Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

高尾山

海の日(7月20日) に高尾山に行ってきました。その報告をします。

高尾山は、明治の森国定公園に指定されています。

さて、自宅から、電車で高尾山口に行き、そこから徒歩での登山になりました。

約1時間で着きました。意外と速かった。

2009_07200001

高尾山口駅の前の高尾山の案内板です。

2009_07200002

非常に急な坂道を登っていくと、まず金比羅台へ到着。

そこから東京都心方面の眺めです。

2009_07200003

ズームアップです。 なんとなく都庁がわかるかな?

2009_07200004

横浜方面です。

はやり、高尾山といえども、東京にあるので人は多かったですね。

老若男女関係なく、みんな急な坂道を歩いていました。

2009年7月29日 (水)

三渓園

ちょっと、前になりますが、7月4日に横浜の三渓園に行きましたので三渓園をレポートします。

横浜駅からバスで本牧三渓園前バス停まで行き、そこから歩いてすぐのところにあります。

三渓園は、生糸貿易で財をなした横浜の実業家、原三渓(本名:富太郎)の元邸宅。彼はここに京都や鎌倉などから歴史的に価値のある建築物を移築し、明治39(1906)年に、”三渓園”として一般公開されました。

2009_07040031

まず、自動販売機で入場券(500円)を買って、入り口を入り、入場券を係員の方に見せます。

2009_07040024

案内板です。

2009_07040007  

鶴翔閣(かくしょうかく)で、原家の旧宅で、横山大観など三渓との交流のあった多くの文化人らが出入りした場所でもあります。

現在では、ここで結婚式ができるそうです。

行ったとき、ちょうど内部のガイドをしてもらえるということでさっそく参加しました。

2009_07040004

客間棟(guest room)の一部に茶の湯をするための設備がありました。

2009_07040001

亀さんです。

2009_07040003

有名な三重塔。

2009_07040015_2

2009_07040017

2009_07040019

次に、合掌造(旧矢箆原家住宅) きゅうやのはらけじゅうたく。

2009_07040018

その内部です。

2009_07040022

周りには、きれいなアジサイ(hydrangea)が咲いていました。

2009_07040030

最後に大池です。向こう側が入り口付近です。

鶴翔閣(かくしょうかく)で1時間ぐらいガイドの話を聞いて、それからさらに1時間ほどで大体を見ることが出来ました。

2009年7月25日 (土)

やはり、英検1級道場の効果か?

今日、CELで今期初のフルサイズの模擬試験がありました。

Readingはいまいちでしたが、やはりListeningのpart2が聞こえ始めていることを実感しました。part2の得点率は60%でしたが、自信を持って正解にマークができています。

dictationの効果は絶大です。

part2の他にpart3も得点上昇中です。

明日は英検1級道場リスニングコースがあるので楽しみです。

2009年7月22日 (水)

トヨタ自動車 工場見学

今日も、車ネタで先月、トヨタ自動車の元町工場を見学しました。

場所は愛知県豊田市です。

そこでは、クラウン、マークX、エスティマといった高級車を製造しています。

トヨタ自動車の工場の特徴は、国内の工場が半径5Km以内の近郊に集中しています。

元町工場で見学したのは、溶接工場(20分)と組立工場(50分)でした。

バスで元町工場に入り、直接、溶接工場の見学でした。

そこでは、まず、簡単にトヨタ自動車、工場などの概要説明を聞き、溶接ロボットが並んでいる工程を見学しました。

概要説明では、VIDEOで日本語、英語、中国語、韓国語での説明が可能でした。私は日本語で聞きました。

外国人観光客を連れて行った場合、通訳する必要はないでしょう。

次に溶接ロボットが同期してパチパチと火花を飛ばしながら車のスポット溶接をしていました。

再びバスに乗り、組立工場へ移動しました。

組立工場では、日産の工場と違い、工場の上から見下ろす感じで見学コースが設けられていました。

見学コースからは、組立ラインや作業者の様子はちょっと見にくかったですね。

また、組立ラインが、クネクネしており、そのクネクネしたラインの中を横切るようにして見学コースがありました。

その見学コースでは、見学ポイントでは見学コースからは見にくいので主にVIDEOでの説明がされました。そこでも、日本語のほかに中国語、韓国語のボタンがありました。

トヨタ自動車の工場での特徴は、2本柱である「ジャスト・イン・タイム」と「自働化」です。

ジャスト・イン・タイムは、必要なときに、必要なものを必要な量だけをラインに用意するということです。

自働化は、機械が自ら異常を検知し自動停止するように不良を出さないようにすることです。

以上をまとめると、通訳ガイドさんにとって楽な見学ではないかと思います。

外国人観光客からの質疑のみを通訳すればよいかと。

VIDEO説明で英語があるので。

2009年7月19日 (日)

車ネタ(環境対応車)

先週は、日産の工場見学に行ったので、車に関するタイムリーな新聞記事を紹介します。

本当に、車の記事って毎日、新聞のどこかに載っていますね。

今日の車ネタは、環境対応車(eco-friendly car)の動向です。

1.トヨタ、マツダと提携(2009.7.16 日経新聞)

20090716_3   

  ハイブリッド技術でトヨタとマツダが技術提携するらしいということです。

2.ハイブリッド車 日産、中・小型を自社開発(2009.7.17 日経新聞)

20090717

  日産自動車は、環境対応車の本命を電気自動車とているが、トヨタとホンダのハイブリッド車が人気を集めているのを横目で見て、おいしいそうだから仲間に入れてという感じだろうか?

環境対応車(eco-friendly car)の動向から目が離せませんね。

これからは、車と環境は切っても切れ離せない関係になりますね。

2009年7月18日 (土)

英検1級道場の効果か?

今日は、CELで第二回目の英検1級コースの授業でした。

模擬試験では、英検1級道場リスニングコースの効果が出たのかわかりませんが、Listeningで初めて得点率が70%を超えました。

英検1級道場を開始してからまだ2週間しか経っていませんので気のせいかとも思いますが、最近、少しは英語が聞き取れているような錯覚がします。

徐々にではありますが、英検1級道場でのdictationの効果を少し感じています。

ところで、読解問題は、いまいちでした。まあ、どこで間違ったかわかりましたので次回から気をつけます。

リスニングを克服したら英検1級合格が見えてくることを期待して日々努力あるのみです。

2009年7月16日 (木)

日産追浜工場見学

今日は、通訳ガイドの勉強会で日産の追浜工場を見学しました。

ここのところ、自動車工場見学が増えています。

先月は、会社の研修で愛知県のトヨタ自動車の工場見学をしました。

まあ、今回とは、目的が異なりますが、自動車工場見学では一致するところがあります。

今日の工場見学の第一印象は、組立て方法でトヨタ自動車と共通するところがありました。

しかし、日産の工場の方が、工場のラインの近くで見学できた点がよかったです。

トヨタでの見学は、工場の上から見下ろす形でしたので、実際の作業の様子がちょっと感じにくかったですが、日産の方が、臨場感たっぷりでした。

見学コースにAGV(Auto Guided Vehicle)が通る度に待たされたりと。

小学生の見学も目にしました。

日産では、専用埠頭のバスによる見学もありよかったです。専用埠頭は国内輸送用、海外輸出用に使用されています。

さらに驚くことに、お土産として日産のGT-Rのミニカーをもらいました。

箱には、「日産工場見学記念」の表示があります。

ちなみに、トヨタではお土産はなかったです。

2009_07160008

これです。

2009_07160007_2

ドアを開けたところです。

工場の説明ですが、トヨタでは、日本語、英語、韓国語、中国語のテープが用意されていましたが、日産では、日本語のみとなっており、通訳ガイドの仕事としては、日産の方が仕事になると思います。

午後は、場所を変えて、車に関するgeneral topicの発表会でした。

車検、運転免許の取り方、外車、eco-friendly car、ETC、ナンバープレート、四葉マーク、喋喋マークなどなど、他の出席者のスピーチがためになりました。

ちなみに、私は、"the situation of eco-friendly cars in Jpan"ということでスピーチをしました。

eco-friendly carの種類とその駆動源の話。

現在トヨタとホンダがhydrid carで熾烈な競争をして、政府による減税で売れている。来年には日産が電気自動車を販売予定。

でも、究極のeco-friendly carは、fuel-cell carである。

おまけに、日本では、軽自動車というある種のeco-friendly carが昔からあって、燃費がよいし、税金が安く、止める場所が小さくて済む。

将来は、自動車もコンピュータや携帯電話のように電気用品として販売される時代が来るかもね。

以上です。

GICSSの研修の時より少しは慣れたような気もしました。

スピーチは場数を踏むことだと再確認。

会社では、スピーチでなく、説明する場面がありますが、資料を見せながら説明するのでちょっと感覚が違います。

今回の通訳ガイドの勉強会に参加して、やはり、通訳ガイドは魅力的だと感じました。

2009年7月13日 (月)

通訳案内士試験と総選挙

うーん、日にちが悪い!!

衆議院の総選挙が8月30日になるらしい。

ということは、今年の通訳案内士国家試験第一次試験と同日である。

うん、?今年の受験生は負担を強いられることになりそうだ。

4年前の総選挙は試験日とは少しずれていたと思う。

今年は、がっちんこで同じ日。

今年の受験生は、期日前投票、朝投票に行って受験、もしくは、受験後すぐに家に帰って投票をしなければならない。

通訳案内士試験は国家試験であるので、総選挙は国家試験の日程も考えて欲しい。

おまけに、選挙運動で勉強の妨げになる可能性も大いにある。

まあ、開き直って、選挙無視で受験するのも手かな?

2009年7月11日 (土)

英検1級模擬試験コース

今日から、CELで英検1級模擬試験コースが始まりました。

そこで、久しぶりにCELに通学しました。

第一回目の出来は、Readingは、まずまずの出来。

やはり、課題は、Listeningのpart2とpart3です。

今回のpart3は難しいかったです。

Listening強化は、CELと英検1級道場リスニングコースで行います。

英検1級道場リスニングコースに先週から入門してdictationで、苦しんでいます。

2009年7月 2日 (木)

名古屋城

先日、名古屋城へ行ってきました。

入場料は大人500円です。

窓口で、「通訳ガイドの下見に来ました」と申し出ると、少し待たされ、事務所に行くように言われました。

事務所では見学日時、ツアー名などを伝えるように言われましたが、時間がなかったので入場料を払って入りました。

通訳ガイドが急増したためチェックが厳しいのかな?

2009_06260001

まず、名古屋城内の案内です。

2009_06260007

立派な天守閣です。でも、鉄筋コンクリート製。

2009_06260009

天守閣の破風(gable)です。

唐破風と千鳥破風が確認できます。

丸いのが唐破風です。

2009_06260012

天守閣の展望台から名古屋駅方面です。

2009_06260013

本丸御殿復元の場所です。

2010年に玄関の一部を公開で、2017年に工事完了予定です。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »