソードあり)

  大仏の内部に入るには、20円を払う、内部は、国宝で唯一手で触れるところ

20.長谷観音(別名:flower temple)

  この勉強会での一番のハイライトだったと感じたところで、初めて行った。

 ・入り口付近の2つの像(two statues)

  観音+地蔵=長谷寺式観音

  観音(左側):なんでも聞いてくれる、goddess of mercy and beauty, It has a vase.

  地蔵(右側):どこでも来てくれる、 It has a stick and helps children mainly.

 ・卍

  In India, the symbol is a lucky symbol.

 ・水子地蔵

  The jizo is made of bronze and helps children go to paradise after the death.

 ・かきがら稲荷神社

  Oyster shells led this bis statue near the shore.

  旗:donationで一旗3,000円なり

 ・墓地

  一家にひとつの墓

 ・釣鐘

  何時に鳴るかわかるので、セイコーの時計は必要がない

 ・阿弥陀堂

  厄除け阿弥陀如来と木魚

 ・観音堂

  Goddess of mercy and beauty

    It has a stick on the right hand and jewels, and open its mouth.

    It has extra 11 heads on the top.(11面観音)

  この11面観音の説明ができるようになればよい

  前に3つ:They are smiling and preach people.

  右に3つ:They are angry against people not listening to them.

  左に3つ:They have a tusk and drive away evil.

  後ろに1つ:He or she is smiling and thanks for people understanding what they say.

  てっぺんにに1つ:He or she is preaching the spirits of the Nyorai(Buddha?).

 ・大黒堂

  食物と財福の神

  Seven luck goods:七福神

 ・竹

  Bamboo is one of the auspicious plants along with pine trees and plum trees.(松竹梅)

 ・香炉(incense burner)

  煙を体の悪いところにかけると良くなる

  Please try if you like.

 ・写経(copying the sutra)

 ・弁天窟

  洞窟の中にいろいろな神様が置かれている。

  この洞窟は天井Pleが低いので、入る前に、"Please watch your head!"を忘れずに。

 ・売店(おみやげをチェック)

  質問の時間

<解散>

 15:00すぎに、長谷寺の売店で解散。

 私は、長谷駅に戻り、江ノ電で藤沢に行き、小田急線経由で自宅に帰宅。

<参考>

 先生のブログにて、とっても詳しく説明されています。

 ・鶴岡八幡宮

 ・高徳院(大仏)

 ・長谷観音

2010年9月11日 (土)

フルサイズ模擬試験 夏その2

今日、CELで英検1級のフルサイズ模擬試験がありました。

自己採点の結果では、Readingは、まあまあ、Listeningは、いまいちの出来でした。

Readingでは、初めて5分程度時間があまりました。英文を読むスピードがかなりあがったのかなと実感しました。

Listeningはまだまだですね。毎日1時間ずつ時間を割いてやっているのですが、なかなか伸びが実感できません。

詳細結果は来週にします。お楽しみに。

これからも、変わらず、英文読解とリスニングを強化していきます。

京都検定 東京でも受験できます

今年の京都検定は東京でも受験できるようです。

詳細はこちらです。→http://www.kyotokentei.ne.jp/flow.html

試験日は、12月12日です。

試験に先立ち、試験対策講習会が今年も開催されるようです。

去年は、3級対策だけ出席しましたが、実際には受験していません。

京都検定の勉強はほとんどしていませんが、東京で受験できるということもあり今年は3級を受験しようと思います。

<試験対策講習会(東京会場)>

3級対応:10月3日(英検1級の2週間前)

2級対応:11月7日

1級対応:10月17日(英検の受験日)

試験対策の詳細は、こちらです。→http://www.kyotokentei.ne.jp/lecture.php

2010年9月 7日 (火)

鎌倉での通訳ガイド勉強会 概要

この前の日曜日(9月5日)に鎌倉での通訳ガイド勉強会に出席しました。

今日は、時間の関係で概略だけにします。

当日の朝は、横浜あたりまでは、若干曇り空で、少しは暑さをしのげるかなと思い、鎌倉駅に到着した瞬間、いきなり灼熱の太陽に溶かされそうになりました。

さて、鎌倉の勉強会は、鎌倉駅に10:00集合でした。

ルートは、鎌倉駅→小町通り→若宮大路→鶴岡八幡宮→裏道にて江ノ電鎌倉駅→長谷駅→高徳院近くで昼食→高徳院(大仏)→長谷観音

解散は、長谷観音の売店で15:00頃でした。

後日、詳細の内容を書きます。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »