2020年5月26日 (火)

メインPCのグラフィックボードをQuadro P1000に取り替えた

2週間前に、メインPCのグラフィックボードをQuadro P1000に取り替えました。

購入先は、マレーシアのインターネットショッピングサイトLazada。

Lazada.com.my: Best Online Shopping in Malaysia

価格は、RM1,500弱(約37,000円)

アマゾンやツクモ電機よりもかなりお安く買えました。

 

quadro p1000の検索結果|PC専門店【TSUKUMO】公式通販サイト

ツクモ電機では、特価の時は、44,000円くらいになります。

取り替えた後のPCの中はこのようになりました。

20200523-194111

今回、P600からP1000に取り替えたのですが、

使用感は、

Soldiworksで使った感じだと、多少、描画の際の動作が滑らかになった感じがします。

Cinebench R15では、Open GLのスコアはほとんど変わらず。

Sollidworksのベンチマークは、不具合で起動できなくなったので、測定不可能。

測定できたら、報告します。

2020年5月16日 (土)

Solidworks Professional 2020のマレーシア標準価格

先日、マレーシアにてSolidworksの正規代理店であるIMEにSolidworks Professional 2020の価格を問い合わせしました。

いつも、お世話になっている所なので、親切かつ迅速に見積もりを頂きました。

標準価格は、RM44,731.980(税込)で日本円で約1,100,000円です。

以前、日本での標準価格を調べたときには、1,180,000円(税込)でしたので、そんなに価格差はほとんどありませんでした。

調査したときには、消費税8%の時でしたから、現在は少し高くなっていると思います。

 主な機械系3次元CAD の価格: 3次元CADとパソコンのお話

 SOLIDWORKS 2020 Professional 販売価格 | 専門店CAD百貨

このURLでは、現在、1,298,000円(税込)とありましたので、消費税が10%になった影響は大きく、20万円程度高くなっています。

これは頂いた見積書の一部です。

Quotation_sw_p

実際には、値引きがありますので、この価格よりは安価で購入できます。

 

2020年4月 7日 (火)

メインPCの紹介

今日は、現在のメインPCの紹介をしてみたいと思います。

20200407-193110

<スペック>

1.CPU: Core i5-8400

2.RAM : DDR4 32GB

3.STORAGE : 500GB M.2 SSD+3TB HDD

4.GPU : NVIDIA QUADRO P600

5.ケース : スリム型

1~3は、マレーシアで調達

4はツクモ電機で、帰国時に調達

5はマレーシアの中古屋で調達。

ケースが一番苦労しました。

マレーシアで簡単に手に入るのは、かなり大きいケースで、小さいケースを探すのが大変。

モニターは、FHDの24インチを2台並べています。

20200407-193923

20200407-193918

 

 

 

2020年3月26日 (木)

所有ノートパソコン紹介

今日は、現在所有中のノートパソコンを紹介したいと思います。

1.Dell Precsion 5520

  Mobile WorkstationでSolidworksなどの3次元CADもバリバリ動かせます。

  アメリカのアマゾンから輸入。

20200326-195534

 CPU:Core i7- 7820HQ

 メモリー:24GBに増強

 ストレージ:500GB PCLe SSDと500GB 2.5" SSD

2.Levono Thinkpad T440p

  ごく普通のノートパソコンに見えますが、名機なのです。

  CPUも換装できます。

  なんといってっも、Solidworksもあまり不自由を感じることなく使えます。

  グラフィックスもかなりいいですね。

  Plaza Low Yatで購入。

20200326-195723

 CPU:Core i7-4800MQに換装

 メモリー:16GB

 ストレージ:500GB 2.5" SSD

 ディスプレイ:14インチ IPS FHDに換装

3.Dell Latitude 7390

  普通のノートパソコンでSolidworksを動かすには不自由を感じます。

  グラフィックスが弱い。

  Lazadaで購入。

20200326-195826

 メモリー:8GB

 ストレージ:256GB PCle SSD

こんな感じですね。

やはり、オススメは高性能CPUを搭載したMobile Workstationですね。

DELLを始めとして、HP, Lenovo, MSI, 富士通などで販売されています。

ちょっとお高いので中古を狙いましょう。

CPUは、末尾がHQもしくはH、HKのものです。

Uは低電力版で性能が若干劣るので注意しましょう。

普通のノートパソコンはこのタイプが主流。

 

2020年3月23日 (月)

Solidworks PDM Web Access

今日の午後、Solidworksの正規販売代理店による、在宅勤務でのSolidworks利用方法に関しての講義を受けました。

講義はWebinarを使用しました。

講義内容は、以下の通りです。

Highlight:
- Access data and designs via VPN
- Work on your designs without remote accessibility
- Access drawings anywhere with SW PDM Web Access

1.VPNを利用してデータを保存してあるサーバーに接続して設計業務をする方法

2.リモートしないで各自が設計をするとこんな面倒なことになるという内容

3.Solidworks PDM Web Accessを使って設計業務をする方法

この講義のオチは、3番目だろうと考えます。

Solidworks PDM Web Accessは、今まで知らなかったですね。

スマートフォンなどでも利用可能ということです 。

Sw-pdm-web-access

技術は進歩していますね。

今後、このSolidworks PDM Web Accessについて調査してみたいと思います。

 

2020年3月10日 (火)

Ryzen搭載のノートパソコンでは3次元CADが動くか?

今までは、IntelのCPU搭載のノートパソコンでSolidworksが動くかを検証していきました。

では、RyzenのCPU搭載ノートパソコンではどうかなと疑問に思ってきました。

グラフィックスは、RADEN Vega Graphicsが搭載されており、Intel統合グラフィックスチップよりは性能が良いのではないかと思っています。

その他の仕様条件は、

1.CPU Ryzen7もしくは5

2.メモリ 16GB以上

3.ストレージ SSD必須

4.ノートパソコン

5.画面サイズ 14インチ以上

ですかね。

1_l

 

2020年3月 9日 (月)

CPU性能を調べる時に閲覧するURL

今日は、特にCPUの性能を確認するために、お世話になっているURLをご紹介したいと思います。

よく確認するのは、

1.デスクトップCPU

2.ノートCPU

の2つです。

その他には、GPUのベンチマークもあります。

 BTOパソコンミニ館 ~ BTO/自作パソコン初心者入門

これから買うパソコンに搭載のCPUを、これでチェックして、パソコンの性能を比較すると良いでしょう。

2020年3月 8日 (日)

Solidworks Benchmark 結果比較<Thinkpad T440p VS Dell Latitude 7390>

Lenovo Thinkpad T440pとDell Latitude 7390でSolidworksのbenchmarkをしたところ、興味深い結果となりました。

この両者のスペックはグラフィックス以外で多少の違いはあるもののはほぼ同じです。

グラフィックスは、両者ともインテル統合グラフィックスチップを使用していますが、

Thinkpad T440pがHD Graphics 4600、Latitide 7390がHD graphics 620となっています。

HD graphics 620の方が性能も上がっていると誰もが思いますが、Solidworksが必要とする性能は、HD Graphics 4600の方がよいという結果となりました。

インテル統合グラフィックスに関してはあまり詳しくないので原因はわかりませんが、意外な結果となりました。

SolidworksのBenchmarkの最中に見ていると、Latitude 7390では、高速の描画の性能が劣り、描画がゆっくりとなっていました。

なぜでしょう?

CPUではLatitude 7390の方が若干性能が上なので、ProcessorやSimulationでは、Latitude 7390の方が若干よい結果となっています。

このThinkpad T440p程度の性能があるとSolidworksで使えそうです。

一昔は、ワークステーションでないと満足に動かなかったSolidworksが普通のパソコンで使えるのはいい時代になりました。

Benchmark

20200307-210951

 

2020年3月 5日 (木)

T440p Maintenence Manual

今日は、T440pをいろいろアップグレードしていますが、その際に、役に立つのは、

Maintenence Manualです。

レノボでは、各機種でMaintenance Manualを用意しています。

機種名+Maintenance Manualで検索してみるとヒットします。

ちなみに、T440pのは、こちらです。

→ T440p_Maintenance Manual

こういうマニュアルがメーカにて用意されているのはかなりうれしいですね。

 

2020年3月 1日 (日)

Thinkpad T440pのディスプレイをフルHDにした

昨日、近くのDigital Mallに行って、14インチ・フルHDのディスプレイを買うことができたので、

Thinkpad T440pのディスプレイを交換してみました。

交換後は、かなり視野は広がった感じです。

なお、ディスプレイはかなり換装しやすいので、簡単でした。

あとは、タッチパッドの交換がありますが、かなり難易度が高いです。

Thinkpad T440pは名機ですね。

«Thinkpad T440p T440pのCPUをCore i7-4800MQに換装してみた

Autodesk

  • Autodesk(オートデスク)

Google AdSense