Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

2009年第二回英検1級の結果

10月18日に受験しました英検1級の正式結果が発表されました。

今回の結果です。

語彙、熟語、文法 :19点/25点満点

読解 空欄補充  :1点/6点満点

読解 内容把握  :10点/20点満点

リスニング 会話文:7点/14点満点

リスニング 一般文:2点/20点満点

作文       :12点/28点満点

------------------------------------

合計             :51点/113点満点

判定         :不合格C

次回の目標は、不合格A以上。

2009年10月28日 (水)

今後の予定

さて、そろそろ今後の予定を立てます。

11月7日 CEL英検1級模擬試験コース開始

11月13日 通訳案内士国家試験第一次試験合格発表

        受験された方の合格をお祈りいたします

(12月13日 京都検定3級受験?)

                   京都検定を受験するかまだ決めていませんが、受験しない可能性大

         3級対応の講習会を受講しましたが、勉強が全然できていない

         京都見物もしたいしなー。どうしよう?

12月31日 大晦日

1月1日 元日

1月23日 CEL英検1級模擬試験コース終了

1月24日 英検1級受験

1月25日 英検1級の自己採点

2009年10月24日 (土)

次の英検1級に向けて

今回の英検1級が不発に終わったので、1月の英検1級に向けた計画を立てました。

<平日>

 単語:CELの英検1級コースで出た単語を通勤電車で覚える

 英語で語る日本事情(CD):30分程度

 ディクテーション:30分程度

 NHK 実践ビジネス英語:15分

 NHK NEWS7:30分

<土曜日>

 午前:CEL 英検1級コース受講

 午後:英検1級コースの復習(単語、読解)

<日曜日>

 読解練習:英検1級コースの読解問題を復習

 リスニング:以前のBuildupコースのリスニング部分を使い、練習

 DVD鑑賞

という具合に、リスニングと読解に重点を当てます

2009年10月21日 (水)

英検1級解答速報詳細

月曜日から今日まで、英検1級受験生のみなさまから、多くのコメントをいただきました。

ありがとうございます。

さて、今回の英検1級は読解問題が難しいと言われていますが、私は、その難しさを感じないくらいの低いレベルなので、一体どの問題がというのが分かりません。

ここで、読解問題の解答速報を発表します。

Reading part2

     A Digital World:0点/3点満点

     Disaster Relief:1点/3点満点

Reading part3

          Legendary Blades:2点/6点満点

     Encyclopedia Wars:2点/6点満点

          The World Turned Upside Down?:6点/8点満点

2009年10月19日 (月)

英検1級解答速報

昨日行われました英検1級の自己採点しました。

結果は、不合格確定でーす。

しかも、不合格Cかも。

がっくり。しょぼん。

(詳細)

( )内は前回(2009年第1回)からの差

Reading part1:19点/25点満点(+1点)

Reading part2:1点/6点満点(±0点)

Reading part3:10点/20点満点(-2点)

Listening part1:3点/10点満点(-4点)

Listening part2:0点/10点満点(-4点)

Listening part3:2点/10点満点(-4点)

Listening part4:4点/4点満点(+4点)

-----------------------------------------------

Reading 合計:30点/51点満点→得点率:約59%

Listening 合計:9点/34点満点→得点率:約26%

-----------------------------------------------

Essay以外で、39点/85点満点

Essayの得点しだいでは、不合格Cに再び落ちます。

あー。どうしましょう?

しかし、伸びを感じたのは、語彙とリスニングのインタビューです。

語彙は、史上最高の19点、インタビューは満点の4点を取ることができました。

語彙は、前回と同様にCELの模擬試験よりも難易度は低めのようです。

インタビューは他のpartよりかはっきりと聞こえました。

いかにして英検1級を攻略していくが考えます。

2009年10月18日 (日)

続 英検1級一次試験の受験を終えて。。。。

今日の英検1級一次試験でもう一つ、どこかで見たのと同じような問題がありました。

それは、リスニングのpart3の第一問目(No21)です。

CELの模擬試験からだと思うのですが、CELの模擬試験を過去2期ほど調べましたが出てきませんでした。

夢で出た問題だろうか?

うーん。

さて、今日の英検1級一次試験で、各パート毎のかかった時間を記録しておきます。

番号は、解答順番です。

1.Essay:予定通りの25~30分で終了(若干オーバーか)

2、Reading part3:50分程度かかった(予定より10分オーバー)

3.Reading part1:10分程度

4.Reading part2:10分程度

結局、終了の合図の1分前あたりでとりあえず解答終了でした。

やはり、part3に時間がかかり過ぎております。

でも、全体として時間内で出来ていますのでまあまあでしょうか?

英検1級一次試験の受験を終えて。。。。

先ほど、英検1級一次試験の試験会場から帰宅しました。

今日はとても天気がよく、少し汗ばむ陽気でした。

試験会場は、小高い丘の上にある明治大学生田校舎なので、坂を上り、試験会場の教室に着いたときは、暑く、汗がだくだくでておりました。

試験が始まる前にはおさまりましたので試験にはほとんど影響なく受験できました。

さて、本題です。

いやー、英検1級はやはり難しーいの一言です。

できたー、という感覚はほぼ”ゼロ”です。

しかしながら、内容一致問題(reading part3)にどっかで読んだような英文があり、「出たー」と思いました。

CELの模擬試験で出た問題と同じような英文が出たのでした。

CELの第八回目フルサイズ模擬試験のpart3で"Legendary Swords"の英文と、

今日のpart3の"Legendary Blades"です。

CELの模擬試験と見比べると英文が違うので出典元が違うようですが、内容はどちらもDamascus swordsについてです。

これで、CELの模擬試験の信憑性が高まりました。

また、その模擬試験は繰り返しやって自分のものにする必要があると感じました。

いやー、CELの模擬試験はすばらしーいですね。

さて、問題のリスニングは、聞けてることろ聞けてないところが点在し、まだまだ発展途上という感じでした。

引き続きdictationの必要性を感じております。必要なら英検1級道場リスニング強化コースに再入門しようと思います。

最後にEssayに関してです。

TOPIC

   Are people in modern society losing their moral values?

POINTS

  ●Education

  ●Family relations

  ●Materialism

  ●Public manners

  ●Religion

  ●The Internet

明日、解答速報が出ますので、自己採点します。

------------------------------------------------------

<問題詳細>

Reading

 part1:語彙問題25題

 part2:A Digital World/ Diaster Relief

 part3:Legendary Blades/ Encyclopedia Wars/ The World Turned Upside Down?

Lisntening

 part1:Dialogues 10題

  part2:Passages 10題

  part3:Reaf-Life 5題

  part4:Interview (翻訳・通訳者とのインタビュー) 2題

2009年10月17日 (土)

英検1級一次試験の戦術

今日、2つめの記事です。

明日、英検1級一次試験を受験します。

通算で4回目、対策をしてからは2回目の受験となります。

今回は、当然、合格を目指します。

英検1級道場リスニング強化コースで学んだディクテーションで多少の伸びを感じているリスニングがどこまで出来るかにかかっています。

そこで、明日の試験に向けての戦術を紹介します。

1.時間管理と解答順番

  試験で一番重要なのが、時間管理です。

  CELの模擬試験からずーっと通している順序で解答します。

    Readingの解答順序とかける時間は、

  Essay(25分)→内容一致問題(40分)→語彙(15分)→空所補充問題(20分)

  で100分です。

  実際には、内容一致問題で5~10分程度オーバーするのでそれを語彙と空所補充問題でカバーします。

  内容一致問題は配点が2点で大きく、じっくり読めば分かる問題なので時間をかけてでも正解をしたいものです。

2.リスニングは集中

  Reading後、すぐにCDでリスニング試験の説明が流れます。このときに、少し息を抜いて休憩します。

  part1の説明が始まるとともに、集中します。

  part3からは配点が2点なので、さらに気合を入れて全問正解を狙います。

    リスニングは試験会場のどこか1点を見つめ集中します。

  (CELの模擬試験のときは、時計を見て集中していました。)

月曜日(10月19日)には模範解答が発表されますので、自己採点で合否判定をして、今後の予定を考えます。

予算要求4倍、国交省が観光に「本気」-訪日客3000万人めざす

Yahoo blogのお友達のしおちゃんからいただいた観光関連の情報を紹介します。

TravelVisionの記事からです。

国土交通省は、観光関連予算を今年度比4.1倍の256億円としたとのことです。

それに伴い、訪日外国人客数の目標を2000万人の達成を2016年、2019年には2500万人に、将来的には3000万人をめざすこととしたとのことです。

これは、毎日のように報道されているように、補正予算執行停止や来年度予算が大幅に削減される中観光関連予算は大幅増額です。

政府もやっと本気になって、日本の観光立国化へ動き始めたようです。

これで、観光業界、通訳ガイドへどういう影響が出てくるか見守っていきたいと思います。

特に、通訳ガイドの賃金面で改善があるといいなーと思います。

しおちゃん、情報提供をありがとうございました。

参考URL:TravelVision     NIKKEINET

2009年10月14日 (水)

志緒野マリさんの著書 3冊

今日は、通訳ガイド試験勉強中にお世話になった本を紹介します。

有名通訳ガイド、志緒野マリさんの著書を3冊です。

長い通訳ガイド試験勉強の間に、この3冊を読んで勇気付けられました。

1.今度こそ本気で英語をモノにしたい人の最短学習法

この本の中で、通訳ガイドという上級資格に合格した今、共感する文がありました。

----------------------------------------------------------------

私も学生時代はテストが大嫌いだった。しかし、大人になってから受けるテストは、まったく違っていて、けっこう楽しいものだ。テストというのは、向上心豊かな人には、「勉学の目標を与えてくれ」「合格の暁には、至福の蜜を味わえる」ステキなものだ。

とあるおじさまがおっしゃった。奥さんに言われるそうだ。「試験、試験って、何でそこまでして受けるのよ」と。彼は「合格の時のあの喜びは、経験した者にしか分からん」と、いつも言い返すそうだ。

----------------------------------------------------------------

やはり、合格の喜びは、忘れられませんね。また、あの蜜の味も。

通訳ガイド合格から数週間は、顔がほころんでいました。

この感覚を味わったのも、大学院合格以来のようです。

再び合格の喜びと蜜を味わうために英検1級を目指しています。

この本は、現在、文庫版も出ているみたいです。

2.これであなたも英会話の達人

志緒野マリさんが通訳ガイドの現場でどのようにして英語力、コミュニケーション力を鍛えてきたかが書かれています。

日本事情関連の説明もありますので、通訳ガイド目指されている方や通訳ガイドの方にも参考になると思います。

3.たった3カ月で英語の達人

志緒野マリさんの通訳ガイドを通して英語や英会話の上達する秘訣が書かれています。

2009年10月12日 (月)

お勧めpodcast

今日は、私のお気に入り、かつお勧めのpodcastを紹介します。

1.CNN Student News(video)

  月曜日から金曜日の配信。

  名前からして学生向けであるが、内容は大人向け。

  時間は10分程度なので短すぎず、長すぎずで適度な長さ。

2.Sesame Street Podcast(video)

  セサミストリートのpodcast版。息抜きに最適。

  時間は5分程度。

2009年10月11日 (日)

勉強は場所の確保から

昨日(10月10日)の新聞記事に「勉強は場所の確保から」というのがありました。

20091010

(2009年10月10日 日経Plus1)

そういえば、通訳ガイド試験の勉強でも自宅以外での勉強場所の確保には苦労しました。

夏休みなど長期の休みに自宅では誘惑が多くてなかなかはかどりませんでした。

自習室を利用していましたが、去年の夏休みにはその自習室がなくなり、次の勉強場所を探すのに苦労しました。

そこで、Starbucksなどのカフェや、LEC新宿エルタワーの自習室を利用して勉強しました。

日本では自宅以外での勉強場所は非常に少ないものです。

公共の図書館が自宅近くにある場合は図書館を利用すればよいので恵まれています。

一方、アメリカへ出かけたときは、Barnes&Nobleなどの本屋で勉強場所を確保していました。だいたいStarbucksなどのカフェが併設していますので、そこで勉強です。

みんな、売っている本をコーヒーなどの飲料を飲みながら読んだり、自分で持ってきた本で勉強したり、当然ながらおしゃべりもしていました。

だからアメリカの本屋で売っている本はちゃんと汚れがないかをチェックして選ぶ必要があります。

さらに、無線LAN完備で、その場で利用料金をクレジットカードで支払えば即利用可能でした。

アメリカは日本に比べて自宅外で勉強場所の確保は楽だなーと感じています。

日本でもStarbucks併設の本屋を一部の地域で見ることがありますが、無線LANはなく、売っている本までは読めないでしょう。

さて、現在の勉強場所は、月曜日~金曜日の通勤電車、平日の夜は自宅、土曜日の午後は新宿にある某カフェです。

2009年10月10日 (土)

英検1級一次試験合格 射程圏内か? しかし、、、

今日は、CELでの英検1級コースの最終日でした。

前回からリスニングに伸びを感じ始めましたが、今日は、さらにその伸びを感じました。

リスニングで過去最高の得点をするることができました。

しかし、課題は残りました。

Listeningのpart2がやはりネック。

Listeningでは、part2以外は満点でした。

やはり、英検1級道場リスニング強化コースの効果か?

でも、part2は、いまいちはっきり聞こえず。

一方、Readingは、普段通りの出来でした。

いよいよ、今度の日曜日(明日ではない)が英検の試験日です。

リスニングの出来次第では、一次試験突破が可能です。

一体、本番はいかほどか?

2009年10月 9日 (金)

映像翻訳Web講座 ベーシックコース

アルクから新しい通信講座が始まるようです。

それは、「映像翻訳Web講座 ベーシックコース」です。

最近は、映像翻訳が流行っているのでしょうか?

ISSでも、この10月から映画字幕翻訳コースが開講します。

アルクの通信講座は、期間が3ヶ月で英検2級レベルから受講できます。

リスニング強化にもなりそうです。

余裕が出来たらやってみようかなとも考えています。

2009年10月 8日 (木)

ひとりで行く京都

今日は、朝から台風で、自宅を出たときは、風がそんなに強くなかったのですが、最寄の駅に近づくにつれ、風が強くなりました。

その結果、最寄り駅からのJRはストップしてしまったので、私鉄との接続駅までの2駅を歩いて、そこから私鉄で大回りをして会社へ行きました。

1時間ちょっとの遅れで無事に会社に着きました。

ということで、朝から大波乱の日でしたが、私鉄で大回りで会社に行ったことで、電車のつり広告に「ひとりで行く京都」という題の雑誌の広告を発見!

これです。

CREA 2009年11月号

うーん、この本ほしーいなと思い、よく見ると女性誌でした。

しかし、通訳ガイドであれば、持っておきたい本ではないでしょうか?

CREAのwebを見るとちょっと中身を垣間見ることが出来ます。

是非買って、京都の勉強をします。

12月にある京都検定を受検するかもしれないので。

2009年10月 7日 (水)

英語学習ツール

今日は、私の英語学習ツールを紹介します。

1.メモリボ(コクヨ)

  英単語・熟語を通勤電車で覚えるときに使います。

  現在では、CELの英検1級コース模擬試験で出た単語と熟語をEXCELで作成し、メモリボに転送しています。

2.ICレコーダ(Voice Trek V-61 Olympus)

  現在ではdictation用に使用していますが、一番活躍したのは、去年の通訳ガイド2次試験対策の際に、自分の声を録音して、自分の癖などを把握しわかりやすく答える練習をした時です。

  今後は、英検1級2次試験対策の時に再び大活躍しそうです。

3.iPod touch

  英語学習という学習には使用していませんが、電車の中などで時間がある時にpodacastやvideocastの視聴に使用しています。

  アプリケーションは、英辞郎、ジーニアス英和・和英、無料の英英辞書などの辞書とその他いろいろなものを入れています。

  最近では、トラッドジャパンとBegin Japanologyを入れ始めました。

  iPod touchの詳細は後日、お話をします。

  乞うご期待です。

4.USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP」(セグクリップ) IOデータ

  トラッドジャパンやBegin JapanologyをiPod touchに収めるために、最近購入しました。

こんなところでしょうか。

2009年10月 6日 (火)

SKY BUS YOKOHAMA

遅くなりましたが、先日(9月27日)にSKY BUS YOKOHAMAに乗車してきました。

この日でSKY BUS YOKOHAMAの運行は終了となりました。

SKY BUS YOKOHAMAは、横浜開港150周年記念の一環として4月28日から運行されていました。

SKY BUS YOKOHAMAは、桜木町から出発で、

桜木町→ランドマークタワー→赤レンガ倉庫→神奈川県庁→横浜スタジアム→外人墓地→港の見える公園→ベイブリッジ→山下公園→桜木町

と再び、桜木町に戻ってくるルートです。

2009_0927skybus0002

こちらが、SKY BUS YOKOHAMAです。東京のとはちょっと異なっています。

2009_0927skybus0003

うしろです。

さて、出発すると右側にランドマークタワーがそびえ立っています。

2009_0927skybus0005_2

ランドマークタワーは、高さが295.8 mで、日本一高い超高層ビルでーす。

その後、赤レンガ倉庫、神奈川県庁、横浜スタジアム、外人墓地、港の見える丘公園を経て、いよいよメインイベントのベイブリッジを往復します。

2009_0927skybus0009

これから渡るベイブリッジです。

2009_0927skybus0012

2009_0927skybus0013

2009_0927skybus0015

2009_0927skybus0016

ベイブリッジの下からでした。

ベイブリッジを渡ると大黒ふ頭です。

2009_0927skybus0018

そこには、輸出を待つ車がいっぱいでした。

トラックもありました。

その後、再びベイブリッジを渡り、山下公園を経由して、桜木町の出発地点に戻りました。

感想としては、東京のよりも、走行距離は長く、おまけに高速道路でベイブリッジを往復とお得感たっぷりでした。

でも、もう運行されていませんので、2度と乗ることが出来ないのが残念です。

2009年10月 5日 (月)

訪日客2000万人 前倒しを

民主党政権になって、いろいろな問題や論議が出ていますが、特にダム建設中止や日本航空再建などの多くの問題を抱える国土交通大臣から、観光業や通訳ガイドに追い風?となるであろう良いニュースがありました。

10月2日の新聞記事に、

「訪日客2000万人 前倒しを」というちっちゃな見出しがありました。

20091002

(2009年10月2日 日経新聞朝刊)

発足から一周年を迎えた観光庁があげた「2020年に訪日外国人数を2000万人に増やすという目標に対し、前原国土交通大臣が、「あまりにも計画が甘すぎる、できるだけ前倒しする努力をしたい」と述べたということです。

具体的な目標は、10月内にも新たに審議会を設け、策定する方針を明らかにしたということです。

具体的な目標や施策によっては、観光業や通訳ガイドにとって追い風になることは間違いないでしょう!?

特に、より具体的な施策が出てくるか注意して見ておきたいところです。

それにしても、この記事の新聞での取り扱いがこんなに軽いとはがっかりです。

2009年10月 3日 (土)

英検1級合格のカギはリスニング

今日は土曜日なので、CELにて英検1級コースを受講しました。

再認識しました。

英検1級の合格はリスニングにあり。

リスニングで得点を稼げば、合格点に近くなります。

今日の模擬試験で、久しぶりにリスニングで高得点が取れました。

はっきりと内容は理解できなかったのですが、質問に対する答えに一番近そうな選択肢を選んで的中しました。

英検1級道場リスニング強化コースで学んだディクテーションの効果でしょうか?

まあ、一喜一憂せずに前進します。

英検1級の試験まであと2週間です。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »