Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

決めました 英検1級の読解対策とリスニング対策

今日、2回目の記事です。

決めました。英検1級の読解対策とリスニング対策。
今回の英検1級を見ても、リスニングの選択肢が長くなっていますので、ますます読解の重要性が増しているように思えます。

<読解対策>

(音読) 毎日5回大きな声で、スピードは150words/min以上

          題材:英検1級過去問、CELの模擬試験、最短合格!英検1級総合対策

(読解演習) 週に一回1時間~2時間

     題材:最短合格!英検1級総合対策、英検1級の過去問

(英文の本読書) 毎朝や週末などの空き時間を利用して

     題材:Japan Times Weeklyなど

<リスニング>

CELの3ステップ法 毎日、1時間で下の1~3を繰り返す

1.3回~5回聞く

2.Scriptで確かめる

3.Overwrapping(20回) & Shadowing(30回)

  ここで注意することは、意味を意識しながらShadowingをすることです。

  (これは、ただ、オウム返しにならないようにするためだと思います。)

  題材:英検1級過去問、CELの模擬試験、最短合格!英検1級総合対策

GICSS年次総会&懇親会

今日は、所属している通訳ガイド団体のGICSSの年次総会と懇親会に出席しました。

1.GICSS年次総会

  平成21年度の事業報告と会計収支報告の説明、質疑応答、承認

  平成22年度の事業計画と会計収支予算の説明、質疑応答、承認

  これは、マンションでの管理組合の総会に似ている部分が大いにありました。

2.通訳ガイドのあり方のお話

  ここで出てきたお話を箇条書きにします。

  ・通訳ガイドの活動領域

  ・地域格差の問題

  ・中国語と韓国語の通訳ガイドの実態

  ・旅行会社に対する罰則の強化

  ・通訳ガイドの認知度向上

  ・通訳ガイド業務の拡大

3.懇親会

  約2時間ぐらい、周りの通訳ガイドさんとのお話、クイズ、などで楽しく過ごせました。

  その中で、Let's have fun at baseball game、つまり野球拳の英語バージョンを習いました。

2010年1月27日 (水)

今後の英検1級対策

9日曜日の英検1級と自己採点も終わり、やっと落ち着いてきましたので、今後の英検1級対策を考えてみたいと思います。

今回と前回の英検1級の結果から、読解とリスニングが非常に弱いことが改めて分かりました。

そこで、読解対策とリスニング対策について考えることにします。

<読解対策>

(音読) 毎日5回大きな声で、スピードは150words/min以上

題材は、今回もしくは前回の英検1級やCELの模擬試験、さらに最短合格!英検1級総合対策の500語の長文

(読解演習) 週に一回1時間~2時間

・最短合格!英検1級総合対策で学習した後、今回もしくは前回の英検1級の長文問題を再び解いてみる

(英文の本読書) 週末などの空き時間を利用して

・英文読解力アップのために何か英文の本を読書を読んだほうがよいと思いますが、何が良いのでしょうか?どなたか、英検1級の長文対策としておススメの本がございましたら教えてください。

<リスニング>

CELの3ステップ法 毎日、1時間で下の1~3を繰り返す

1.3回~5回聞く

2.Scriptで確かめる

3.Overwrapping(20回) & Shadowing(30回)

  ここで注意することは、意味を意識しながらShadowingをすることです。

  (これは、ただ、オウム返しにならないようにするためだと思います。)

題材は、今回もしくは、前回の英検1級やCELの模擬試験から

さらには、最短合格!英検1級総合対策からも。

2010年1月26日 (火)

英検1級 語彙問題レビュー

今回も、英検1級の語彙問題で出題された単語を振り返って見たいと思います。

時間の関係で、正解の選択肢のみにさせて頂きます。

私の独断と偏見で英検1級レベルと通訳案内士試験レベルの2つに分けてみます。

( )内の数字は、英検1級での問題番号です。

<英検1級レベル>

(4) condone

(7) inscrutable:今期のCELの模擬試験で出題

(9) negate:今期のCELの模擬試験で出題

(10) misnomer:今期のCELの模擬試験で出題、しかも、同じsomething of a misnomerのコロケーションで出題

(16) recuperating:以前のCELの模擬試験で出題

(20) gullible:以前のCELの模擬試験で出題

(22) blot out

(23) barge down

(24) clam up:今期のCELの模擬試験で出題

(25)pin down

合計10題

<通訳案内士試験レベル>

(1) detest (2) ultimatum (3) audacity (5) indiscretion (6) insulatted (8) precarious

(11) purge (12) aptitude (13) bolster (14) liability (15) deportation (17)morale

(18) intermittently (19) banter (21) defrauding

合計15題

(15) のdeporationは、deportの形でCELの模擬試験で出題

まとめますと、私の思う通訳案内士試験レベルの単語が数多く出題されています。

さらに、CELの模擬試験で出題された単語も結構多いです。

したがって、英検1級の語彙問題はCELの模擬試験と通訳案内士試験レベルの単語を真面目に繰り返し学習して、勘もある程度さえていれば満点を狙えると結論づけました。

しかし、この傾向が今後続くのか分かりませんが。

2010年1月25日 (月)

2009年度英検1級解答速報

昨日行われました英検1級の自己採点しました。

結果は、再び不合格確定でーす。

では、結果です。

( )内は前回(2009年度第2回)からの差

Reading part1:20点/25点満点(+1点) ←修正

Reading part2:0点/6点満点(-1点)

Reading part3:4点/20点満点(-6点)

Listening part1:7点/10点満点(+4点)

Listening part2:3点/10点満点(+3点)

Listening part3:2点/10点満点(±0点)

Listening part4:0点/4点満点(-4点)

-----------------------------------------------

Reading 合計:24点/51点満点→得点率:約47% ←修正

Listening 合計:12点/34点満点→得点率:約35%

-----------------------------------------------

伸びを感じたのは、語彙とListeningのpart1です。

変ですねー。

Listeningの強化はpart2を題材にしていたのですが、part1に効果が出ているようです。

Listeningの原因は、part2あたりから、集中力が途切れ気味だったのが原因でしょう。

過去に受験した英検1級の結果を見たら、準備をしないで受験していた頃のほうが、Readingのpart2やpart3とListeningのpart2の出来が良かったです。

なぜだろう!

Listeningのpart2は、もうちょっとリラックスして聞いた方がよいのだろうか?

読解は、考えすぎ?もうちょっと直感的に考えた方がよいのだろうか?

でも、長文の英文は、CELの模擬試験の英文となんかちょっと趣が違うように感じます。

なぜだろう!

合格までの道のりは険しいですね。

今後の対策は、

1.Readingのpart2とpart3の対策

  今回の英検の問題をもう一度やり、どこで間違えたのか、どうすれば正解にたどり着くのかを確認したいと思います。

  「英検1級 長文読解問題120」や「最短合格!英検1級総合対策」もやる必要があるか?

2.Listeningのpart2とpart3の対策

Listening強化としては、毎日割く時間を30分から1時間に伸ばし、part2とpart3対策をそれぞれ30分ずつに分けてやっていこうと思います。

暗い話になりましたが、明るい話としては、語彙は満点を狙えそうな気配がしてきました。

その原因は、毎日(月曜日から金曜日)の通勤時間でメモリボを使って単語の記憶を繰り返しやっていることと、通訳ガイド試験の試験勉強で数多くの単語を覚えたことだと思います。

メモリボさまさまですね。

2010年1月24日 (日)

英検1級受験報告

今日、英検1級を受験しましたので、そのご報告を致します。

1.試験会場

  明治大学生田校舎

2.試験会場到着時刻と試験開始時間

  12時15分頃で、受付は12時20分から開始ということで少々待ちました。

  試験開始は、13時30分

3.試験会場の教室での席

  今回は、まったくの自由席で、好きな席を確保することができた。

  今までは、教室に入った順に、順番に席に座らされていた。

  今回は、そんなのがありませんでした。

  私は、昨日の予告通りにCDプレーヤーの真ん前に陣取りました。

  スピーカーの音が少し大きく、逆にあまり良くなかったかな?

4.Readingパートの解答順番と経過時間

  ①part4(Essay):予定通りの25分で書ききった

  ②part3:予定より10分遅れで通過(500語:15分+15分、800語:20分)

  ③part1(語彙):13分程度

  ④part2:12分程度

  やはり、part3で10分の遅れでぎりぎりと言う感じでした。また、part3を早く切り上げるため、解答に自信のないものもありました。

5.Essayについて

  TOPIC:Agree or disagree:Gambling should be banned

  POINTS

  ●Criminal activity

  ●Employment opportunities

  ●Family relations

  ●Health

  ●Personal freedom

  ●Tax revenue

  私は、Criminal activity, Employment opportunities, Tax revenueを選び、disagreeでまとめました。

6.所感

  英検1級の難しさを再び味わいました。

  自信のあるパートは、Reading part1とpart4、強いて追加すると、Listening part1。

7.その他

  明日の夜、自己採点をして、その結果を載せます。おたのしみに!!

8.今後

  今回も英検1級一次試験は突破出来そうにないので、明日から引き続き、勉強をします。

2010年1月23日 (土)

明日の英検1級受験の戦術

いよいよ明日は、通算5回目の英検1級受験です。

本格的に対策勉強をしてからちょうど1年後の受験です。

まず、Readingパートlの解答の順番を確認します。

1.part4(Essay):25分

2.part3:40分(500語:10分+10分、800語:20分)

3.part1(語彙):15分

4.part2:20分

これで制限時間の100分です。

いつも、2のpart3での遅れを10分以内にしたいと考えています。

その遅れを、次のpart1とpart2で挽回。

次に、Listeningパートは、正解の選択肢をすばやく見つけることが出来るかにかかっています。

選択肢を10秒以内で見つけることができない場合は、問題用紙に解答の番号に○だけして、次の問題に移る。特にpart2は最初の題がヒントになるので聞き逃さないようにしよう。

partの合間の説明の時間に、もしくは余裕でマークできて時間が余った時に、その時間がなくマークできなかった箇所の解答欄にマークをする。

さらに、最後のpart4の最後のマークは、時間を多少オーバーできるので慎重に解答を探し出す。

最後に、いい席(CDプレーヤーの真ん前)を獲得するために、早く試験会場に着くことにする。遅くとも、受付の始まる30分前の12:30には着くようにしよう。

試験開始までは、メモリボで単語の確認をしよう。

最後の模擬試験

今日、CELで英検1級受験前の最後の模擬試験でした。

結果は、なんていう気分だろう。?

読高聴低。

つまり、Readingは高得点(41点/51点満点)で、Listeningは低得点(14点/34点)でした。

明日の英検1級では、悔いのないように挑もう。

2010年1月20日 (水)

2月は通訳ガイド関係の活動で大忙し!

いよいよ、今度の日曜日は英検1級受験ですが、それが終わると2月です。

2月は、通訳ガイド関係の活動で大忙しになりそうです。

2月6日(土) 勉強会「明治神宮と表参道の歩き方」

2月13日(土) 勉強会「都内バスツアー」

2月20日(土) 「無料ガイドデー」(明治神宮、浅草)に参加

          観光庁の訪日外国人観光客誘致キャンペーン「Visit Japan Year 2010」の一環です。

いつもの、CELの英検1級コースの代わりに通訳ガイドの活動をする感じです。

2010年1月17日 (日)

大学入試センター試験

昨日と今日、大学入試センター試験が行われたようです。

私の世代では、国公立大学共通第一次試験でした。

当時は、国公立大学共通の一次試験でマークシート形式の試験でしたが、現在では、私立大学にも適用できるとか、入試システムが複雑でよくわからないです。

前置きが長くなりましたが、英検1級保有者が大学入試センター試験の英語を受験したとすると何点をとることができるのでしょう?

アクセントの問題が難しいかも。

2010年1月16日 (土)

英検1級の目標

英検1級受験まであと一週間となりました。

受験票も昨日届き、いよいよと言う感じです。

最近のCELの模擬試験ではスランプ状態なので気合を入れるために、少し早いですが、目標点数を発表したいと思います。

Reading

     par1:20点/25点満点

    part2:3点/6点満点

    part3:16点/20点満点

    part4:20点/28点満点

    Reading 合計:59点/79点満点

Listening

    part1:7点/10点満点

    part2:7点/10点満点

    part3:8点/10点満点

    part4:4点/4点満点

    Listening 合計:26点/34点

合計:85点/113点満点

で合格といきたいものです。

2010年1月15日 (金)

放送番組:「そこが聞きたい!ニッポンの明日」

今日、観光庁からのメールで、観光立国を目指す日本の将来についてのテレビがあるそうですので、お知らせいたします。

以下、観光庁からのメールを引用しています。

------------------------------------------------------------------------
 新成長戦略の柱のひとつでもある観光立国の推進について、前原 誠司 国土交通大臣が解説いたします。


 放送番組:「そこが聞きたい!ニッポンの明日」
              http://www.gov-online.go.jp/pr/media/tv/kikitai/index.html

 放送日時:1月17日(日)8:55~9:00  フジテレビ系列29局
      1月24日(日)8:55~9:00  フジテレビ系列29局
      
      ※ 放送日時は放送局によって異なりますので、上記URLにてご確
               認ください。

 ※2回の放送終了後、政府インターネットテレビにも掲載されます。
   http://nettv.gov-online.go.jp/

2010年1月11日 (月)

英語リスニング力強化術

マガジンアルク(アルクの会員誌)の2月号の中に「英語リスニング力強化術」という記事がありましたので紹介します。

リスニング力強化方法は、以前にも記事にしましが、まあ、共通点はあると再認識しました。

今回の方法は、英語塾「河野塾」代表の河野さんからの方法です。

では紹介します。

STEP1 Shadowing

 「スクリプトなし、声なし」:3回

 「スクリプトなし、つぶやき声」:3回

 「スクリプトあり、つぶやき声」:3回

 音のイメージとリズム感覚をつかむことを意識し、CDの音声に1~3単語程度遅れてついていく

STEP2 筆写

 英文を見て、その内容を2回書き取る。次の「暗唱」が難しいと感じる人は3回以上書きとるといいだろう。

 ディクテーションではなく、文字を目で見てそれを書き写します。書くことで各単語の配列などを印象づけ、次の暗唱を容易にする目的があります。

STEP3 暗唱

 黙読+語彙・文法・構文を確認

 センテンス暗唱:2回

 暗唱する時は、時間を設定して、時間が来たらやめるようにする。丸暗記が目的ではないからだ。

 語彙、文法、構文をしっかり理解することが重要です。

STEP4 音読

 ゆっくり→ふつう→はやく(1回目)→はやく(2回目)

 STEP3までの練習を踏まえネイティブスピーカーになったつもりで音読する。

STEP5 仕上げのShadowing

 「スクリプトあり、つぶやき声」;1回

 「スクリプトなし、つぶやき声」:2回

 STEP1で行ったShadowingからどの程度上達したかも確認する。

 できない部分があったら、さらに数回行ってもよい。

さらに、河野先生は、「語学学習は漆塗り」と例えています。

うるし塗は1回塗って出来上がりではなく、薄く何度も塗り重ねていきます。

語学学習も、完璧でなくていい。80%いや50%もマスターできなくても構いません。1%でもいいから、それを継続して積み重ねていくことのほうがずっと大切なのです。

ということです。

語学学習は勉強してもすぐに効果がでるものではありません。毎日毎日少しでもよいから継続することが重要ですね。

ところで、以前の強化方法を比較すると、共通点があります。

「音読」、「Shadowing」

リスニング力強化には、やはり音読が大切だと感じました。

2010年1月10日 (日)

平城遷都1300年祭

中学生の時と通訳ガイド試験の時、なんと(710年)きれいな平城京と覚えたものでした。

今年は、平城京へ都が遷都されて1300年の節目に当たります。

その節目を記念として、奈良県では、「平城遷都1300年祭」が行われています。

まだ、これっといったイベントはありませんが、この祭り自体は始まっています。

テーマは、「祝い、感謝し、考える」。日本の歴史と文化が連綿と続いたことを祝い、感謝し、日本の未来を考えようという趣旨だそうです。

これからの大きなイベントは、

4月後半の大極殿完成記念式典

10月前半の平城遷都1300年記念祝典

また、この祭りは奈良全域で1500のイベントを展開するようです。

まずは、ゴールデンウイークに奈良を訪れて見たいものです。

2010年1月 3日 (日)

これからの予定

正月3が日も今日で終わりですね。

明日からは、いきなり仕事が始まる方も多いいと思います。

私もそうです。

さて、1月は英検1級受験もあるのでこれからの予定です。

1月24日 英検1級受験

1月31日 GICSS新年関東懇親会

2月5日  通訳案内士試験最終合格発表

3月10日~14日 新人通訳ガイド実務研修

こんなところでしょうか。

あまり予定がないですね。

2010年1月 1日 (金)

A Happy New Year&今年の抱負

A Happy New Year.

明けましておめでとうございます。

今年も、よろしくお願いします。

さて、今年の抱負ですが、

1.英検1級合格

  ぜひ、今年はこれを達成したいですね。

2.結婚

  英検1級合格できたら、これに注力できそうですが、、、

  はたしてどうでしょうか?

3.京都検定受験

  これも、英検1級合格後のたのしみとして受験したいですね。

  東京でも受験できるように願っていますが、おそらく京都での受験でしょうね。

みなさんは、どんなお正月をお過ごしでしょうか?

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »