Oxford

RNN

英検

Follow me

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月23日 (土)

2次対策

今日から、ハローで2次対策セミナーが始まりました。

初日ということもあり、ちょっと緊張しました。

でも、受講生は結構年齢が高かったようです。

異様な感じ。どこへ行った、若者?

午後はサイマルアカデミーへ授業料を払いに行きました。

2006年9月13日 (水)

レベルチェック

今日は、夕方、ISSへレベルチェックを受けに行きました。

結果はレベル5のうちレベル4です。

先週のサイマルアカデミーでのレベルチェックとほぼ同じレベル結果でした。

うーん、学校違うけど、レベルは同じなのです。

これには、驚きました。

うーん、もうちょっとでネイティブかな?(^^

その前に、通訳案内士の試験に受からねば。

2006年9月10日 (日)

試験から一週間

通訳案内士国家試験から一週間たちました。

しばらくは、試験のプレッシャーから開放されます。

23日から2次対策セミナーが始まりますので、少し引き締めていきます。

2006年9月 9日 (土)

英語学校探し

今日は、

午前中、ISSに体験レッスンを受けました。

印象としては、悪くはありませんが、なんか、宿題が大変そうていうか、時間が必要と感じました。

また、英文記事は、ハローのように丁寧に読むんじゃなく、Keywordsを拾うとか、大雑把という感じです。まあ、我々が日本語を読むときは、まず、さーっと目を通しますけど。

Nativeとnon nativeでは、アプローチが異なるのか?

内容は、LADOでやってきたトピックと合致しますが、やり方が異なります。

冒頭で普通の英会話学校ではないと断言していましたから。

午後は、いつものようにLADOでおしゃべり、そう、LADOとか英会話学校はおしゃべりで終わるのです。

先週、試験準備でいかなかったので、どうしてた?と先生に聞かれました。

通訳案内士国家試験のことを説明しましたが、英語筆記試験のように、英語→日本語、

日本語→英語の作業は、ガイドには、必要ない!といっていましたが、

まあ、はずれではありませんが。

2006年9月 6日 (水)

2次対策

通訳案内士国家試験のあった日の夜に、ハローの2次対策セミナーを申し込み、

今日、早速、セミナーのスケジュール表とレシートが届きました。

やはり、ハローは動きが早い。

さて、10月からサイマルアカデミーかISSに通うと思っていますので、

まず、今日は、サイマルアカデミーへレベルチェックを受けに行きました。

結果はレベル7のうちレベル6でした。

ディクテーションは、やはり苦手でした。

まあ、場所で言うと新宿にあるサイマルアカデミーがいいんだが、さて内容は?

体験レッスンを受けて、ISSと比較して決めます。

LADOはあと2回で卒業します。いい学校です。英会話学校の中では。

2006年9月 5日 (火)

通訳案内士国家試験の出典元

今日は、日曜日に行われた通訳案内士国家試験の英語の出典元について書きます。

昨日の夜、googleで検索すると意図も簡単に出てきました、しかし、築地の問題の出典元はいまだに不明です。

英文→日本語に要約する問題

  出典元:New York Times 2006.3.9  「Soda sales fall for the first time in 20 years」

       The next generation ~ "Consumers want new exciting beverages."

       で途中のいくつかの段落は省略されていました。

下線部訳

  出典元:Newswek 2006.2.13

                Our most striking surprise was ~ 2ページ目のwhose shop fits so neatly into its street in western Tokyo that it can be easily missed.

       の一部が下線になっていました。

2006年9月 4日 (月)

用語の問題

昨日の通訳案内士国家試験の問題詳細について書きます。

英語での用語問題ですが、思い出しましたが、あと1問が思い出せませんが、

順不同です。

領事館

パン粉

おろし大根

球根

藁葺き屋根

よだれかけ

柘植の櫛(つげのくし)

釉薬(ゆうやく)

祝詞

露天風呂

十二支

硫酸化水素

携帯電話メール

以上で14問で、あと1問です。

過去の試験の用語問題の中で一番難しかったと思います。

2006年9月 3日 (日)

通訳案内士国家試験報告

今日、通訳案内士国家試験を受けてきました。

その内容を書きます。

1.英語

 用語英訳:15問  

  日本語でもわからない言葉(柘植の櫛)があり、こんなもんわかるかという感じである。

 英文読解:2題、30点

  築地の市場に関する英文:合致するものに(T)、しないものに(F)をつけるもの

                   下線部の説明を日本語で書く問題

  アメリカとヨーロッパにすんでいた人には、都会の生活のlandmarksは同じであり、外国からの移民などは東京で生活するのは便利であるというような英文の下線部訳

 英文→日本語に要約:1題

  ソーダの人気が下がっているという内容の英文を120語以内に要約する問題

  文法問題:5問

  間違っている箇所の記号を丸で囲む問題

  (このような問題はガイドラインにはなかったのだが。。。)

 日本事象:1題、15点

  富士山に関してであり、4分の3は、300選をそのまま書いた。

 和文英訳:1題、15点

  日本の音楽のホールは、思いのほかか海外とくらべると充実しているという内容の日本語

2.日本地理

  主に、国立公園、川、政令都市に関するもの

  天橋立、秋吉台の写真を選ばせる問題がありました。(白黒写真)

3.日本歴史

  やはり、文化史中心でありました。

  東大寺、見返り美人などの写真があり、それらに関しての問題もありました。

  写真は、白黒ですが。

4.一般常識

  日ごろから、ニュース、新聞を読むことが重要であると感じた。

  問題そのものはあまり覚えていません。

以上です。

明日からはとりあえず、300選をピーチク、パーチクしときます。

ハローの2次対策も2年ぶりに行こうと思います。

2006年9月 2日 (土)

いよいよ、明日。

今年の通訳ガイド試験も明日になりました。

毎年、この日は必ず来ます。

今年から、科目制になったので、できるだけ多くの科目に合格しようと思います。

やはり、大敵は英語の試験です。

今年は、用語もかなり覚えたのでいけると信じています。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »