Oxford

RNN

英検

Follow me

« これからの予定 | トップページ | 通訳案内士国家試験 合格の勝因 2 »

2009年2月 3日 (火)

通訳案内士国家試験 合格の勝因

先週の通訳案内士の合格発表から激動の日々を送ってきましたが、やっと落ち着いてきましたので、今年、合格できた原因を分析してみたいと思います(ご参考になればと思います)

今回は、一次試験についてです。

1.戦略を立てたこと

  英語を重点に勉強し、日本地理、歴史、一般常識は直前まで勉強をしなかったこと。

  合格まで2年計画のつもりで勉強。

  日本地理、歴史、一般常識が一次試験で行われるようになってから毎年合格点あるいは、合格していたので本試験の感触は得ていた。

  実際に、日本地理は得意科目でしたので夏休みにちょろっとノートに目を通し、過去数年の問題を解き問題ないことを確認した。日本歴史は、不得意科目なので、やはり気になっており、ゴールデンウイークの空き時間に通史を勉強し、夏休みに文化史中心に勉強した。一般常識は、性格上、旬の出題もあるので、CELのコースの一般常識のみを受講し、ちょっと勉強しました。実際はこのように多少、勉強はしましたが、あくまでも、英語中心で勉強をしました。

2.CELの通訳ガイドコース受講

  2007年までずーっとハローのシニアコースを受講していたが、新規一転でCELの通訳ガイドコースを主に受講。ハローは、模擬試験コースを受講。

  受講した講座は、日本事情コース(2007年秋)、BASICコース(2007年秋)、STANSARDコース(2008年春)、STANDARD直前コース(2008年夏)。

  特にSTANSARDコースの毎回の予習冊子が、本試験の仕様になっており、毎回ストップウォッチで時間を図り、時間内に解き終わることを徹底した。これは、授業で毎回、時間配分の重要性が説明されていた。また、予習冊子に出題される問題(時事ガイド用語問題でさえ)は事前に知らせられない(試験範囲が存在しない)ので、本試験感覚で問題に取り組めた。この本試験仕様の予習冊子で本番の試験感覚時間感覚を養えたことが「最大の勝因」だと感じる。いままで、この試験感覚と時間感覚がなく、ハローの模擬試験では、余裕でできるのに、本試験では、解答はすべて試験時間内にできていましたが、見直す時間がほとんどありませんでした。(ハローの模擬試験では試験範囲があり、それをちゃんとやっていれば偏差値60は比較的楽に到達できる)

  本試験では、養えた試験感覚と時間感覚のおかげで、いままでとは異なり、試験時間内で解答でき、見直す時間も十分にあった。試験後、いままでにない手ごたえを感じていた。

  模範解答説明での自己採点は71.5点でした。(この瞬間、いけたかな?とも感じた)しかし、一次試験合格発表があるまでは不安な日々を送りながら、すぐに、二次試験対策を始めていた。気を紛らわせるためでもありました。

 ちなみに、他の科目の自己採点は、日本地理 84点、日本歴史 57点、一般常識 67点でした。いずれも合格基準点を上回る。(日本歴史の平均点が下がるのは必至のため)

明日は、二次試験について書こうと思います。

« これからの予定 | トップページ | 通訳案内士国家試験 合格の勝因 2 »

通訳案内士国家試験」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。きんちゃんさんのブログは本当にいつも参考になります。熟読しています!
先日英検の準1級を初めて受けましたが、合格に数点足らず、TOEICも下がってしまい、一気にモチベーションが下がってしまいました。通訳ガイドももちろん受けたいのですが、TOEICか英検かガイド試験かどれがまず先か悩んでいるところです。きんちゃんさんはガイド試験の勉強をしつつ、英検やTOEICも受けられたのですか?? いつかきんちゃんさんのツアーに参加したいまっちでした

まっちさん、こんばんは。
私は、通訳ガイド中心で勉強をしてきました、英検準1級は、本当に通訳ガイドレベルの英語力があるのかと確認するために受験しました。英検用の勉強、TOEIC用の勉強はあまり意味がないと思います。ひとつ言えるのは、英語の総合力をつけることです。CELではBuildupコースを受講したこともいい経験でした。その受講後は、少し英文を読む速度が上がったのです。
英語力があれば、英検であろうがTOEICであろうが関係ないです。ただ通訳ガイドは英語力の他に日本事情精通力が必要です。したがって、通訳ガイドの勉強をお薦めします。現在英検1級の勉強をしていますが、英論文で結構、通訳ガイドで勉強したことが役に立ています。例えば、少子高齢化についてどう思う?、最近の日本企業の不祥事についてなどです。さらに、英検準1級でも、同じことが言えます。私が受験したときの英作文が花火は花火開催周辺の住民にとってどんな影響があるかでした。幸いにも英作文で満点でした。(採点はやや甘い)

きんちゃんさん、アドバイスありがとうございました。英語の総合力+日本事情精通力ですね!また夏のガイド試験目指してがんばります。継続は力なり。

まっちさん、こんばんは。
英語の総合力を詳しく説明しますと、
1.単語
2.文法
3.時事ガイド用語
の3つは基本ですので100%マスターするまでやりましょう。
特に、時事ガイド用語は本試験では得点源です。
日本事情精通力は、日本事情コースをきちんとやりましょう。
これで、完璧です。

きんちゃんさんこんばんは。ありがとうございます!
きんちゃんさんよりも私は年上なので、なかなか単語も覚えにくいのですが、がんばります。CELとハローの教材をもう一度やりまくります。きんちゃんさんもお体気をつけてくださいね。

まっちさん、おはようございまーす。
単語と時事ガイド用語は繰り返し練習しましょう。
単語は、コクヨのメモリボという電子単語帳で通勤時間のみで覚えました。時事ガイド用語は最終的には書いて覚えましょう。(本試験では書いて解答するのでスペルミスは致命的です)
記憶力を年のせいにしないようにしましょう。覚えては忘れ、忘れては覚えての繰り返しです。
それを毎日継続するのです。「継続は力なり」
まっちさん、目標に向かって進みましょう。

きんちゃんさん、ありがとうございます。このところ主人の早期退職勧告、子供の受験、父の介護と大変な事続きで落ち込んでいましたが、励ましていただいて元気&やる気がでました!きんちゃんさんは思いやりのある素晴らしいガイドになられることでしょう。心から応援しています。ちなみに私はもうすぐ44才です(泣)

まっちさん、こんばんは。
大変ですね。
応援ありがとうございます。
私はまっちさんの応援団長です。(^^
まっちさんと同級生か、早生まれなら学年ではひとつ上でいらっしゃいますね。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通訳案内士国家試験 合格の勝因:

« これからの予定 | トップページ | 通訳案内士国家試験 合格の勝因 2 »