Oxford

RNN

英検

Follow me

« 通訳案内士国家試験 自己感覚採点 | トップページ | 一次試験合格発表までをどう過ごすか? »

2008年8月31日 (日)

通訳案内士国家試験 自己採点

某学校のホームページで日本地理・歴史・一般常識の解答速報がありました。

その自己採点結果でーす。

日本地理:A学校(84点)、B学校(81点)→ほぼ合格

日本歴史:A学校(54点)、B学校(57点)→合格基準点60点であれば不合格、平均点が54点以下であることを願う。(やはり危うい)

一般常識:A学校(69点)、B学校(66点)→平均点が高くなければ合格だが、合格でもギリギリ?また、B学校によれば、2問ほど「解答なし」の判断がありました。これを全員得点と考えての得点です。

解答速報からの結果ですので、特に歴史は、今後の解説セミナーで判断します。

うーん、歴史はちーと難しかったような感じがしますが。どうでしょうか?

まあ、なんとか、これに関してはほぼ戦略通りでしょうか。

« 通訳案内士国家試験 自己感覚採点 | トップページ | 一次試験合格発表までをどう過ごすか? »

通訳案内士国家試験」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、台湾の受験生のサオリです。地理はすごいなぁ~~随分いい点数ですよね。私は試験が終わった後すぐに採点してみたところ、およそ65点です。合格点は60点なら、合格できると思います。けど、今回の地理は簡単だと言われてたので、合格点は70点にあげられるといううわさも聞きました。きんさんは日本でこのようなうわさも聞きましたか?ちょっと心配してます。返事していただければ、嬉しいです。ちなみに、今回の歴史は難しすぎましたね。台湾での歴史の試験が終わったとき、罵声がたくさん聞こえましたんです。

サオリさん、はじめまして。
CEL(通訳ガイドの学校)からの解答速報によりますと、
平均点が60点を超えた場合は、合格ラインは60点になるそうです。ただし、平均点が低い場合、合格ラインを下げる調整が行われるそうです。したがって、今回の試験の予想合格ラインは、地理と一般常識は60点、歴史は低くて50点付近だそうです。
ところで、地理は、今回、勉強しなくてできたなーと自ら感心しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通訳案内士国家試験 自己採点:

« 通訳案内士国家試験 自己感覚採点 | トップページ | 一次試験合格発表までをどう過ごすか? »