Oxford

RNN

英検

Follow me

« 「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッション ダイジェスト | トップページ | 「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション その1 »

2009年3月21日 (土)

トラッドジャパン先行試写

今日は、「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッションで行われた「トラッドジャパン」先行試写について書きます。

見たのは、4月14日放送予定のものでテーマは「友禅」。

CELの日本事情コースでもあまり詳しく取り扱われなかったのですが、試写を見て、友禅の特徴とか、友禅のすばらしさ、さらには、友禅染された着物の優雅さに関心しました、

白い輪郭があるのが友禅染の特徴ですが、これは、のりを使って輪郭を描き、最後には白い輪郭となって残るのです。

あまり書くと本放送の楽しみがなくなりますのでこの辺にしときます。

番組は、ビデオクリップ(日本語字幕)→Today's Expressions→Words & Cultur→ビデオクリップ(英語字幕)→Free Talk という具合に進行します。

やはり映像は、きれいでディジタル放送で見ることをお勧めします。

英語が苦手な方でも日本語字幕があるので楽しめること間違いなし。

試写後は、プロデューサーの長野さんと質疑応答や意見交換しました。

参加者の中からいろいろな質問や意見がでました。

私の意見として、「字幕なしがほしい」「通訳案内士(通訳ガイド)のコマーシャルをVIsiti Japan Campaignとからめってしていただきたい」を伝えました。

字幕に関しては、今後DVD化や完全ディジタル化後で可能になる可能性を示唆されました。

参加者からの意見としては、いままでにない企画であり期待しているとか、外国人に日本のことを英語で説明する番組は今後需要が出てくるだろうなどなどありました。

詳しくは、覚えていませんが、否定的な意見は伺えませんでした。

« 「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッション ダイジェスト | トップページ | 「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション その1 »

NHK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラッドジャパン先行試写:

« 「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッション ダイジェスト | トップページ | 「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション その1 »