Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

これからの戦略 その2

昨日に続き、通訳案内士国家試験の受験戦略を話します。

今日、去年の邦文試験をしてみました。一般常識は、先週、CELでやったので高得点になりましたが、地理は64点、歴史は59点、一般常識は89点でした。

合格点ギリギリを狙うという観点から、歴史だけ、もうちょっと勉強しておく必要があるということです。他の2科目は、普通にしていたらいいという感じです。

したがって、今後は、英語中心でおまけに歴史という感じで行きます。

合間に一般常識の最新情報と最新データを確認する。

2008年6月28日 (土)

これからの戦略

これから通訳案内士国家試験に向けた戦略を考えていました。

1.あくまでも、英語中心→少なくとも、英語だけは合格したい

2.そのため、英単語と用語は最後まで覚える

3.さらに、要約問題攻略

4.おまけで、日本地理、歴史、一般常識を合格点ぎりぎりくらいで合格できれば。

 (効率よく合格点ぎりぎりで通過できる程度の勉強をする)-ここポイント

5.まあ、一応、去年の問題の邦文分と去年のハローでの公開模擬試験(邦文分)の問題はやっておこう。

6.さらに、いままでの邦文試験対策ノート(過去数年勉強していたノート)を再確認

第二回模擬試験結果

今日、CELで第二回模擬試験の採点が戻ってきました。

結果は、まあまあていうところでしょうか。

第一回よりも順位も偏差値も下がりましたが、まあまあ、こんなところといった感じでした。

第三回模擬試験は、有終の美を飾りたいが、、。、

CEL STANDARD10

午後は、CELでSTANDARDコースの第10回目でした。

うーん、やはり、問題は要約問題です。

夏休みに集中攻略必要ありです。

一般常識は、ちょっと勉強すれば合格できそうです。

日本地理、歴史、一般常識は、平均点で合格ですから、そんなに気張らすに、あくまでも英語中心で。

いよいよ、来週は最後の第三回模擬試験です。

その後は直前コースになります。

公開模擬試験

今日は、朝から、ハローで公開模擬試験がありました。

まあ、普通の模擬試験の雰囲気ですが。

そこで、驚いたのが、CELのSTANDARDコースで扱った英文がそのまま出ていました。

びっくり驚きです。

内容は、まだ、受験されていない方もいるので、詳細は書きませんが、

日本事情関連問題で一問、要約問題で一問の2問の2箇所です。

日本事情関連問題は、???に関すること、CELの第二回模擬試験で出た問題の縮小版(解答できる字数が少なかった)

要約問題は、CELでは、課題集で扱った英文和訳問題でしたが、それを要約問題で出題。

ここまでいけば、今年は、ハローとCELのダブル受講の効果が出ているような。

英検1級の結果

先日、受験した英検1級の結果がでました。

不合格Cです。まずは、不合格Bを目指します。

音読と単語は引き続き継続します。

でも、英作文は、前回よりは書けたと思いましたが、結果は、前回と同じ16点/28点。

納得いきません、おそらく、採点基準があり、それを基に採点すると同じ点ということでしょうか。

2008年6月21日 (土)

STANDARD9

今日から、CELで一般常識が始まります。

まずは、STANDARDコースですが、事情により予定から変更がありまして、

今日は、2006年の第二回模擬試験を授業中にするというものです。

要約問題で、日本語を英語で要約する問題は、どう対処していいかわからず、重要な箇所を英訳するだけになりました。

その他は、まずまずのできでしょう。

次に、一般常識は、国連、FTAなど覚えるべきことが明確になりしました。

邦文対策は、まず、去年の本試験を解くことから始めます。

去年は、免除で受験していませんから。

しかし、一般常識は、今日、CELでやりましたので、地理と歴史だけです。

2008年6月18日 (水)

さらなる英語力をつけるには

1月と今回の英検1級を受験して思ったのですが、

結局、英検準1級を超える英語力をつけるには、「単語」と「音読」しかないということです。

つまり、

1.「単語」=読んで、聞いて分かる単語を増やすこと

2.「音読」=聞く速度で読んで理解できることと、その逆

早速2に関しては、今週から始めています。

題材は、この前のCELのBuildupコースの題材で一回分の3つの記事を一週間で音読しています。

1の単語は、当分の間、CELの通訳ガイドコースの授業で出た単語を繰り返しおぼることにします。

そういえば、小学生のころは、国語の教科書を音読していたような気がします。(記憶は定かでない)

2008年6月17日 (火)

第五回校内模擬試験結果

昨日、ハローから第五回校内模擬試験の結果が送られてきました。

結果は、偏差値62.3の31位でした。(ちょっと下がったかな?)

合格可能性は75%(本試験は別物)

2008年6月16日 (月)

英検1級 結果速報

昨日の英検1級の解答速報が出たので、早速自己採点をしました。

結果は、みごとに撃沈でした。

前回と比べても進歩は見られませんでした。

うーん、さらなる試練が必要ということですね。

まあ、あと5年くらいはかかると見ていたほうがよいでしょう。

この結果を持ちまして、しばらく英検1級受験は控え、英語力強化を図ります。

いまから考えると、いかに英検準1級が簡単であったかと不思議に思えます。

通訳案内士国家試験 電子出願

先ほど、通訳案内士国家試験の願書を電子出願しました。

現在、申請確認中です。

いやー、以前の手書きに比べたら、ずいぶん楽になりました。

間違えても、砂消しでごしごし修正しなくてもよく、写真もはさみで切ることもなく簡単です。

それに加えて、郵便局に良く必要もなく、簡易書留料金も支払うこともなく出費も抑えることができます。

2008年6月15日 (日)

祝 英検1級(STEP 1)受験

今日は、英検1級を受験しました。

これで、英検1級の受験は2回目でした。

場所は、東京大学教養学部(駒場東大前)で、なんか、受験者数が多いために増やした受験地のようで、そこで受験した受験者はごく少数。

そのため、いつもの写真チェックは、スムーズで、試験開始まで時間がありすぎました。

さて、全体の感想は、前回よりは、終わった後の疲労度はかなり低く、時間にも若干の余裕がありました。少しは、英文を読むのが早くなったのか?

1.リーディング

  単語問題がちょっと難だったかな。

  後の問題は、なんとか、選択肢中の単語にピーンらしきものがあり、まずまずだろう。

  エッセイのトピックは、「原子力発電は拡大すべきか?」。

  書きやすいトピックで、解答欄にめーいっぱい書きました。

2.リスニング

  あまり集中力がなかったのか。半分くらいは勘で答えたような。

  得意のpart2が?でした。

    リスニングは、英検1級の問題に慣れる必要があるようにも感じました。

明日、解答発表がありますので、今回の出来具合を見ます。

英検1級に合格するまでに何年かかるのでしょうか?

これから8月までは、通訳案内士国家試験に集中します。(あと2ヶ月)

来週から、地理・歴史・一般常識の本格的勉強開始です。

2008年6月14日 (土)

CEL STANDRD8

早くも一週間が立ち、今日は土曜日です。

したがって、CELの日でした。

今日は、STANDRDコースの8回目で残すところ、2回と模擬試験で、その後は直前コースとなります。

今日も、かなり難しい英文でした。はやり、要約はむずかしーなー。

予習は、約一週間前の日曜日にやったほうが良いみたい。

来週からは、一般常識の授業も始まります。

ちなみに、明日は、英検1級を受けに行きます。

2008年6月 8日 (日)

一般常識

通訳案内士国家試験の日本地理・歴史・一般常識は、

英検1級が終わったら、

日本地理・歴史は、2年前のハローでのセミナーで復習をするとします。

一般常識は、時事ものですから、最新のもので準備する必要があるので、

CELで、一般常識のみの部分受講を受講することにしました。

2008年6月 7日 (土)

CEL STANDARD7

今日は、CELでSTANDARDコースの第7回目でした。

うーん、ちょっと難しかったー。

英文総合問題、英文和訳それに要約。

どれも、ちーと、難しかった。

いれも試練です。

2008年6月 6日 (金)

英検1級 受験票到着

英検1級の受験票が、今日、届きました。

中を開ける気に、今回は糊がちょっと強かったらしく、写真を貼るほうが少し破けちゃいました。(あららー)

まあ、大丈夫でしょう。

さて、受験場所は、東大駒場です。

ちなみに前回は、青山学院でした。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »