Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

今週からNHKの語学講座の新番組が開始します

いよいよ、来ました。この日が。

今週からNHKの語学講座の新番組が開始します。

いままでいろいろ考えた結果、今年から始めるNHK教育テレビとラジオの語学講座を決めました。

番組紹介は→http://gogakuru.com/en/

1.なんといっても、「トラッドジャパン」(教育テレビ)

  http://gogakuru.com/en/tv_trad/

2.ニュースで英会話(教育テレビ)

  http://gogakuru.com/en/tv_news/

3.実践ビジネス英語(ラジオ)

  http://gogakuru.com/en/r_pra_business/

4.おまけで、「英語おもしろ倶楽部」

  http://gogakuru.com/en/r_monoshiri/

特に1と2はお勧めです。

1は、CELの江口先生が講師です。

(通訳ガイドの方、通訳ガイドを目指す方必見、日本人のあなたも必見、日本人としての知識を習得しましょう)

2は、ラジオやワンセグでも放送されます。cross media番組です。

さらに、ニュースで英会話のweb siteに会員登録するといろいろなサービスを受けれます。

web site→http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi

3は、本放送を聞かなくても、ストリーミングでICレコーダに録音します。リスニングと会話のいいまわしの強化で英検1級対策にもなると感じたからです。

4は、土曜日の朝でCELに行く前に聞いて、英検1級模擬試験を受験への耳ならし。この番組はweb siteでのストリーミングはなし。Don't miss it!

テキストは、とりあえず、トラッドジャパンと実践ビジネス英語を購入します。

2009年3月26日 (木)

「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション その2

今日は、「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッションのテーマの第二回目です。

テーマは、

2.Japan: stereotype v.s. reality

まず、青谷さんから、昔の日本人のイメージは、カメラにメガネだったが、どうだろう?

という話から入っていきました。

ピーター・バラカンさんが、どこの国でもstereotypeには頭が痛いとおっしゃっていました。

日本の現実は「まんが」らしいです。それほど日本のマンガが人気なのかがわかりますね。

また、ピーター・バラカンさんは、「日本の生き方」岩波新書という本を紹介して、それを読んで日本を理解しようとしたともおっしゃっていました。

ステュウット・ヴァーナム・アットキンさんは、日本のstereotype imageを「桜、富士、芸者」と説明されていました。「桜と富士」はみんながどこでも見れるもので、「芸者」は日常生活の一部だとおっしゃって説明されました。これらは、日本の基本的なものだとおっしゃっていました。

結構、このあたりの英語は非常に早くて半分くらいしか聞き取れませんでした。

次に、青谷さんが「cool Japan」についてどうかと質問されました。

「cool Japan」は、新しい文化においてニューヨークやロンドンの都市よりも影響力があるとお答えしていました。日本がNo.1だとか。

最近、フランス人の観光客が増えているには、フランス風のコスプレイを見にきていることが一因らしい。これは、青谷さんがおっしゃていました。

2009年3月25日 (水)

通訳案内士登録証申請

今日は、休暇を取って、神奈川県庁へ通訳案内士登録証の申請をしてきました。

さて、通訳案内士(通訳ガイド)として活躍するために最低限必要なことは何でしょう?

1.通訳案内士登録証所持

2.通訳ガイド研修

の2点です。

登録証は、仕事中は要携帯です。

ということで、今日は、その登録証申請しました。

朝から、写真撮りに行ったり、合格証書をコピー。必要書類に必要事項を記入。

午後から、県庁にいきました。あいにくの雨で、県庁に着くとほとんど雨はやみそうでした。雨はいやですが、休暇を取っているので決行です。

申請先である商業観光流通課 観光室は本庁2階にありました。いやー、歴史ある建物で内部は、ちょっと狭いような感じがしました。

観光室に入って、申請をしに来た旨を伝え、係りの方がやってきました。

まず、係りの方は必要書類の確認と合格証書のコピーと本物の照合。その後、収入証紙を申請書に貼り付けていました。

写真は、そのまま持っていったので、はさみと定規が渡され、所定の大きさ、3×2.5cmに切って係りの方に渡しました。(パスポート申請する場所にある枠があって写真を所定の大きさに切る道具があると思っていましたがありませんでしたので、事前に3×2.5cmに切っていくこと)

通訳案内士登録証のコピーで写真の大きさを確認し、2枚のうちどれを貼るか決めるよう求められました。

係りの方が申請書に写真1枚を貼り、収入証紙に消印と収受印を押して完了。

最後に、提出した380円分の切手が貼られた返信用封筒(受付でもらいます)に住所、名前を記入し、申請書のコピー(確認用)をもらって、観光室をあとにしました。

登録証は約2週間ほどで配達されるとのことです。

----------------------------------------------------

参考に、神奈川県の場合をメモしときます。

まず、神奈川県庁のweb siteで必要な書類を確認しましょう。

必要な書類は、ダウンロードできますので、印刷して必要事項を記入しましょう。

次に、神奈川県収入証紙(収入印紙と間違わないこと!!)。販売所はこちら

郵便局で380円分の切手。これは、返信用切手になります。書留郵便で配達です。

その他、写真とか合格証書のコピー、履歴書などがありますのでお忘れなく。

県庁に行く前にもう一回書類が揃っているか確認しましょう。

2009年3月22日 (日)

英検1級に向けて

今日の2本目です。

3月からCELの英検1級模擬試験コース(通学)とBuildupコース(CD-ROM)を受講していますが、昨日、最初のフルサイズ模擬試験がありました。自己採点した感じでは、まだまだという感じです。試験自体がとても難しく感じました。リスニングでは、途中から音声がやけに早く感じました。時間内には一応すべて解くことができました。

英検1級受験へ向けての課題は、

1.空所補充問題:論理展開力を養う

  (毎回の英検1級模擬試験コースで少しずつ)

2.内容一致問題:英文読解力と読むスピード

  (Buildupの教材を使う)

  英検1級模擬試験コースの模擬試験では、選択肢から間違いを探すやり方はどうだろう?

3.リスニング:リスニング力を増強

  (英検1級とbuildupの教材を使う)

英検1級模擬試験コースの模擬試験では、平均点あたりを漂っています。

徐々に上がるように毎日を過ごしていきます。

英検1級受験まであと3ヶ月弱。

「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション その1

今日からは、「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッションのテーマをひとつずつ取り上げてみたいと思います。

2009_03180008

2009_03180005_2

(司会者の青谷優子アナウンサー)

まず、今日は、

1.Japanese culture is enjoying a worldwide boom. Why?

ステュウット・ヴァーナム・アットキンさんからの答えが理にかなっていたと思います。

それは、「漫画が世界に広がり、best manga artistsやbest mangaが日本から現れた。その後、海外の若者が漫画から日本文化への興味が高まった。その結果、日本文化の人気が高まった」ということです。

2009_03180010

簡単ですが、まずはこんなところです。

2009年3月21日 (土)

トラッドジャパン先行試写

今日は、「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッションで行われた「トラッドジャパン」先行試写について書きます。

見たのは、4月14日放送予定のものでテーマは「友禅」。

CELの日本事情コースでもあまり詳しく取り扱われなかったのですが、試写を見て、友禅の特徴とか、友禅のすばらしさ、さらには、友禅染された着物の優雅さに関心しました、

白い輪郭があるのが友禅染の特徴ですが、これは、のりを使って輪郭を描き、最後には白い輪郭となって残るのです。

あまり書くと本放送の楽しみがなくなりますのでこの辺にしときます。

番組は、ビデオクリップ(日本語字幕)→Today's Expressions→Words & Cultur→ビデオクリップ(英語字幕)→Free Talk という具合に進行します。

やはり映像は、きれいでディジタル放送で見ることをお勧めします。

英語が苦手な方でも日本語字幕があるので楽しめること間違いなし。

試写後は、プロデューサーの長野さんと質疑応答や意見交換しました。

参加者の中からいろいろな質問や意見がでました。

私の意見として、「字幕なしがほしい」「通訳案内士(通訳ガイド)のコマーシャルをVIsiti Japan Campaignとからめってしていただきたい」を伝えました。

字幕に関しては、今後DVD化や完全ディジタル化後で可能になる可能性を示唆されました。

参加者からの意見としては、いままでにない企画であり期待しているとか、外国人に日本のことを英語で説明する番組は今後需要が出てくるだろうなどなどありました。

詳しくは、覚えていませんが、否定的な意見は伺えませんでした。

2009年3月20日 (金)

「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッション ダイジェスト

今日は、先日、HNKで行われました「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッションのダイジェスト版で書きます。今後は、それぞれの詳細を書く予定です。

まず、内容は、

・新番組「トラッドジャパン」の先行試写

 まず、参加者は集合した後、試写室に通されました。初NHK潜入です。

 30人くらい入れる部屋に映画館のような部屋でした。

 試写開始は、午後7時20分頃でした。

 試写は4月14日放送予定の「友禅」をテーマにしたものでした。

 番組の始まりは、Beign Japanologyに似ていました。

 試写後は、参加者からのQ&Aや意見などをプロデューサの長野さんとしました。

2009_03180003_8

・「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション

 試写後は、場所を会議室みたいなところに移動しました。

 軽食と筆記用具が用意されていました。軽食は「すし」でした。トラッドジャパン第一回のテーマです。(係りの方がそう説明されました)

 そこで、トラッドジャパンの4月号をもらいました。(CELでももらうので2冊をもらうことになる)

2009_03180009

 まず、司会者の青谷優子アナウンサーが登場し、司会者の紹介でピーター・バラカンさんとステュウット・ヴァーナム・アットキンさん が登場しました。

 開始は、午後8時30分でした。

 テーマはいろいろ用意されていました。そのテーマは、
 1.Japanese culture is enjoying a worldwide boom. Why?

 2.Japan: stereotype v.s. reality

 3.Japanese culture lost in translation.

 4.Here are some tips for communicating Japanese culture in English.

 5.What are some good ways to study English?

 6.Question & Answers

 7.Any topic you'd like us to cover on our shows?

 トークセッション終了は午後9時53分でした。

2009_03180012_8

その後は、出演者のステュウット・ヴァーナム・アットキンさんとピーター・バラカンさんがお書きになった本やNHKの番組などのパンフレットなどをもらい、それぞれの本へのサイン会と写真撮影会でした。私は、一番最後に並び順番までNHKの係りの方をいろいろお話をして待っていました。終了は午後10時13分頃でした。

終了後は、係りの方に一緒に付き添われ出口まで行き、NHKから出ました。

所感としては、

1.NHK内の移動はずべて、係りの方が一緒に付き添われ、厳重に管理されていたように感じました。それはそうでしょうね。

2.熱狂的なNHK英語講座ファンがたくさんいらっしゃって熱心さを感じました。参加者の中には関西方面からがいらっしゃって気合の入り方を感じました。

3.イベント自体は、楽しく面白くすごしました。また機会があったらまた参加しようと思います。

2009年3月18日 (水)

「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッション参加速報

今日、3月18日の夜にNHK語学番組ブロガーイベント、「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッションに 参加しました。

ただいま帰宅しましたので速報します。

<内容>

・新番組「トラッドジャパン」の先行試写

・「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション

<出演者>
●ピーター・バラカン
Begin Japanology(NHK国際放送・総合テレビで放送)プレゼンテーター
●ステュウット・ヴァーナム・アットキン
トラッドジャパン(4月からの新番組・教育テレビの英語講座)コメンテーター
●司会・青谷優子
NHK国際放送アナウンサー

でした。

写真撮り放題、プレミアムが付きそうなお土産、面白いお話、記念撮影などがありました。

今後、何回かに分けて、トークセッションについて書きます。

みなさん、おたのしみにしておいてくださいね。

明日も会社なので、これからお風呂に入って、寝ます。

では、おやすみなさい。

2009年3月15日 (日)

英検1級 英論文(Essay)対策

昨日、土曜日のCEL英検1級コースで、Part4の英論文(Essay)攻略についてお話がありました。

ずばり、攻略法は、「模範解答を覚える!!」ことです。

とは言っても、覚えるのはどうみても現実的でないので、いい表現や言い回しなどのポイントだけ頂いて、自分用の模範解答集を作成することです。難しい表現は、自分なりにわかりやすいように言い換える必要があります。

そういえば、このことは、通訳ガイドコースでの、日本事情関連英作文と一致します。去年は、この日本事情関連英作文問題で自分用の解答集を作成していました。

それと同じことをやって、自分のものにすればよいのか。

2009年3月10日 (火)

プリペイド式 V.S. プランSSシンプル

今日は、英語の話ではなく、携帯電話のお話をします。

現在、私の携帯電話はAUのプリペイド式です。

ほとんど電話しないからです。NTTの電話も撤去しております。

購入時の電話機代が17,640円かかりました。(高かったー)

毎年10,000円のプリペイドカードを購入し、通話料を払っています。

最初に購入してから3年が経ちました。

今までの通話料金の支払い合計は33,000円です。

電話機代と合計して、50,640円で、今までの平均月額は、1,266円。

現在の残高は10,000円あまりで、通話期限は5月末日。

プリペイド式なので多少制約があり、E-malは使用不可、AU同士のCメール(意外と便利)は使用可能。

そこで、最近、980円のプランがちらちらと目に入り、先週、CELの近くのAU Shopで980円のプランであるプランSSシンプルのことを聞きました。

1.月額が980円で、1,050円分の無料通話料付、無料通話料は5,250円まで繰り越し可能

2.E-mailは、オプションで月額の追加料金は315円

3.合計で1,295円

4.ただし、プリペイド式電話の残高は持ち越せない(あとでインターネットで問い合わせした)

この料金でE-mailも使えて、無料通話も5250円まで繰り越せる。月額金額といままでプリペイド式でかかった費用の月平均(1,266円)と比べると、同じような金額。

このまま同じ通話料のペースでプリペイド式を使ったとしても、平均月額は5年後で1,000円弱にまで落ちるが、残高は膨らむ一方。

通話しないでも料金を払い続けると考えると、切り替えたほうが得かも。

結局、いつか通常のプランに変えると考えると、プリペイド式電話の残高が持ち越せないこともあり、あまり残高が増えうちに、切り替えるほうが得策か?

プランを切り替えたとして、いままでのペースで通話すると無料通話料も7ヶ月目で5,250円に達する見込み。

毎月1,295円で常に5,250円(125分間)の無料通話料を持てて、E-mailもできるとなるとプリペイド式よりも魅力である。おまけにE-mailも無料通話料でまかなえる。

切り替えるタイミングは5月末日にできる限り近い日にちである。5月末日から3ヶ月以内でもよいが、電話が不通になると、不都合が起きる。一応社会人なので。、

2009年3月 9日 (月)

NHKの英語講座

江口先生のトラッドジャパンをきっかけに、NHKの英語講座から影響を受けています。

先日の新番組「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッションの当選もそのひとつですが、トラッドジャパンに加えて、

1.ニュースで英会話

 これを見ようと思ったきっかけは、NHKのゴガクルブログの記事からです。

2.3ヶ月トピック英会話

 英語テキストナビ2009をぱらぱらめくっていたら、お美しい講師の写真が眼に入り、人目で惹かれました。旅行気分で英会話、うーん、いい感じ。

 お名前をよーく見ると、なんかどっかで、聞いたことのある名前です。そうだ、新潟県の元首相の娘さんで、国会議員の方です。

したがって、春からNHKの英語講座は、Trad Japan, Begin Japanology, ニュースで英会話、3ヶ月トピック英会話の4講座です。

テキストを買うのは、Trad Japanのみの予定です。

2009年3月 8日 (日)

卒業生の集い

今日の夕方、CELで卒業生の集いがあり、参加しました。

CELでは英検1級コースで受講生ですが、通訳ガイドコースは卒業生です。

まず、江口先生の「トラッドジャパン」でのお話から始まりました。

その後は、参加者同士でお話をして、情報交換をしました。

私も、何人かの方とメールアドレスなどを交換し、少しばかり、コネクションを形成できました。

次回も参加しようと考えています。

日常生活や会社との往復では、絶対お会いできない方とお知り合いになるのは貴重です。

2009年3月 7日 (土)

英検1級合格に向けて

今日、CELで第一回の英検1級コースがありました。

初回なので、readingとlisteningの強化方法の紹介がありました。

Readingについて

精読:BUildupコースで強化する

多読:英字新聞のOpinon, Editorial, Environment, Science and Technologyの欄を読む

    読むスピード:150words/min

    読んだ後、summaryを日本語でよいので書く

    毎日、どれか一つの記事を欠かさずにやる(5分間)

Listeningについて

1.英検1級コースで間違った問題を3回聞く

2.スクリプトを見て、確認する

3.もう一度(三度)聞く

  これを一週間以内でやる→量が多くないのでできそう

  part4は、CELでの音質が本試験より良いので、Buildupコースで雑音が入ったListeningの練習をする

といった具合で説明されていました。

Buildupコースのコマーシャルも混じっておりましたが、BuildupコースはCD-ROM受講するので大丈夫。

ご参考になればと思います。

2009年3月 4日 (水)

NHK語学番組ブロガーイベント当選!!

今日、NHK語学番組ブロガーイベント

新番組「トラッドジャパン」&「ビギン・ジャパノロジー」トークセッションに当選したというメールをもらいました。

運が良いのか、応募者が少なく応募した人は全員当選なのか不明ですが。

詳細は、以下のようになっています。

<出演者>
●ピーター・バラカン
Begin Japanology(NHK国際放送・総合テレビで放送)プレゼンテーター
●ステュウット・ヴァーナム・アットキン
トラッドジャパン(4月からの新番組・教育テレビの英語講座)コメンテーター
●司会・青谷優子
NHK国際放送アナウンサー

<イベントの内容>
・新番組「トラッドジャパン」の先行試写
・「英語で日本を語る」をテーマにしたトークセッション

という具合に、うん?CELの江口先生は出演されないようです。

残念!!

あと、宿題をもらいました。

2009年3月 2日 (月)

GICSS研究会 IDカード

先週、GICSS研究会からIDカードが送られてきました。

まだ、登録番号の箇所は空白でしたが、立派なIDカードです。

すべて英語で書かれていました。

少しずつ、通訳ガイドになっていっていますかね?

でも、本職としてエンジニアをしているし。

ところで、エンジニアで通訳ガイドの資格を持っている人は居ますかね?

さて、3月になったので、そろそろ通訳案内士登録申請の準備を進めます。

2009年3月 1日 (日)

いよいよ

いよいよ、英検1級コースが今週末から始まります。

とりあえず、6月の試験を目指します。

とりあえずの目標は、不合格A。

過去に2回受験しましたが、いずれも不合格Cでした。

12月から受講した英検1級コースの後半の感触だと不合格Bにはなれそうです。

英検1級合格までどのくらいかかるだろか?

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »