Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月23日 (火)

通訳案内士国家試験第一次試験 解答解説

今日、CELの通訳案内士国家試験第一次試験の解答解説セミナーに出席しました。

午前中は英語の解説で午後は日本地理・歴史・一般常識の解説でした。

午前中は、ほぼ満席でしたが、午後はその7割程度でした。

これで、英語の試験の獲得した点が大体計算できました。忘れた解答もありましたが、ほぼ7割くらいいけたかと思います。(うーん、今年はいけたかな?)

合格発表があるまでわかりません。

まあ、このまま、CELで2次対策の授業を受けて、準備をします。

また、会社の昇格試験もありますが、昇格試験が終わるまでは、復習だけ専念して、昇格試験が終わってから、2次対策を集中的にしたいと考えています。

2008年9月20日 (土)

昇格試験 再び

やれやれ3年ぶりに会社で昇格試験を受験することになりました。

まずは、11月1日の論文試験と算数、国語などの適正試験です。

しかしながら、通訳案内士2次試験の準備もしておかないといけないので、今後の予定を再考しました。

1.週間予定

土曜日:午前中にCELの2次対策予習、午後はCELで2次対策授業、夜はその復習。

日曜日:午前中に論文試験の復習

     午後は、午前中に論文試験の復習が終了しなかったら継続

     残りの時間、日本事情コース(2時間):これはもうちょっとで13回が終了

             論文試験対策として論理的思考を養う

平日は、英語で語る日本事情と英文暗唱(約1時間くらい)

      CELの2次対策コースの復習(空き時間活用)

      論文試験勉強、算数、国語の勉強(約1時間くらい)

2.11月までの予定

 9月23日      CEL 一次試験解答解説セミナー出席

 10月18日     CEL 日本事情2次対策コース終了

 11月1日      昇格試験

 11月1日~13日 CEL Intensive Class(土曜日、日曜日中心で受講したい)

 11月14日     通訳案内士国家試験1次試験合格発表

 今年は、JNTOまで見に行きたいと考えていたが、もう一回試験試行要項を見たら、WEB閲覧ができるらしい(特に会社を休む必要ないか)

2008年9月14日 (日)

やばい、2次対策

昨日のCELでの2次対策コースの復習をしましたが、とてもきついですねー。

やはり、特に歴史がやばいかも。なぜペリーが黒船で来航?三大歴史上有名人物(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)はどんなことをしたのか?などなど。

日本語で答えを探すだけでも、大変です。

とりあえず、EXCELに質問、日本語ヒントそして、解答を書き出して、それから声に出して練習するとします。

質問、ヒント、解答が出るソフトでもあればいいのですが。

2008年9月13日 (土)

日本事情2次対策コース 1回目

今日から、CELで2次試験対策として、日本事情2次対策コースが始まりました。

今日は、一回目でしたので、このコースがどう進められるのかを把握して、どう準備をすればよいかを念頭において受講しました。

このコースは、復習を重点的にすることが重要だということです。予習は、適当でいいかもしれません。

一応は、予習資料の内容を含んでいますが、聞かれたことは、それだけにとどまっていないので、予習はほどほどでよいと感じました。

あとは、メモ用紙が必須です。聞かれた質問を書き取り、それを中心に復習をするということです。

復習は一回の授業で一週間かける程度の分量があります。

2008年9月 6日 (土)

今後の予定

通訳案内士国家試験第一次試験からほぼ一週間が経ちました。

この1週間は、日本地理・歴史・一般常識の自己採点や英語試験でのミスがちらほら発覚?といろいろありました。

2次試験対策はどうしようとか悩みなしたが、とりあえず2次試験対策を受講することにしました。(予約をしたばかりで本当に受講できるかは不明)

ということで、今後の予定です。

1.9月13日 CEL 日本事情2次試験対策コース開始

2.9月23日 第一次試験の解説セミナー

3.10月18日 CEL 日本事情2次試験対策コース終了

4.11月14日 通訳案内士国家試験第一次試験合格発表

英検1級は、今回は見送ります。

2008年9月 3日 (水)

通訳案内士国家試験 自己採点その2

今日、CELから日本地理・歴史・一般常識の速報が届き、改めて自己採点しました。

1.日本地理 84点(合格ライン60点)→合格

2.日本歴史 57点(合格ライン50点付近)→合格

3.一般常識 67点(合格ライン60点)→合格

まあ、当初の戦略通りに行くかは、英語にかかっています。

やっぱり、2次試験対策の日本事情コースは、受講すべきか?

通学なら、早くしないと席が埋まるような気が。

2008年9月 2日 (火)

日本歴史・地理・一般常識

日曜日の試験後、ハローからのメルマガで受験者の感想が送られてきていますが、

やはり歴史は難しかったようです。

(去年は地理が難しかったようですが、ひょっとして来年は一般常識が難?)

さて、私の主観では例年ですと、地理(得意科目)が簡単、歴史(苦手科目)はちょっとむずかしい。一般常識はその中間。

まあ、歴史は苦手意識があるのでそう感じるのですが。

この傾向を考えると、今回の試験も3科目を比べれば、同傾向だと感じています。

しかしながら、歴史は非常に難しかったー。合格基準点が下がるのを願うのみ。

当初の戦略からすると、こんなものかも。英語優先で勉強してきたので。

2008年9月 1日 (月)

一次試験合格発表までをどう過ごすか?

さて、一次試験合格発表までをどう過ごすか?

とりあえず、今日は会社を休暇にして昨日疲れた体を休めさせていますが。

毎年の事ですが、一次試験合格発表までの期間が非常に長いので、この期間をどうすごすか?が毎年の課題でもあります。

いままでは、ハローの2次対策セミナーで気を紛わせていたのですが、今年は、CELとハローどうしようかと迷っています。

というところで、とりあえず。
1.日本事情コースをもう一回通して聞く(一ヶ月間)

  早速、今日から開始で、10月初旬まで
  これは、昨日の試験を受けた後、1次試験でも2次試験でも日本事情コースで理解を深める必要があると感じたからです。歌舞伎の問題も背景を知っているか知らないかで余裕度が違う。

2.英語で語る日本事情:毎日ピーチク、パーチク

  これは、今まで通り

3. 2次試験の気になるセミナー:申し込み完了

4.一次試験解説セミナー(9/23):申し込み完了

ところで、最近気がつき始めましたが、

やっと、英語が体に染み付き始めたような感触がしています。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »