Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

iPadが日本でも発売開始されました

やっと、金曜日にiPadが日本でも発売開始されました。

当初は3月発売で2回の延期により遅れること2ヶ月で発売開始となりました。

以前、「ディジタルで通訳ガイド」という記事を書きましたが、この遅れで、iPad購入熱が冷めてしまいました。

今日、新宿のSOFMAPやBIC CAMERAでは、iPadが展示されておりました。

BIC CAMERAでは、iPadの前にたくさんの人が群れを成していました。

ということで、iPad購入はしばらく様子を見ます。

2010年5月16日 (日)

高田馬場

毎週土曜日、CELの英検1級コース受講後は、CELのある高田馬場でミスド勉を2時間から3時間くらいしています。

いつものミスタードーナツの2階席窓側カウンター席に陣取りますが、そこから外を見ていると、多くの目の不自由な方が歩いている光景をよく見にしていました。

「ここは、目の不自由な方が多く歩いているなあ、なぜだろう?まあ、こんなに多く目の不自由な方が活発に外出されるのはいい傾向だ。」と疑問に思っていました。

今日、この疑問が解消されました。

今日の日経新聞にあったTHE NIKKEI MAGAZINE(No.85)に高田馬場のことが書かれていたので、ちょっと読んで見ました。

そうすると、高田馬場には、「日本点字図書館」があることがわかりました。

だから、「目の不自由な方が多いんだ」と納得しました。

さらに、高田馬場駅の戸山口のから伸びる点字ブロックをたどっていくと「日本点字図書館」に行くらしい。

なるほどと、うなずいた。

今思い返してみると、ミスタードーナツにも目の不自由な方もいらしゃったことがあります。

2010年5月15日 (土)

英検1級フルサイズ模擬試験(2)結果

先週、CELで2010年春期の英検1級模擬試験コースで第2回目のフルサイズ模擬試験がありました。

全体的に少し難しかったようです。

さて、結果です。

Reading part1:12点/25点満点

           parft2:3点/6点満点

           part3:12点/20点満点

           part4:23点/28点満点

Listening part1:3点/10点満点

            part2:7点/10点満点

            part3:6点/10点満点

            part4:0点/4点満点

合計は、66点/113点満点でした。

最後のListening part4では、力尽きました。インタビューの内容は聞き取れましたが、質問が今ひとつ聞き取れず撃沈しました。

今回の結果で驚いたことは、Listening part2で7割の正解ができたと言うことです。

Overwrapping&Shadowingの効果でしょうか?でも最近は、口だけピーチク、パーチク動かす程度で毎日1時間しているだけですが。

来月の試験まで音読とOverwrapping&Shadowingを引き続きやっていきます。

2010年5月12日 (水)

江戸東京博物館展示ボランティアガイド募集開始を告げるお知らせ

江戸東京博物館展示ガイドボランティア募集開始を告げるお知らせがありました。

募集要項は、5月21日から配布となっております。

詳細は、こちらです。

■配布期間  平成22年5月21日(金)~6月29日(火)

■配布場所  ①江戸東京博物館1階 総合受付

           ②江戸東京博物館6階 常設展示室内ボランティアカウンター

                     ③江戸東京たてもの園 総合受付

私は、募集要項を見てから募集するかを判断したいと思います。

2010年5月10日 (月)

やっと英検1級受験を申し込みました。

やっと英検1級受験を申し込みました。

インターネットでの英検申し込みは、5月20日までです。

受験予定の方は、忘れずに申し込みましょう。

英検申し込みはこちらです。→http://www.eiken.or.jp/

2010年5月 9日 (日)

秋葉原

ゴールデンウイーク中、久しぶりに秋葉原を散歩しました。

秋葉原にある電気屋さんで、通訳ガイドとして押さえておくべきお店を紹介したいと思います。

1.LAOX 本店

  やはり、ここが一番ではないでしょうか?

  最上階(7階)には、日本のお土産が多数販売されています。

  表参道のオリエンタルバザールよりは、品数が少ないですが、切り子、扇子、グラス、などが置かれており、電気屋さんに行ったついでに、日本のお土産も買うには都合のよい場所ではないでしょうか?

  パソコンも、Windows英語版、英語キーボードの海外仕様で販売されて、日本製、中国製と明記されていました。

  さらに、お菓子や化粧品など電気屋とあまり関係のないものもあり、LAOXの外国人に対する意気込みも伝わってきます。

  入り口には、鎧が置かれていたりと、このお店だけでも日本を感じてもらえそうです。

  店員さんは、各国の方で構成されており、日本人の店員さんは探すのに大変でした。

  対応可能な言語は、英語、中国語、ポルトガル語、ロシア語、フランス語、スペイン語、タガログ語です。

その他、対応言語の多いお店は、秋葉原のパンフレットによると、

2.宝田無線

  対応言語:英語、中国語、韓国語、その他

3.AKKY International、AKKY Ⅱ、AKKYⅢ

  対応言語:英語、中国語、韓国語、その他

次回は、上記2店も確認したいと思います。

2010年5月 1日 (土)

英語の新しい学び方

ある方からのおすすめで、「英語の新しい学び方」を読みました。

今日は、この本の感想を書きたいと思います。

まずは、本の詳細は、こちらです。

「英語の新しい学び方」 講談社現代新書(52) 松本亨(著)

この本は、有名な松本先生の著書で、かなり昔に第一刷が発行されましたが、今の時代に読んでも、英語学習に参考になることがいっぱい書かれていました。

その中でも、印象に残ったのが、

英文の読み方です。

今、音読で読解力を養っていますが、松本先生によると、英文は、主語、目的語、それに、動詞をつまんで読むと、かなり文意をくみ取れるとありましたが、英検1級の英文を同じように読むのは、至難の業と思います。そもそも、取り上げられた英文は、比較的易しい英文だったので、そのような読み方でも。文の意味がわかりましたが。

次に、英語の書き方ですが、日本語の直訳で英語を書いてはダメということです。

日本語の言い回しに惑わされず、英語の感覚で英語を書くと言うことです。

これは、おっしゃるとおりです。

これを養うには、英文を読んで英語感覚を養うことだと思います。

その他、英語の聞き方、会話の仕方などの指南が書かれており、英語学習者にとっては、参考になる一冊だと思います。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »